「Gr8!こぶりな恐竜展」                            〜恐竜とアートのコラボレーション〜

2021年9月4日(土)~10月10日(日) 横浜赤レンガ倉庫1号館

株式会社ポニーキャニオン(東京都港区)のグループ会社で、アトラクション、イベントなどの企画制作やエリア開発などの事業を展開する株式会社ドリームスタジオ(東京都港区 代表取締役社長:男全修二)が、株式会社ニッポン放送と共に主催するイベント『Gr8!こぶりな恐竜展』を9月4日から開催いたします。


今注目を集めるストリートアートと恐竜のコラボレーション!

ストリートアートと恐竜がコラボした全く新しい恐竜展がこの秋、赤レンガ倉庫1号館に誕生します!

本展では、水辺に生きた恐竜の紹介に始まり、植物の進化にあわせて適応進化を続けた植物食恐竜たち、ティラノサウルスの特殊化した生態、白亜紀の捕食者と被食者の関係性、恐竜から鳥への進化、恐竜研究の最前線まで、6つの章に分けて恐竜の魅力にじっくり迫ります。

見所はモンゴル・ゴビ砂漠でヴェロキラプトルとプロトケラトプスが絡み合った状態で発見された「格闘恐竜」のレプリカ。この有名な骨格に合わせてヴェロキラプトルの全身復元骨格とプロトケラトプスの実物化石の展示を行います。暴君王ティラノサウルスのエリアでは、米国サウスダコタで発掘されたティラノサウルス・スタンの半身骨格をはじめ、ティラノサウルスの体の部分骨格を集結し、その類稀なる生態を詳しく解説します。

本展覧会では地球上の歴史とロマンを感じさせる恐竜の魅力を、昨今注目を集めるストリートアートによって表現する試みを行いました。会場内にはストリートアーティストYOICHIROによる恐竜アート12作品が恐竜と共に展示されます。

ふたつの異なる魅力を対比させた、極めてユニークで美しい恐竜展をぜひお楽しみください。

【「Gr8!こぶりな恐竜展」詳細】
■第1章 恐竜時代の水辺 
太古から様々な生き物をはぐくんできた命の源である海。恐竜時代の海にもさまざまな生き物たちが生きていた。ここでは巨大なウミガメとモササウルス、日本でも発見されている水辺の恐竜「スピノサウルス」の歯などを紹介する。

「モササウルスの歯」「モササウルスの歯」



■第2章 植物食のスペシャリストたち
1億6000万年間の長期にわたり地上に君臨した恐竜。その間に植物も進化し、被子植物が誕生する。そのころ植物食恐竜はより効率的に食べる歯を持つものがあらわれ、繫栄していく。

「エドモントサウルス 頭骨」                 © (2008) Black Hills Institute of Geological Research「エドモントサウルス 頭骨」                 © (2008) Black Hills Institute of Geological Research

「トリケラトプス 頭骨」                     © (2008) Black Hills Institute of Geological Research「トリケラトプス 頭骨」                     © (2008) Black Hills Institute of Geological Research


■第3章 格闘恐竜
ゴビ砂漠で発見された、ヴェロキラプトルとプロトケラトプスが絡み合ったまま保存された格闘化石は当時の弱肉強食の世界を鮮明に伝える。当時の小型肉食恐竜も紹介する。

「格闘恐竜」「格闘恐竜」


■第4章 肉食のスペシャリスト ティラノサウルス
優れた嗅覚、立体視できる目と強靭なあごをもつ恐竜界の王者ティラノサウルス。半身骨格をはじめ、頭骨、大腿骨、前あし、後あしなどの部分骨格の展示から超肉食恐竜と呼ばれるその生態に迫る。

「ティラノサウルス・スタン 半身骨格」「ティラノサウルス・スタン 半身骨格」


■第5章 恐竜から鳥へ 
恐竜はいつしか鳥へと進化した。現在では恐竜の多くが羽毛を持っていたことが分かっている。始祖鳥のレリーフ展示やテリジノサウルスの造形展示など羽毛を持つ恐竜を追う。

「テリジノサウルスの前あし」「テリジノサウルスの前あし」


■第6章 恐竜の色の復元・研究の最前線
恐竜の体の色の復元は羽毛化石からは可能となってきている。
ジャケットと呼ばれる石膏に包まれた実物のティラノサウルスの大腿骨を展示し、現在の恐竜研究の最前線を紹介する。

