イギリスの英語と料理が盛りだくさん『ENGLISH JOURNAL』2017年12月号、11月6日発売

特別企画「ダイアナ元妃と王子たち」ヘンリー王子のインタビューを収録

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:安嶋 明、以下アルク)より、CD付き英語学習月刊誌『ENGLISH JOURNAL(イングリッシュ・ジャーナル)』(以下、EJ)2017年12月号のご案内を申し上げます。

▼特集

聞いて、読んで、食べておいしい
イギリス料理・新発見


<イギリス料理の真の魅力に迫る>
「おいしくない」と言われてしまいがちなイギリス料理。でも、それはもう過去の話。本特集では、現地のレストランやパブなどへの取材を通して、イギリス料理の新たな魅力をご紹介します。英国大使館直伝の英語レシピ付きです。

▼特別企画1
旅の走行距離は約7200km!
大学生の夏休みリポート in USA[後編]


アメリカの大学生NaotoとSamが、夏休みに車一台で、アメリカ東部から中西部の都市を巡ります。二人はその土地の観光・グルメ情報のリポートや、街頭インタビューに挑戦。行く先々で出会った地元の人たちとのふれあいを通じて、彼らのひと夏の成長を追っていきます。11月号に引き続き、[後編]も「若者英語」が盛りだくさんです。

▼特別企画2
没後20年にあらためて振り返る
ダイアナ元妃の生涯


子育てやファッション、積極的な慈善活動など、イギリス王室に新しい価値観を持ち込み、「人々のプリンセス」として世界中で愛されたダイアナ元妃。没後20年になる今年、彼女の歩みを振り返るとともに、二人の王子の「今」を、インタビューを交えてお届けします。

▼EJインタビュー
●ジェイミー・オリヴァー(シェフ)


食材を丸裸にした(=素材そのものを生かした)料理番組『裸のシェフ』や、『ジェイミー's キッチン』などでテレビの人気者となったイギリスの有名シェフ、ジェイミー・オリヴァーは、現在、子どもの食生活改善に精力的に取り組んでいます。ここ数年は、政府に対し、子どもの肥満を防ぐための抜本的改革を訴え続けてきました。しかし、2016年の政権交代によってそれが骨抜きになってしまったとして、問題への取り組みを改めて訴えています。熱意あふれる彼の語りをお聞きください。

オンラインショップでインタビューの音声を視聴していただけます。
http://ec.alc.co.jp/book/0017121/

●ポール・コステロ(デザイナー)
アイルランド人デザイナー、ポール・コステロさんは、かつて故ダイアナ妃のパーソナル・デザイナーを務めたことでも知られるデザイナーです。このたび、コステロさん監修の元、日本とアイルランドの外交関係樹立60周年を記念した指輪が、岩手県釜石市で作られました。「クラダリング」と呼ばれる指輪は、アイルランドの伝統工芸品で、釜石市が開発した新金属、「コバリオン」を使用しています。指輪の製作秘話や、ダイアナ妃との思い出について、話してくれました。

★EJ電子版は、Amazon、楽天koboなど、電子書籍ストアにてお求めになれます。
★音声再生機能付き「定期購読アプリ」(旧Newsstandアプリ)は、App Storeにてお求めいただけます。

<商品情報>
【タイトル】『ENGLISH JOURNAL』2017年12月号
【URL】http://www.alc.co.jp/ej/
【価格】紙書籍版1,512円(税込)*CD1枚付き 電子書籍版1,200円(税込)
【サイズ】B5判
【雑誌コード】01625-12

 <本件に関する報道関係者向けお問合せ先>
アルク 広報担当 河合(かわい)
e-mail:ko-ho@alc.co.jp
TEL: 03-3556-2711

[アルクとは]
アルクは、1969年4月の創業以来、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた語学教育総合カンパニーです。創刊から45年を超える『ENGLISH JOURNAL』など学習情報誌をはじめ、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、書籍、研修、eラーニング教材、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。
URL:http://www.alc.co.jp/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アルク >
  3. イギリスの英語と料理が盛りだくさん『ENGLISH JOURNAL』2017年12月号、11月6日発売