手のひらサイズに3軸手ブレ補正と2.45インチ大型モニターを搭載した「MOZA MOIN Camera」発売

「MOIN Camera」は、MOZAが提案する全く新しいジンバルカメラ

株式会社ケンコー・トキナー(本社:東京都中野区 代表取締役社長:山中 徹)は、Gudsen社の新製品、手のひらサイズに3軸手ブレ補正と2.45インチ大型モニターを搭載した3軸モーター搭載4Kジンバルカメラ「MOZA MOIN Camera」の販売を、2021年5月21日より開始いたします。価格はオープンですが、弊社といたしましては42,800円(税込)の販売価格を想定しています。


手のひらで軽く包める小さな本体に、MOZAジンバルの開発技術の粋を詰め込んだ3軸手ブレ補正機能を搭載。大型の2.45インチモニターと120°の超広角レンズは撮影の感動・楽しさをリアルに伝えてくれます。本体には電源ボタンと撮影ボタンの2つだけ。モニターのタッチ操作と合わせて、どなたでも直感的で簡単な操作が可能で、タイムラプスをはじめフェイストラッキング、FPVモードなど多彩な撮影モードも日常の一コマを鮮やかに演出してくれます。
MOIN Cameraのために新しく作られた「MOZA Artist」アプリを使えば、スマホからのコントロールや動画、写真の転送、編集作業も思いのまま。
さあ、ポケットにクリエイティブを詰めて出かけよう!

特長

最大4K / 60p出力が可能な1200万画素CMOSセンサーを搭載。
 

大型モニター搭載大型モニター搭載

 

2.45インチの大型タッチモニターを搭載。90°のチルト回転機能付きなので、見やすい角度をキープ出来ます。
 

MOZAのジンバル技術を注ぎ込んだ3軸手ブレ補正機能を搭載し、滑らかな撮影を実現。

120°(焦点距離14mm)の超広角レンズで迫力のある風景撮影を実現。

ボタンボタン

 

本体のボタンは電源ボタンと撮影ボタンの2つだけ。どなたでも簡単に操作可能です。

多彩な撮影モード多彩な撮影モード

タイムラプス、パノラマ、スローモーションをはじめフェイストラッキング、FPVモードなど多彩な撮影モードを搭載。
 

 

 

バナーバナー

スペシャルページ:https://www.kenko-tokina.co.jp/lp/moza_moincamera/

MOZAについて
2012年、中国・深圳創業のジンバルメーカー。TVやCMなどの映像制作業界に精通し、ジンバル、ワイヤレスレンズコントローラー、HDワイヤレスビデオトランスミッター/レシーバーなどの革新的な製品を市場に送り込んできました。「MOZA」ブランドのジンバルは、プロフェッショナル向けの機材からスマートフォン向けの機材に至るまで、幅広いニーズに対応できる豊富なラインナップを誇り、同社のグローバル展開を支える基幹製品となっています。

販売元:株式会社ケンコー・トキナー https://www.kenko-tokina.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ケンコー・トキナー >
  3. 手のひらサイズに3軸手ブレ補正と2.45インチ大型モニターを搭載した「MOZA MOIN Camera」発売