STM32マイコンのプログラミングを簡略化し、ファームウェアIPを保護するマルチOS対応ソフトウェア・ツールを発表

STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、STM32*マイクロコントローラ(マイコン)向けに用意された複数のプログラマの機能を1つのソフトウェア・ツールに集約したSTM32CubeProgrammerの最新版を発表しました。このツールにより、STM32マイコンを使用した開発が簡略化されるとともに、STM32Cube開発エコシステムが拡充されます。

STM32CubeProgrammerは、マイコンのJTAG端子やシングル・ワイヤ・デバッグ(SWD)端子のほか、各種インタフェース(UART、USB、SPI、I2C、CAN)から好きな通信方法を選択して、プログラミングを行うことができます。

この新しいマルチOSソフトウェア・ツールは、ST Visual Programmer(STVP)、DFuSe USB Device Firmware Upgradeプログラマ、Windows(R)専用のSTM32 Flashローダー、ST-Link用ソフトウェア・ユーティリティといった複数のツールを置き換えることで、一貫性のある統合環境と優れた柔軟性を実現します。今後リリースされるSTM32マイコンの新製品は、STM32CubeProgrammerのみでサポートされる予定です。

STM32CubeProgrammer には、STM32 Trusted Package Creatorが内蔵されています。AES-GCMキーがファームウェアを暗号化し、ハードウェア・セキュリティ・モジュール(HSM)のSTM32HSM-V1と組み合わせて使用することにより、ファームウェアIPの保護が可能です。

HSMは、プログラミングするデバイス数を制限するセキュア・ファームウェア・インストール(SFI)を使用して、認証とライセンス供与を管理します。これにより、ユーザーはプログラム可能な機器の数を制限することができます。このSTM32HSMの初回バージョンは、試作用にプログラム可能な最大ユニット数を300個として、2019年7月末に提供される予定です。

STM32CubeProgrammer(STM32CubeProg)の最新版は、ウェブサイトから無償でダウンロードできます。
https://www.st.com/ja/development-tools/stm32cubeprog.html

* STM32は、STMicroelectronics International NVもしくはEUおよび / またはその他の地域における関連会社の登録商標および / または未登録商標です。STM32は米国特許商標庁に登録されています。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、私たちの暮らしに欠かすことのできないエレクトロニクス機器に、優れた性能と高い電力効率を特徴とした半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。あらゆるシーンで活躍するSTの製品は、お客様が開発する次世代モバイルやIoT機器の他、よりスマートな自動車、工場、都市および住宅を可能にします。STは、生活をより豊かにする技術革新を通じ、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。STは、10万社を超えるお客様に半導体を提供しており、2018年の売上は96.6億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( http://www.st.com )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
マイクロコントローラ & デジタル製品グループ
TEL: 03-5783-8240 FAX: 03-5783-8216
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. STマイクロエレクトロニクス >
  3. STM32マイコンのプログラミングを簡略化し、ファームウェアIPを保護するマルチOS対応ソフトウェア・ツールを発表