箱根観光のサブスクチケット、美術館など22の観光施設がいつでもお得に 8月1日、「箱根遊び放題チケット(はこチケ)」の通年販売を開始

~お客さま・参加施設からご好評いただきレギュラー化、こども料金を引き下げ家族旅行をさらにお得に~

小田急グループの小田急箱根ホールディングス株式会社(本社:神奈川県小田原市 社長:抱山 洋之)は、2022年8月1日(月)に、箱根エリアの人気観光施設が利用し放題になる『箱根遊び放題チケット(はこチケ)』と、周遊券「箱根フリーパス」に「はこチケ」をお得にセットした『箱根フリーパス「はこチケ」プラス』について、通年販売を開始します。※ 割引金額は、下記料金一例を参照

PRポスターPRポスター

いずれの商品も、箱根ナビ、EMotオンラインチケット等のオンライン限定で、箱根エリアで人気の美術館や温浴施設、アクティビティ施設など22施設を有効期間中に何度でもご利用いただけるサブスクリプションサービスです。2021年12月から3か月間の限定販売を通じて、お客さまから「初めての施設へ行くきっかけになった」「複数施設をお得に巡れた」、参加施設から「顧客接点の拡大に寄与した」など好評いただいたことを受け、レギュラー商品化を決定しました。

なお、定番化にあたり、両商品ともにこども料金を値下げし、ますますご家族でのお出かけにご利用いただきやすくなります。

本サービスでは、地域と連携して箱根観光の新たな魅力を提供し、箱根を心ゆくまでお楽しみいただけます。また、購入から利用までスマートフォンでシームレスにご利用いただける便利さを備えています。今後も小田急グループでは、地域と共創して箱根エリアを活性化するとともに、周遊を後押しするデジタルチケットの組成を通じて観光型MaaSを推進します。

▼「箱根遊び放題チケット(はこチケ)」が利用できる一部施設の抜粋

箱根ガラスの森美術館箱根ガラスの森美術館

箱根園水族館箱根園水族館

箱根小涌園ユネッサン箱根小涌園ユネッサン

箱根湯寮箱根湯寮

▼「箱根遊び放題チケット(はこチケ)」と『デジタル箱根フリーパス「はこチケ」プラス』の料金一例


箱根エリアの人気観光施設が利用し放題になるデジタルチケット『箱根遊び放題チケット(はこチケ)』と『箱根フリーパス「はこチケ」プラス』の概要は、下記のとおりです。



1.商品名
箱根遊び放題チケット(はこチケ)
箱根フリーパス「はこチケ」プラス
※いずれも、デジタルチケットのみの取り扱い

2.発売日
2022年8月1日(月)

3.発売箇所
ウェブサイト「箱根ナビ」、「EMotオンラインチケット」
МaaSアプリ「EMot(エモット)」

4.発売金額

※小田急線各駅発の箱根フリーパス「はこチケ」プラスの料金は、箱根ナビ『箱根フリーパス「はこチケ」プラス』商品ページに掲載する料金表に記載
https://www.hakonenavi.jp/assets/file/freepass_plus_price_2206.pdf
※こども=小学生のお客さまが対象
※消費税込み

5.対象施設・サービス内容


6.ホームページ
箱根遊び放題チケット(はこチケ)
https://www.hakonenavi.jp/transportation/ticket/hakoneticket/
箱根フリーパス「はこチケ」プラス
https://www.hakonenavi.jp/transportation/ticket/freepass_plus/

7.その他
詳しい営業内容や新型コロナウイルス感染症拡大防止策等については各施設へのお問い合わせでご確認いただけます。

以上
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 小田急電鉄株式会社 >
  3. 箱根観光のサブスクチケット、美術館など22の観光施設がいつでもお得に 8月1日、「箱根遊び放題チケット(はこチケ)」の通年販売を開始