プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社CBCテレビ
会社概要

【速報】第60回ギャラクシー賞 報道活動部門で「新型コロナワクチンの副反応問題に関する調査報道」が入賞!

株式会社CBCテレビ

「第60回ギャラクシー賞」の報道活動部門で、「新型コロナワクチンの副反応問題に関する調査報道」が、報道活動部門で入賞した事が28日、明らかになりました。ギャラクシー賞の報道活動部門で入賞するのは、昨年の「偽りのアサリ~追跡1000日 産地偽装の闇~」に続いて、2年連続です。
今回は「副反応問題に関する調査報道」を含む6本が入賞、その中から大賞1本、優秀賞2本、選奨3本が選定され、5/31(水)贈賞式のステージで発表されます。

■「新型コロナワクチンの副反応問題に関する調査報道」2021年8月~2023年3月
世界中でコロナが猛威を振るう中、短期間で開発され、「緊急承認」という形で使われている新型コロナワクチン。
主流になっているファイザー・モデルナ両社の製品は、ウイルスの遺伝情報の一部“メッセンジャーRNA”を注射し、人間の体内でウイルスの表面にあるトゲのような部分“スパイクタンパク”を作らせて抗体を生み出そうという、極めて特殊な史上初のmRNAワクチンです。
 2023年3月末時点で、日本国内の総接種回数は実に3億8300万回超。私たちは接種開始当初からその副反応に注目していました。半ば“見切り発車”の様に接種が始まったこのワクチンは、人類初の画期的な薬ではありましたが、影響はよく分かっておらず、健康被害は出ないのかが、当初からの注目点でした。
 世界中で当たり前に接種が進む中、本当に安全なのか、昔起きた様な“ワクチン禍”につながらないかという危惧から副反応がおきたケースの追跡取材を始めました。
 単なる一過性の健康問題なのか、それとも“薬害”のような形になっていくのかを見極めるため、取材及び放送を行っています。

【出演】     大石邦彦(CBCテレビ「チャント!」アンカーマン)
【ディレクター】 中道陸平
【プロデューサー】有本整

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
ビジネスカテゴリ
テレビ・CM医療・病院
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社CBCテレビ

65フォロワー

RSS
URL
http://hicbc.com/tv/
業種
情報通信
本社所在地
愛知県名古屋市中区新栄1丁目2番地8号
電話番号
052-241-8111
代表者名
松波啓三
上場
未上場
資本金
1億円
設立
2013年05月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード