「TV Bros.」のデジタル定期購読サービスが5月13日に「note」でスタート! 記念企画に爆笑問題、chelmico×かが屋、スチャダラパーが登場

「TV Bros.」がついにデジタル化! 「TV Bros. note版」5月13日(水)スタート!

「TVガイド」などの雑誌を発行する株式会社東京ニュース通信社は、「TV Bros.」のデジタル定期購読サービス「TV Bros. note版」(https://note.com/tv_bros)の配信を5月13日(水)より開始いたします。

 


 

1987年の創刊以来、斬新な特集と、多彩なジャンルの豪華連載陣コラムが人気を集めてきたポップカルチャーTV情報誌「TV Bros.」。近年では「別冊TV Bros.」や「Bros. BOOKS」といったムック本や書籍も発行し、本誌だけにとどまらない幅広い展開で、多様化するカルチャーシーンを独自の目線で切り取り続けてきました。さらなる「TV Bros.ブランド」の拡大、そして皆様に一層お楽しみいただけるコンテンツをお届けすべく、「TV Bros.」はついにWEB版のリリースを決定。月間アクティブユーザーが4400万人を超えるnoteのプラットフォームを利用し、初のデジタル定期購読サービス「TV Bros. note版」を5月13日(水)より開始いたします。
 
  • 「TV Bros. note版」概要

いろんなことのカウンターであり続けたいTV Bros.が
ウェブの隅っこを占領します


「TV Bros. note版」は、月額500円で最新号のコンテンツが読み放題。ディープな視点の特集はもちろん、本誌でおなじみの豪華連載陣のコラム、テレビ・ラジオ・映画・音楽・アニメ・コミック・書籍……数あるカルチャーもブロス目線でレコメンド! 

料金:¥500 / 月 
発行周期:月30回以上配信予定

■本日4月24日(金)よりプレオープン! 
https://note.com/tv_bros

■「TV Bros. note版」開設記念キャンペーン
2020年5月は全コンテンツを無料で公開! この機会にぜひお楽しみください。
 
  • 「TV Bros.」編集長 篠﨑司 コメント
「TV Bros.」は32年間、定期誌として発行して参りましたが、この度、デジタル媒体「TV Bros.note版」を立ち上げることとなりました。これまでの連載陣も継続予定であり、さらには特集や連載、コラムなど、定期サイクルに囚われない、みなさんが楽しめる強力なコンテンツをお届けできればと思っております。さらには、TV Bros.ブランドとして、別冊TV Bros.、TV Bros.MOOK、Bros.BOOKSと共にカルチャーを独自な視点から積極的に紹介をしていければと思っておりますので、引き続きご愛顧のほどよろしくお願いします。
 
  • スタート記念企画 
「TV Bros. note版」のスタートを記念した特集が決定! 5月13日(水)より順次公開いたします。

スタート記念企画① 「爆笑問題が考える、TV Bros.がWEBですべきこと」
満を持して爆笑問題がWEBに見参! 2人が考える、今後のTV Bros.がすべきこととは? TV Bros.での連載「天下御免の向こう見ず」の今後の展望とは? とにかく大暴れ!

「TV Bros. note版」スタート記念企画①「爆笑問題が考える、TV Bros.がWEBですべきこと」「TV Bros. note版」スタート記念企画①「爆笑問題が考える、TV Bros.がWEBですべきこと」

スタート記念企画② 「chelmico×かが屋 増量版」

chelmicoの連載「キスがピーク」に初のゲスト・かが屋がやってきた! 同世代、結成年度も同じと共通点の多い2組による「同期対談」をたっぷりの写真と共にお届けします!

「TV Bros. note版」スタート記念企画②「chelmico×かが屋 増量版」「TV Bros. note版」スタート記念企画②「chelmico×かが屋 増量版」

スタート記念企画③ 「スチャダラパー」
デビュー30周年を迎えたスチャダラパーが登場。発売されたばかりのアルバム「シン・スチャダラ大作戦」についてや、これまでの歩みを振り返りつつのインタビュー!

「TV Bros. note版」スタート記念企画③「スチャダラパー」「TV Bros. note版」スタート記念企画③「スチャダラパー」

 

  • 「TV Bros.」

1987年7月創刊。2018年4月に隔週発売から、月刊テレビ情報誌としてリニューアルした。地上波やBS、CSに加え動画配信サービスまで、番組解説コラムでブロスらしくテレビ情報を紹介するほか、ラジオ、映画、音楽、アニメ、コミック、書籍など、様々なカルチャーを取り上げる。他誌とは一線を画すディープな視点の特集や、松尾スズキ&河井克夫、爆笑問題、細野晴臣&星野源、岡村靖幸ら多彩な連載陣がそろうコラムも人気を博す。2020年4月号をもって、不定期刊行へと移行したが、「別冊TV Bros.」「Bros. BOOKS」など、「TV Bros.ブランド」としてムック本や書籍を続々刊行中。



【関連サイト】
■東京ニュース通信社が発行する雑誌・書籍・写真集・カレンダーなど各商品の総合情報サイト
TOKYO NEWS magazine&mook<https://zasshi.tv/
■公式Twitter @tvbros
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社東京ニュース通信社 >
  3. 「TV Bros.」のデジタル定期購読サービスが5月13日に「note」でスタート! 記念企画に爆笑問題、chelmico×かが屋、スチャダラパーが登場