【栽培に役立つ土壌の管理方法がわかる】収量・品質を安定させるための基本となる《土作り》の方法を品目ごとに土壌の知識から実践まで網羅!!

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2020年6月11日(木)に、『図解でわかる 品目・栽培特性を活かす 土壌と施肥』を発売いたします。

本書は、野菜果樹花き、それぞれの品目ごと土作り施肥管理方法がわかる土壌の本です。


収量・品質安定させるための基本土作りから!

土壌基本的知識はもちろん、品目ごと土作り栽培途中施肥管理病害虫など施肥管理での対処方法わかりやすく図解つきで紹介しています。

また、近年異常気象による想定外暑さ豪雨などによる収量悪化などの対策のほか、慣行栽培だけでなく有機栽培における有機肥料についてもまとめています。

土壌知識から実践方法まで網羅した一冊、ぜひ手にとって栽培ご活用ください!

【目次】
はじめに
●第1章 土壌と施肥の基本知識
作物生育と土壌の役割/土壌の種類や特性と作物生産/作物生育にとって好ましい土壌環境/土壌環境の問題と環境保全型農業の推進/土壌の化学性と作物生産/栄養生長型野菜:ホウレンソウ/コマツナ/ネギ/ニラ/栄養生長、生殖生長不完全転換型野菜:キャベツ/ハクサイ/レタス/タマネギ/ニンニク/ジャガイモ/サツマイモ/ダイコン/ニンジン/栄養生長、生殖生長同時進行形野菜:キュウリ/トマト/ナス/ピーマン/イチゴ/メロン/スイカ/カボチャ/栄養生長、生殖生長不完全転換型作物:大豆/栄養生長、生殖生長完全転換型作物 花き:キク/カーネーション/土壌の物理性と作物生産/土壌の生物性と作物生産/作物の生育障害/土壌改良と有機物利用/肥料の種類と特徴/施肥法・潅水法/土壌診断の内容と実際

●コラム 堆肥の品質と土壌微生物相改善

●第2章 作物別の土壌作り
作物の生育特性と土壌管理/果樹の作物特性と土壌管理の特徴/栄養生長、生殖生長完全転換型作物 果樹:リンゴ/カンキツ/ナシ/栄養生長、生殖生長完全転換型作物 稲・麦:稲/麦/主要作物のタイプ別生育特性と養分吸収パターン

●コラム 野菜に対する竹粉施用の効果

●第3章 有機栽培における土作り・施肥
水稲の有機栽培における土作り・施肥/野菜の有機栽培における土作り・施肥/果樹の有機栽培における土作り

●コラム 有機栽培ホウレンソウの生理障害

●第4章 近年の土壌環境や気象変化に対応した土壌管理
地力や土壌養分の変化の農作物への影響と対策/養分バランスの崩れによる生育障害/土壌養分に起因する生育障害発生の防止対策/土壌微生物相の変化による作物への影響と対策/土壌病害虫の耕種的防除対策/農耕地の物理性の変化と農作物への影響と対策/湿害等の改善に向けた営農排水対策/気象条件と土壌管理による水稲の高温障害の対応

おわりに

【著者プロフィール】
猪股 敏郎(いのまた・としろう)
 (一財)日本土壌協会 専務理事。農林水産省で主に土壌、肥料関係の仕事を行った後、平成10年から(一財)日本土壌協会に勤務。協会では、堆肥の利活用の調査試験や有機農業技術の調査などともに、主な産地での土壌診断に基づく作物生育改善の仕事を実施した。平成24年から開始された土壌医検定試験については1~3級の参考書の執筆などを担当した。現在、各種土づくり講習会や研修会の講師を務めるとともに、農家圃場での実証試験を実施している。資格:技術士(農業部門)

【書籍概要】
書 名:図解でわかる 品目・栽培特性を活かす 土壌と施肥
著 者:猪股 敏郎
仕 様:A5判、320ページ
定 価:本体2,700円+税
発売日:2020年6月11日(木)
ISBN:978-4-416-52091-8

【書籍のご購入はこちら】
誠文堂新光社 書籍紹介ページ:https://www.seibundo-shinkosha.net/book/science/42996/

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ:https://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック:https://www.facebook.com/seibundoshinkosha/
ツイッター:https://twitter.com/seibundo_hanbai
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社誠文堂新光社 >
  3. 【栽培に役立つ土壌の管理方法がわかる】収量・品質を安定させるための基本となる《土作り》の方法を品目ごとに土壌の知識から実践まで網羅!!