お金の運用のプロがやっている― 『英語の経済指標・情報の読み方』 1月19日発売

英語の一次情報をチェックして、資産運用に活かす

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:安嶋 明、以下アルク)より、新刊『英語の経済指標・情報の読み方』のご案内を申し上げます。

投資のプロがチェックしている海外の経済指標・経済情報の中で、相場に与える影響が特に大きいものをピックアップ。着目ポイント、読み解き方などをわかりやすく解説し、資産運用への役立て方を伝授します。

インターネットの世界的な普及で「一次情報」に直接アクセスできる機会は以前に比べると飛躍的に増加しました。ただ、その際にネックになるのが言語の壁です。本書では対象を英語の情報に限定。資産運用のパフォーマンス向上に有用とみられる統計などの英語情報について解説しています。高度な英語力がなくても、そうした情報にアクセスすることができるよう、どこをクリックしたらいいかといった手順に関しても説明を加えました。

【本書の特長】
1)「雇用統計」「ISM(R)製造業景況指数」「ボラティリティー・インデックス(VIX)」「IMMポジション」「石油在庫統計」など、米国を中心とする重要経済指標の読み解き方がわかります。

2)米労働統計局、米商品先物取引委員会、米エネルギー情報局、国際通貨基金(IMF)、経済協力開発機構(OECD)など、指標・統計発表機関のウェブサイトの活用法を解説。

3)「preliminary figures(速報値)」「final figures(確定値)」「nominal(名目の)」「non-commercial(投機筋)」「seasonally adjusted(季節調整済みの)」──この分野の頻出語句200のリスト付き。

【目次】
■第1章■ プロが見ている英語のメディアと情報
資産運用で、海外情報にも目を向けるメリット
金融市場に及ぼす影響が大きい海外の経済指標・情報
プロがチェックしている英語サイト、英語情報
ツイッターのコメントを注視する金融市場
マーケットの動きを理解するのに役立つ要人発言

■第2章■《基礎編》要チェック!英語の経済指標・データ10
英語の一次情報に触れるメリット
1. 米雇用統計
2. 米ISM(R)製造業景況指数
3. CMEグループFedウオッチ
4. ボラティリティー・インデックス(VIX)
5. 経済政策不確実性指数
6. 米商品先物取引委員会(CFTC)建玉明細報告
7. 米エネルギー情報局(EIA)統計
8. 国際通貨基金(IMF)の各種データ
9. 経済協力開発機構(OECD)景気先行指数(CLI)
10.欧州連合(EU)統計局のデータ

■第3章■《応用編》投資に役立つ英語情報の活用法
経済統計を投資に生かす際の注意点
IMFのデータを株式投資に活用
海外の同業他社の株価も有用な投資情報
日本企業の英語IR 情報も投資の材料に
米中間選挙で威力発揮、役に立つ世論調査データ
ESG投資に前向きな銘柄を探し出そう
中国の統計はどれが正しい?
要人発言 英国メイ首相のケース
要人発言 中央銀行トップのケース

■第4章■ 経済・金融関連用語リスト200

<商品情報>
【タイトル】英語の経済指標・情報の読み方
【URL】https://ec.alc.co.jp/book/7018004/
【価格】1,728円(税込み)
【サイズ】A5判、188ページ
【ISBNコード】9784757430440
【著者】北都 光
【著者プロフィール】
経済ジャーナリスト。記者として30年あまりにわたり金融市場、国際情勢、産業を取材。米国に駐在し、ニューヨーク・ウォール街の動きをフォローしていた経験もある。来日した海外の金融機関の運用責任者にインタビューする機会も多い。

≪電子書籍版も Amazon kindle、楽天kobo、Google Play Booksなど主要電子書店で同日発売≫
[amazon]
https://www.amazon.co.jp/dp/B0792XR5WF/ref=cm_sw_r_cp_ep_dp_OQuyAbFHVP8K6

<本件に関する報道関係者向けお問合せ先>
アルク 広報担当 河合(かわい)
e-mail:ko-ho@alc.co.jp
TEL: 03-3556-2711

[アルクとは]
アルクは、1969年4月の創業以来、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた語学教育総合カンパニーです。創刊から45年を超える『ENGLISH JOURNAL』など学習情報誌をはじめ、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、書籍、研修、eラーニング教材、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。 https://www.alc.co.jp/
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アルク >
  3. お金の運用のプロがやっている― 『英語の経済指標・情報の読み方』 1月19日発売