ムック本『「接待の手土産」 2020-2021』 7月2日(木)より、全国の書店・ネット書店にて発売開始

会えない時間が続いた今だからこそ、“大切な人”へのギフトは秘書の目利きで確かな品を!

 株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉原章郎、以下、ぐるなび)はムック本『「こちら秘書室」公認 「接待の手土産」 2020-2021』を、7月2日(木)より全国の書店(一部地域をのぞく)とネット書店にて発売します。

本書では、品評会(※)を通じて選出された289品を掲載、その中でも評価の高かった特選30品は
より詳しく紹介しています。お渡しした際にお相手に与えるイメージの重要な鍵となる紙袋や包装の
画像に、手土産選びの知識とノウハウを持つ秘書ならではの評価ポイントやコメントを各品に記する
など、ビジネスやプライベートでの手土産選びに役立つ、充実した情報を掲載しています。

また、相手の方へより思いを効果的に伝えることができる「添え状・お礼状のマナー」を特集企画として掲載、会えない時間が続いた今だからこそ、贈り物の極意を知り尽くした秘書の目利きを参考に、大切な人へのギフト選びにご活用ください。


​●ムック本情報●
タイトル:「こちら秘書室」公認「接待の手土産」2020-2021
編者 :ぐるなび「こちら秘書室」編集室
発行 : 日経BP
発売 : 日経BPマーケティング
発売日 :2020年7月2日(木)
ページ :144ページ
定価 :本体928円+税 ISBN  978-4-532-18311-0









●本書の内容●
・巻頭エッセイ『えがおの贈りもの』
   ‐ 映画コメンテーター・LiLiCoさん
・特集『添え状・お礼状のマナー』
・秘書の目利きで選ばれた「洋菓子」「和菓子」「おかずもの」「お供」「お飲みもの」など合計289品を紹介。

 

▲「接待の手土産」セレクションとは ▲「接待の手土産」セレクションとは 


●「接待の手土産」品評会とは(※)●
味・デザイン性・実用性・高級感・素材・商品に込められた想いなど、秘書ならではの視点で手土産を評価する会。品評会(2019年度は8回開催)にはのべ1,000名の現役秘書が参加。品評会で一定以上の評価を得た商品は、「”接待の手土産”セレクション」の入選商品となり、中でも特に評価の高かった商品はその年の「特選」として表彰しています。

●ページの構成●
手土産選びの参考になる、秘書の評価ポイントを掲載。中でも特に評価が高かった特選30品は詳しく紹介!

 

 

●特集●
『添え状・お礼状のマナー』

 

 


【接待の手土産】
「こちら秘書室」の秘書室会員約37,000人のネットワークを活用し現役秘書の目利きにより選ばれたビジネス使いに適した手土産を紹介するサイト。
年間約10回にわたり、秘書室本会員による手土産品評会を開催し、多くの手土産店が出品する自信作を「ビジネスシーンにふさわしい贈り物」という観点で目利きし、誰もが知る名店の手土産から、知る人ぞ知る各地の名品まで、日本の文化とも言える手土産品を随時紹介しています。また、1年間かけて目利きした商品の中から、秘書からの評価が特に高い手土産を「特選」として発表しています。
■接待の手土産 https://temiyage.gnavi.co.jp/

【こちら秘書室】
約37,000人の秘書室会員からなる秘書のサポートサイト。取引先との会食や接待に適した上質な飲食店情報のほか手土産情報やセミナーなど、秘書業務に役立つコンテンツを展開しています。
2002年のサイト開設以来、全国の秘書業務に従事している方を会員組織化し、接待利用に適した高級飲食店と結びつけています。そのほか高級飲食店の下見会や秘書懇親会の開催、手土産情報の提供、各種セミナーの開催、秘書同士の掲示板の提供などさまざまなサービスで秘書業務のサポートを目指しています。また、秘書の知見を活かした情報発信もしています。
■こちら秘書室 https://secretary.gnavi.co.jp/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ぐるなび >
  3. ムック本『「接待の手土産」 2020-2021』 7月2日(木)より、全国の書店・ネット書店にて発売開始