ハロウィーンと言えばゾンビでしょ!「ゾンビ映画」どれ見たい?投票キャンペーン

ゾンビ映画を見て英語学習に必要な「ゾンビメンタル」を鍛えよう。「見てみたいゾンビ映画ランキング2017」投票開始

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:安嶋 明、以下アルク)は、「見てみたいゾンビ映画ランキング2017」の投票キャンペーンを実施いたします。

 


ここ数年すっかり日本でも定着したイベント、ハロウィーン。パーティやコスプレなどいろいろな楽しみ方がありますが、簡単にハロウィーン気分を味わうなら映画がおすすめです。

 
■「ゾンビ映画」の2017年人気ランキングを投票で決定!
アルクの編集部が厳選した「ゾンビメンタル」が鍛えられる10本のゾンビ映画の中から、見てみたい1本を選んで投票してください。投票に参加していただいた方の中から抽選で30名さまに豪華プレゼントもご用意しています。

■ゾンビメンタルって何?
「ゾンビメンタル」という言葉をご存じですか?もともとは「好きな人に何度ふられても復活する」打たれ強いメンタルのことですが、英語習得にはまさにこのゾンビメンタルが必要。TOEICで思うようなスコアが出なくても、外国人に話しかけられてチンプンカンプンになっても、めげることなく学習を続けていきましょう。


【投票受付期間】
2017年10月16日~10月31日
 
【投票参加方法】
下記、アルク公式モニプラサイトからご投票いただけます。
詳しい参加方法は、キャンペーン概要・応募規約をご確認ください。
 
▼投票はこちらから「見てみたいゾンビ映画ランキング2017」スペシャルサイト
*アルク公式モニプラサイト
https://monipla.com/alc/campaigns/15986

■上記、アルク公式モニプラサイトからご投票いただいた方の中から
抽選で合計30名様に、下記のすてきなプレゼントが当たります。

・アルクの書籍(英語でゾクゾクする ちょっと怖い話)10名
・Amazonギフト券1000円×20名
  
■投票エントリー作品はこちら
1.「28日後...」
2.「バイオハザード:ザ・ファイナル」
3.「ゾンビ」
4「ワールド・ウォーZ」
5「ディストピア パンドラの少女」
6「マギー」
7「高慢と偏見とゾンビ」
8「死霊の盆踊り」
9「死霊のはらわた」
10「ロンドンゾンビ紀行 」

■【見てみたいゾンビ映画ランキング2017】 投票結果発表
投票結果の発表は11月10日にアルクのウェブマガジン「GOTCHA!」(http://gotcha.alc.co.jp/)にて発表されます。

<本件に関する報道関係者向けお問合せ先>
アルク 広報担当 河合(かわい)
e-mail:ko-ho@alc.co.jp
TEL: 03-3556-2711

[アルクとは]
アルクは、1969年4月の創業以来、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた語学教育総合カンパニーです。創刊から45年を超える『ENGLISH JOURNAL』など学習情報誌をはじめ、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、書籍、研修、eラーニング教材、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。
URL:http://www.alc.co.jp/




 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アルク >
  3. ハロウィーンと言えばゾンビでしょ!「ゾンビ映画」どれ見たい?投票キャンペーン