1位に輝いたのはまさかの…? 年末恒例の人気企画! 激動の2020年を振り返る「欲しいモノ」ランキング

2020年12月16日(水)『Begin2月号』

12月16日(水)発売の『Begin2月号』では「欲しいモノランキング! Begin Best 100」と題して、2020年話題になった「モノ」を紹介します。

3月に東京五輪延期決定、4月に緊急事態宣言と、あれよあれよと何もかもがリセットされてしまった2020年。
この先どうなってしまうのかと不安な日々の中、「いらないモノはいらないよ」という当たり前の真実にみんなが気づいた一年でもありました。

しかし、そんな時代だからこその意外なヒットが生まれたのも事実です。"GOOD BYE 無駄買い"を掲げ、「これさえあれば」のモノ選びを追求してきたビギンからも、時代の閉塞感を打ち破るニューヒーローが続々誕生しました!

こんな時代に売れたモノとは何か? これから先、欲しいモノとは? 異例尽くしの一年を、年末恒例の「ビギンベスト100」ランキングで振り返ります。
 

【第1位】サバティカルのギリア
気軽に飲みにも行けない毎日を過ごすなか、アウトドアに活路を見出す人が増えた2020年。テントを買おう!と一念発起したキャンプビギナーの心をつかみ、台風の目となったギアが、超新星「サバティカル」の「ギリア」でした。本誌もアウトドア特集の巻頭でど〜んと紹介しましたが、これが想像を遙かに超える大ヒットになりました。なんと入荷分は即時予約で埋まり、抽選という結果に。マスクが抽選になった話はありましたが、テントが抽選になるだなんて前代未聞です。
「ギリア」最大の特徴はトンネル型シェルターとともに、2人用と5人用の2つのインナーテントを備えている点。少人数から多人数まで自在に対応する"コレさえあればOK"な安心感がヒットの核心です。加えてデザインもお洒落で、収納は省スペース。とどめに4万円以下で買えるとなれば、その人気もうなずけます。
 

【第2位】ニューバランスの1300シリーズ
4年周期で開催される五輪は延期となりましたが、2020年は5年周期で復刻の報が届く「雲の上を歩いているような履き心地」M1300の当たり年でした! まず2月に登場した完全復刻モデルは、ヌバックがホーウィン製というサプライズもあって予約殺到、発売日前に完売となり、夏には初となる日本製モデルが登場! 職人の手作業で丁寧に吊り込まれたそれは、フルヌバック仕様も相まって、神々しいまでの風格に。6万円台の値札にして、これまた速攻完売。どんな時代でもイイものはイイ! !を再認識させてくれました。

【第3位】ソロテックス

そろりそろりと人気に火がつき、ついにかの英国老舗"バブアー"まで「ソロテックス」化! 2020年はまさに「ソロテックス」飛躍の年。さまざまなブランドがこの素材を採用しました。
バブアーのビデイルSLをはじめ、注目すべきはジャケットやセットアップなど"大人な"ウェアにこれが用いられることが多かったこと。軽量で蒸れにくく、サラッとしたタッチを備えながら見た目は上品という魅力は、今どきのドレスを装うのにうってつけです。

そのほか誌面では、服、時計、財布などのファッションアイテムはもちろん、アウトドアグッズやお洒落マスクなど、2020年話題になった「モノ」たちを余すことなく紹介します。


<目次・特集>
・激動の2020年 欲しいモノランキング! Begin Best 100
・すぐ真似できる 手持ち服でお洒落になれる方法
・入れるだけ~♪ ごはんの究極 メスティンはじめよう
・コロナ禍で持ち物も変わった? お洒落のプロのカバンのナカミ
 


『Begin 2月号』
■発行:Begin
■発⾏・発売:世界⽂化社  
■発売日:2020年12月16日(水)
■定価 :690円(税込)
■公式HP:https://www.e-begin.jp/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社世界文化ホールディングス >
  3. 1位に輝いたのはまさかの…? 年末恒例の人気企画! 激動の2020年を振り返る「欲しいモノ」ランキング