ゴールドウイン、石油由来の化学繊維に代わる環境配慮素材の製品開発を推進するため、Bioworksと資本業務提携

植物由来の新素材・ポリ乳酸繊維「PlaX Fiber」を使用したアパレル製品の開発を推進

株式会社ゴールドウイン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長執行役員:渡辺貴生、東証一部:コード番号8111)は、植物由来且つ生分解性のバイオマスプラスチックであるポリ乳酸(PLA)(※1)の改質剤を開発している素材のスタートアップBioworks株式会社(本社:京都府相楽郡、代表取締役 CEO:今井行弘、以下 Bioworks)と資本業務提携を締結し、石油由来の化学繊維などの代替素材として同社が開発する植物由来のポリ乳酸繊維「PlaX Fiber(プラックスファイバー)」を使用した製品の開発を推進します。

■資本業務提携の背景と内容
当社はこれまでにもバイオベンチャーへ出資し、世界初となる構造たんぱく質素材を使用したアパレル製品を開発・販売するなど、革新的な技術を有するスタートアップ企業と共創を行うことで社会課題を解決することに努めてきました。また2030年には環境負荷低減素材を使用した製品比率を90%以上に引き上げることを目標に掲げています。
環境負荷低減素材の積極活用を推進する中で、Bioworksが独自に開発するポリ乳酸の環境性(植物由来、生分解性、カーボンニュートラル)と、ポリ乳酸を繊維として活用可能な「PlaX Fiber」の物性、染色性に着目し、「PlaX Fiber」の環境配慮素材としての将来性に期待し、今回の資本業務提携の締結に至りました。
これまでBioworksで進められてきた「PlaX Fiber」を使用した短繊維の製品開発に加え、今後は協業によりアウトドア・スポーツ用途などで活用が見込める長繊維の開発を進め、2023年から「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」「Goldwin(ゴールドウイン)」等、同社グループが展開するブランドからの製品発売を目指します。

■ PlaX Fiberについて
「PlaX Fiber」はポリ乳酸にBioworksが独自開発した改質剤を加えることによって品質と機能、染色性を改善した繊維です。原料のポリ乳酸は、サトウキビやトウモロコシを原料にした石油等を使わない植物由来の素材で、燃やしても大気中のCO2を増やさない、カーボンニュートラルに貢献できる素材です。そして、使用後には一定の環境で水と二酸化炭素に分解することができる生分解性の性質を有しています。また、素材自体が弱酸性で肌に優しく、速乾性、抗菌・消臭などの機能性も備えています。従来のポリ乳酸は耐熱性、強度、染色性が弱点でしたが、Bioworksは、独自開発した植物由来の改質剤をポリ乳酸に加えることで、それらの弱点を改良した「PlaX(プラックス)」(※2)の開発に成功しています。そのPlaXを紡糸し、ポリ乳酸の持つ機能性、環境性を備えた繊維素材が、「PlaX Fiber」です。


 
■ Bioworks株式会社
代表者           : 代表取締役CEO 今井行弘
本社所在地    : 京都府相良郡精華町光台1-7 けいはんなプラザラボ棟7F
設立              : 2015年10月 21日
資本金           : 10億1,292万円(資本準備金含む)
事業内容       : 改質ポリ乳酸コンパウンド(PlaX)およびポリ乳酸繊維(PlaX Fiber)の開発・製造・販売
URL              : https://www.bioworks.co.jp/

■ 株式会社ゴールドウイン
代表者           : 代表取締役社長執行役員 渡辺貴生
本社所在地    : 東京都渋谷区松涛 2-20-6
設立              : 1951年12月22日
資本金           : 70億7,900万円
事業内容       : スポーツアパレル等の製造および販売
取扱ブランド   : ゴールドウイン、エレッセ、ダンスキン、ザ・ノース・フェイス、ヘリーハンセン、スピードなど
URL              : https://www.goldwin.co.jp/

※1 ポリ乳酸(PLA)とは、サトウキビやトウモロコシを原料にした、石油由来のプラスチックに代わる存在として誕生したバイオプラスチック。生成中に二酸化炭素の排出量が少ないことや、土に埋めて生分解される素材として注目されている。使用後は微生物によって水と二酸化炭素に分解され、再び植物の成長に使われる。

 ※2 PlaXはBioworks株式会社の商標です。

 ゴールドウインについて
1951年、富山県小矢部市にて設立。「スポーツを通じて、豊かで健やかな暮らしを実現する」を企業理念とし、オリジナルブランド「Goldwin」をはじめ「THE NORTH FACE」、「HELLY HANSEN」、「Speedo」、「CANTERBURY」などの高機能スポーツウエアを日本国内を中心に展開。研究開発から企画、製造、品質管理、販売までを一貫して管理し、お客様に寄り添った製品とサービスを提供することに努めています。また2008年から「GREEN IS GOOD(グリーンイズグッド)」のコンセプトのもと、環境に配慮した製品の開発、楽しみながら環境への負荷を減らせるようなアイデアなど、スポーツ用品メーカーとして環境のためにできることを実践しています。2021年には長期ビジョン「PLAY EARTH 2030」を発表し、気候変動問題の解決と持続可能なビジネスの再構築を図る、という2つのサステナビリティと向き合っています。環境におけるサステナビリティでは、環境負荷低減素材への積極的移行として、2030年に環境負荷低減素材を使用した製品比率を90%以上に引き上げ、グリーンデザインを推進します。また、全ての事業所でのカーボンニュートラルを実現し、再生エネルギーへの転換を進めます。そして、廃棄物をゼロにして循環型社会の実現を目指します。
GOLDWIN website: https://www.goldwin.co.jp

Bioworksについて
Bioworksはポリ乳酸を原料に素材開発しているスタートアップです。樹脂成型品用途の改質ポリ乳酸コンパウンド「PlaX」、ポリ乳酸繊維「PlaX Fiber」の製造・販売や、PlaX Fiberを使用した自社製品として、“肌にも地球にもやさしい”をコンセプトにしたライフスタイルブランド「Bio Series」を展開しています。コンパウンドからワタ、糸、生地、製品と素材の各段階での拡販を通じて、ポリ乳酸の普及とファッション・繊維産業の課題解決を目指しています。
Bioworks website: https://www.bioworks.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ゴールドウイン >
  3. ゴールドウイン、石油由来の化学繊維に代わる環境配慮素材の製品開発を推進するため、Bioworksと資本業務提携