イオン、小松市と「地域貢献連携協定」を締結

2017年2月16日、石川県小松市(市長:和田 愼司)とイオン株式会社(代表執行役社長:岡田 元也)は、地域活性化、および市民サービスの向上をめざし、より緊密に連携して地域のさまざまな課題に迅速かつ適切に対応すべく、「地域貢献連携協定」を締結しました。

これにより、小松市とイオンは、「地産地消・農商工連携の推進、産品オリジナル商品の開発と販売」、「地域防災への協力」、「子ども・青少年の育成」に関することなど、11項目について両者で協力し、さまざまな取り組みを進めます。
 

「小松カブッキーWAON」「小松カブッキーWAON」

これまでにイオンは、小松市イメージキャラクター「カブッキー」をデザインしたご当地WAONの「小松カブッキーWAON」を2016年3月1日に発行しています。「小松カブッキーWAON」を、イオングループ店舗をはじめとする全国約28万箇所のWAON加盟店でご利用いただくと、そのお支払い金額の一部をイオンが小松市に寄付し、「やさしいまちづくり・子育て支援」にお役立ていただきます。

また、小松市とイオンモール株式会社が、災害発生時の避難所として「イオンモール新小松」を活用することや防災訓練等の防災啓発事業に関する協定、小松市とイオンリテール株式会社が、緊急時の物資等の調達に関する協定をそれぞれ本年3月に締結する予定です。

協定締結を機に、小松市とイオンはこれまで以上に連携し、地域の活性化や市民の皆さまへの新しいサービスの創出に連携して取り組んでまいります。

【地域貢献連携協定の概要】
(1) ICカードの活用等による地域振興に関すること
(2) 地産地消・農商工連携の推進、産品オリジナル商品の開発と販売に関すること
(3) 観光情報・振興に関すること
(4) 地域防災への協力に関すること
(5) 地域の安全・安心に関すること
(6) 健康増進・食育に関すること
(7) 高齢者・障がい者支援に関すること
(8) 子ども・青少年の育成に関すること
(9) 環境対策、リサイクルに関すること
(10)市政情報PR・発信に関すること
(11)その他、地域の活性化及び市民サービスの向上に関すること

【「イオンモール新小松」オープンにあたって】
2017年3月24日、小松市に北陸最大級の商業施設「イオンモール新小松」がオープンします。

「イオンモール新小松」は、このたび締結した「地域貢献連携協定」におけるさまざまな取り組みの拠点として、そして、小松市が「NEXT10年ビジョン」で掲げる「おもしろい・たくましい・ここちよい・はつらつ」と躍動するひととまちを目指すというまちづくりのコンセプトに賛同し、新たなライフスタイルとまちのブランド力の向上に積極的に貢献してまいります。

【「小松カブッキーWAON」の概要】
・発行開始:2016年3月1日(火)
・販売場所:全国の総合スーパー「イオン」等、約450店舗で販売中
・発行手数料:1枚300円(税込み)
・チャージ可能金額:上限5万円(1回あたりのチャージ金額の上限は2万9,000円)
・カードデザイン:
小松市では、「歌舞伎のまちこまつ」として、江戸時代から脈々と受け継がれてきた伝統芸能「曳山子供歌舞伎」歌舞伎、そして「勧進帳」の舞台となった「安宅の関」等を市民と一体となり、未来に守り伝えています。
「カブッキー」は、同市のキャッチコピー「いよっ小松~勧進帳のふるさと~」をもとに、「勧進帳」に登場する「弁慶」をテーマにデザインされたものです。

【WAONの概要】
・累計発行枚数:約6,330万枚(2017年1月末現在)
・利用可能箇所:約28万3,000箇所(2017年1月末現在)
 ※うち自動販売機・宅配便ドライバー端末 約16万1,000箇所
・年間利用金額:約2兆592億円(2015年度)
・ポイント特典:
ご利用金額200円(税込)ごとに1WAONポイントが貯まります。
WAONポイントをWAON(電子マネー)に交換すると1ポイント=1円相当で使うことができます。

以上

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イオン株式会社 >
  3. イオン、小松市と「地域貢献連携協定」を締結