SPACE SHOWERが音楽配信サービスApple Musicにキュレーターとして参加

音楽専門チャンネルSPACE SHOWER TVの番組と連動したプレイリストのほか、スペイン坂のライブスペースWWWによるプレイリストを展開


株式会社スペースシャワーネットワーク(本社:東京都港区、代表取締役社長:近藤正司)はApple®が提供する音楽配信サービスApple Musicにキュレーターとして参加し、オリジナルなプレイリストを展開することが決定しました。

毎週更新されるプレイリストには日本最大の音楽専門チャンネルであるSPACE SHOWER TVにて深夜放送されている番組「DMZ -DEEP MUSIC ZONE-」と連動したもの、渋谷のライブスペースWWWによるプレイリスト、日本語ラップ専門プレイリスト「Black File」、名作とされるミュージックビデオの楽曲を中心にセレクトした「最強ナツカシソング」、旬なJロックの楽曲を展開する「ROCKS JAPAN」といった内容となっており、この5つのプレイリストのほか、随時新たなプレイリストを追加する予定であり、様々な音楽事業を展開するスペースシャワーならではのプレイリストとなっています。

<Apple Music内 SPACE SHOWER Curatorページ>
applemusic.com/spaceshower

 










 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スペースシャワーネットワーク >
  3. SPACE SHOWERが音楽配信サービスApple Musicにキュレーターとして参加