CyberZとOENがNFTプロデュース事業を本格始動!エンターテイメント業界におけるNFTの価値創出に向け企画/制作/運営などNFTを活用した事業のプロデュースをワンストップで行う取り組みを開始

株式会社CyberZ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山内隆裕)と、株式会社OEN(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 藤井琢倫、以下OEN)は、エンターテインメント領域におけるNFT活用の促進と新しい体験の創出に向け、NFT事業に参入することを2021年6月に発表し、この度NFT活用事業の総合プロデュースを本格始動いたしました。

CyberZとOENは、エンターテインメント領域の事業者様との複数の事業展開を通じて、業界活性とビジネス創出に努めて参りました。
これまでの両社の知見や強みを活かすことで、企画/制作/運営などをワンストップでご提供することが可能となり、実際に以下プロジェクトのNFTプロデュースを行いました。

■香取慎吾NFTアートチャリティプロジェクト

9月6日(月)より、香取慎吾さんによるパラスポーツ支援チャリティ企画『香取慎吾NFTアートチャリティプロジェクト』を開始し、「LINE BITMAX Wallet」にてNFTの付与を行いました。

日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)でしか実物を見ることのできないアート作品を、ブロックチェーン技術を活用し、唯一無二で代替不可能な"NFTアート"として、10,000点限定、3,900円のチャリティ参加募集を行ったところ、わずか1日で参加者が、10,000人に達しました。

チャリティという形でパラスポーツへの想いを込めて実施したこのプロジェクトは、ご賛同いただいた方々の温かいご支援に恵まれ、大成功を収めることができました。またこれまでNFTに触れたことのなかった皆様にも「唯一のデジタルの宝物」を手にしていただけるような工夫をプロジェクトメンバー一同で取り組ませていただきました。

国内発のNFTアートのプロジェクトとして10,000人という多くの方が、例を見ないほどのスピードで参加上限に達したこともあり、各メディア、業界から大きな反響をいただくことができました。

■ももクロメモリアル NFTトレカプロジェクト
『10周年記念東京ドームLIVE』の記念すべき伝説のライブの写真を活用した、ももいろクローバーZのメモリアルNFTトレカ2,288パックの限定販売を「OpenSea」と「PassMarket」で10月4日(月)より開始し「PassMarket」ではわずか1時間で完売いたしました。

ももクロファンの皆様にとって大切な東京ドームライブをNFTのコレクションとして宝物にしていただくために、多くの仕掛けを行いました。デザインは名シーンが散りばめられた、トランプモチーフの全52種類(+α)のカードデザインとなっており、カードの裏面には隠し要素をつくることで遊び心を追加致しました。

さらに、当たりのNFTを後日発表し、当選者には「メンバー直筆イラスト色紙」のピースをプレゼントする特典もご用意しています。またNFTカードを一定枚数以上コレクションすることで「JOKER」を手に入れられるような工夫も追加致しました。

ももクロファン・NFTファンの皆様が、「コレクション性」を楽しんでいただけるようなことに挑戦した新しい事例となりました。

NFTプロデュース事業概要
・企画/制作/運営
・最適なNFTマーケットプレイスの選定
・NFTの発行・販売
・マーケティング支援
・PR支援
・法務、財務関連の対応
など

CyberZ取締役・青村 陽介コメント
NFTというこれまでになかった新しい技術に大きな可能性を感じ、日本のエンターテイメント企業の皆様と議論を重ねてきました。その中で、「挑戦したい」という強い思いを持つ皆様の熱意をとても強く感じています。我々のもつデジタルの強みを活かし、日本のエンターテイメントの挑戦の一翼を担いたい。そいういった思いでこの事業に取り組むことを決断致しました。世界で大きなトレンドをうんでいるNFT市場は刻一刻と変化していることを肌身で感じております。日本発の新しい価値のある取り組みに挑戦し、ユーザーの皆様により楽しんでいただけるエンターテイメントをNFTを通じてうみ出していきたいと考えております。

■株式会社OEN代表取締役・藤井 琢倫コメント
NFTはまだ日本では馴染みが薄いですが、YouTubeが世の中に出てきて、そこからYouTuberが生まれたように、日本からも強いコンテンツが今後生まれるのは間違いないと思っています。
日本のエンタメ発で話題になるNFT企画が未だ見られないのは、数あるマーケットプレイスの中から、どこでどのように展開することが最適なのかを判断できないという問題があるのがリアルな現状です。
我々も実績を重ねることで分かったこともあるので、今後もユーザーに求められるNFTをプロデュースしていきたいと思っております。

<参考リリース>
エンターテイメント領域の事業を展開するCyberZとOENがNFT事業に参入:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000923.000006792.html

「香取慎吾NFTアートチャリティプロジェクト」について:https://contents.atarashiichizu.com/?p=16403&post_type=chizu_topic
「ももクロメモリアル NFTトレカプロジェクト」について:https://momoclo.nft-official.com/


今後もCyberZとOENは、両社の知見を活かし、アニメ・アート・アーティストなど様々なエンターテインメント分野の事業者様のNFT活用の支援を行って参ります。

CyberZについて
代表取締役社長:山内 隆裕(https://twitter.com/brother0820
スマートフォンに特化した広告マーケティング会社として2009年に設立しました。スマートフォン広告における運用・効果検証、交通広告やウェブCMの制作など、幅広いマーケティング事業を展開。日本に加えて、サンフランシスコ、韓国、台湾にも支社を構え、国内広告主の海外進出および海外広告主の日本展開支援も行っております。
メディア事業として国内最大のライブ配信メディア「OPENREC.tv」、eスポーツ事業として、国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」を運営しております。CyberZ100%子会社としては、フィギュア販売やオンラインくじなどのオンラインエンタテインメント事業をおこなう「株式会社eStream」、eスポーツに特化した広告マーケティング事業「株式会社CyberE」の事業展開をしております。
また、エンターテインメント領域の事業者様との複数の事業展開を通じて、業界活性とビジネス創出に努めてきたこれまでの知見や強みを活かし、企画/制作/運営などをワンストップでご提供する『NFTプロデュース』を開始いたしました。

会社概要
社名株式会社CyberZ
東京本社東京都渋谷区渋谷2丁目24番12号 渋谷スクランブルスクエア 23階
代表者代表取締役社長 山内隆裕
事業内容スマートフォン広告事業、スマートフォンメディア事業、eスポーツ事業
URL   http://cyber-z.co.jp/

■ 本リリースに関するお問い合わせ
株式会社CyberZ  広報担当:城戸
E-mail: press@cyber-z.co.jp  
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社CyberZ >
  3. CyberZとOENがNFTプロデュース事業を本格始動!エンターテイメント業界におけるNFTの価値創出に向け企画/制作/運営などNFTを活用した事業のプロデュースをワンストップで行う取り組みを開始