~日本の「食べる」「飲む」「遊ぶ」を体感するイベント~屏東日本友好感謝祭 が台湾・屏東県で開催

KNT-CTホールディングスのグループ会社・台灣近畿國際旅行社股份有限公司 が受託運営事務局を務めます

日本とも友好関係にある台湾の南部の屏東県では、2月26日(土)~28日(月)、同県が主催し、40を超える日本の県や市町村などの産品などが台湾南部に集い、日本の「食べる」「飲む」「遊ぶ」を体感するイベント「屏東日本友好感謝祭」開催されますので、お知らせします。

*「屏東日本友好感謝祭」は、KNT-CTホールディングスのグループ会社である台灣近畿國際旅行社股份有限公司 が受託し、事務局を務めています。
近い将来の両国間の渡航回復に向け、日本の魅力をPRのお手伝いをしてまいります。

なお、屏東は「ピントン(中国語発音)」または「へいとう(日本語音読み式)」と発音します。

*下記リリース及び事業内容については、事務局あて直接お問い合わせ下さい。


報道関係者各位
屏東縣政府傳播暨國際事務處

(屏東県政府 広報国際部)


40を超える日本の県や市町村などが台湾南部「屏東(屏東)県」に集う
日本の「食べる」「飲む」「遊ぶ」を体感しよう
屏東日本友好感謝祭 プレスリリース
 



最近ではコロナ禍での新型コロナ感染症(COVID19)のワクチンを台湾に数度にわたり届けていただいたことにも象徴されるように、日台関係は非常に友好的であり、台湾は日本とのこうした関係の継続に感謝しています。日本への感謝の気持ちと近い将来のお互いの海外渡航回復を願い、屏東県政府は「日本台湾交流協会 高雄事務所」との共催で、2022年2月26日(土)から2月28日(月)の台湾3連休に、屏東市内にて「屏東・日本友好感謝祭」を開催します。同感謝祭では3日間にわたり、メインステージでの「日本の伝統芸能のライブパフォーマンス」や、「厳選された日本の食べ物や飲み物」、「各種エンターテインメント」を、台湾にいながら体感する場を台湾人に提供します。また、日本各地からのビデオメッセージも予定されています。
同感謝祭には同県初の試みにも関わらず、40以上の日本の都道府県や市区町村、日本企業が出展・参加する予定です。この規模の日本からの出展者数は台湾でも有数です。台湾・日本ともにお互いが好意や関心を持ち、来るべきリアル交流を心待ちにしていることの証です。出展者である日本の自治体や企業の担当者が来台できない中で、各ブース対応は、日本語や日本文化を学ぶ地元の学生や旅行会社社員などがあたります。
会場内には美しい日本の風景や名産の装飾をほどこした壁面が設置され、日本への疑似旅行が楽しめます。参加自治体や企業から届いた日本の各地域自慢の展示物やギフト類も今回の目玉です。日本の文具や和菓子、マスコットブローチなど日常的に役に立つものから、各地域の観光や食の情報などさまざまです。中でも北海道旭川市から冷凍状態で空輸された「ペンギン雪だるま」は雪の降らない台湾に住む人々にとっては驚きそのものとなるでしょう。
ライブイベントでは「和太鼓」「三味線」「阿波踊り」などの日本伝統芸能や家族連れや子供たちが楽しめるキャラクターも登場します。
また、各種ゲーム参加や、当感謝祭オリジナルの「日台友好マスク」プレゼント、日本食試食コーナーなどまさに台湾にいながら日本を体感できるイベントです。


●イベント紹介URL(中国語)  https://www.amazing-pingtung.com/rjtkf
●開催概要
名称:屏東日本友好感謝祭
開催日時:2022/02/26(土)~2/28(月) 毎日15:00~20:00
開催場所:スタープラザ《星星廣場》(屏東駅から徒歩圏内)
事務局:台灣近畿國際旅行社股份有限公司  (KNT TAIWAN CO., LTD.)
TEL:+886-2-8771-3024(日本語)
担当:冨江 高広 E mail   t.tomie238@kntct.com

 
  1. プレスリリース >
  2. KNT-CT HD >
  3. ~日本の「食べる」「飲む」「遊ぶ」を体感するイベント~屏東日本友好感謝祭 が台湾・屏東県で開催