「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」に参画(ニュースレター)

■東京2020公認プログラム

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が実施している「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」に参画し、当社社員(16,275名)(※1)より、使用していない携帯電話の寄付を募り(※2)、同プロジェクトへ提供します。
  当社は、東京2020オリンピック・パラリンピックオフィシャルパートナー(施設建設&住宅開発)として、東京2020大会の成功に貢献するとともに、今後も様々な企業活動を通じて、持続可能な社会を実現し、レガシーとして残すべく積極的に取り組んでまいります。
※1.2018年4月1日現在。
※2.第1回受付期間は2018年5月21日~6月22日。今後も期間を設けて継続予定です。
 

 

●「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」
 東京2020大会で使用する金・銀・銅メダルを、使用済み携帯電話等の小型家電から製作する国民参加型プロジェクトです。
 本プロジェクトは、「東京2020公認プログラム」です。
・主催:公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
・共催
 株式会社NTTドコモ(本プロジェクト事業協力者)
 一般財団法人日本環境衛生センター(本プロジェクト事業協力者)
 環境省、東京都
 https://tokyo2020.org/jp/games/medals/project/

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 大和ハウス工業株式会社 >
  3. 「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」に参画(ニュースレター)