「ティラノサウルスの大腿骨(実物化石)」「ティラノサウルスの大腿骨(実物化石)」


【特別協力:神流町恐竜センター】
体長8.5メートルのタルボサウルス全身復元骨格、プロトケラトプスとヴェロキラプトルの格闘化石などモンゴルの恐竜の展示が豊富。
本館と別館で構成された館内は「9つのゾーン」に分けられ、恐竜骨格の展示の他にも、化石発掘体験、迫力のライブシアター、レプリカ作製体験が楽しめる。本館と別館を繋ぐ連絡通路の屋外敷地面には、全長12メートルのティラノサウルス産状骨格が展示されている。
所在地:〒370-1602群馬県多野郡神流町大字神ヶ原51-2
開館時間:午前9:00〜午後4:30(入館は午後4:00迄)
休館日:月曜日(祝日または振替休日の場合は翌日)
*12月〜翌3月末まで木曜日休館
*夏休み中(7/26〜8/30)は月曜も営業
入場料:大人800円/子供(小中学生)500円 団体割引(20人以上)大人750円/子供(小中学生)450円



【アーティスト:YOICHIRO(painter)】
2000年より活動を始め全国各地で展覧会やパフォーマンスを行う。クラブイベントからスタートしたライブペインティングはSUMMER SONIC大阪会場、METROCK大阪会場、MERRY ROCK PARADEなど数々のフェスにアートエリアを立ち上げ2020年までの14年間パフォーマンス。また、新宿で5m×8mの安室奈美恵のアルバムプロモーション、HYDE、Kis-My-Ft2、MAN WITH A MISSIONなどのジャケットをライブペイントで描き上げるプロモーションなども手掛けている。その他、HYDEのMVやLIVEステージのペイントから、LiSA、GLAY-HISASHIなどとのコラボグッズ、LOUIS VUITTON VIPイベントなど活動は多岐に渡る。


Instagram https://www.instagram.com/yoichiro_art/
Twitter https://twitter.com/yoichiro_art

【開催概要】
会 場: 横浜赤レンガ倉庫1号館 2Fスペース(〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目1)
会 期: 2021年9月4日(土)〜10月10日(日)
開場時間: 平日13:00〜17:00(最終入場16:30) 土日祝11:00〜19:00(最終入場18:30)
主 催: ドリームスタジオ、ニッポン放送
共 催: 横浜赤レンガ倉庫1号館[公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団]
企画制作: ドリームスタジオ
監 修: 小林快次(北海道大学総合博物館教授)
学術協力: 田中望羽(神流町恐竜センター 主事・学芸員)
特別協力: 神流町恐竜センター
イベントページ: https://akarenga.yafjp.org/event/koburi

■入場料(税込み)
前売券 大人(中学生以上)1,300円 子供800円
当日券 大人(中学生以上)1,500円、子供1,000円
前売券販売期間:2021年8月2日(火)10:00〜9月3日(金)23:59
当日券販売期間:2021年9月4日(土)0:00〜10月10日(日)15:00
※2歳未満の乳幼児は無料
※障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名まで無料。 ※前売券はローソンチケット(Lコード:32534)にて販売予定。https://l-tike.com/koburina-dinosaur
※当日券は横浜赤レンガ倉庫1号館2Fスペース入口受付、もしくはローソンチケット(Lコード:32534)にて販売予定。

■ご来場に際して
○会場入り口にてすべてのお客様の検温を行います。
○ピーク時における会場内の混雑を避けるため、入場人数の制限を行うことがあります。
○お客様へマスクの着用を徹底いただき、施設入館時の手指の消毒を行っていただきます。
○飛沫感染防止のため、会場内では大声を出さず極力会話は最低限に留めて頂くよう注意喚起します。
○ピーク時のご来場について
・会場内の混雑状況により、ソーシャルディスタンスを保った形での待機列誘導、入場整理券配布などを行います。
・当日の混雑状況を、「Gr8!こぶりな恐竜展」公式twitterにて情報発信いたします。
・新型コロナウイルス感染予防のため「横浜市文化施設における新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」(https://www.city.yokohama.lg.jp/kanko-bunka/bunka/bunkashisetsu/default20200528.html)に沿って開催します。


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ポニーキャニオン >
  3.  「Gr8!こぶりな恐竜展」                            〜恐竜とアートのコラボレーション〜