【ザ・ホテル青龍 京都清水】築百年の京町家で麻細工師に学ぶ麻飾り制作体験

元京都市立清水小学校を保存・活用したヘリテージホテルと地域が連携し新たな京都の魅力を発信

ザ・ホテル青龍 京都清水(所在地:京都府京都市東山区清水二丁目204-2、総支配人:広瀬 康則)は、京都で楽しむ日本文化体験を提供する有限会社ワックジャパン(本社:京都市中京区高倉通二条上ル天守町761番地 代表取締役 小川 美知)と提携し、築百年の京町家で麻飾り制作を体験できる当ホテル宿泊者限定のオリジナルワークショッププランを販売いたします。
常に日本人の生活と深い結びつきのある麻は、衣類だけでなく神事とも深い関わりがあり、穢れ(けがれ)を祓うものとして重宝されてきました。本アクティビティープランでは麻細工師によるワークショップにて麻文化についての学びとともに麻飾り制作をご体験いただけます。麻飾りは当ホテル宿泊者限定で4種からお選びいただく事ができ、制作した麻飾りは魔除け、招福などのお守りとしてお持ち帰りいただけます。


当ホテルでは今後もホテル周辺の地域とより連携し、京都の魅力を再発見していただけるアクティビティーを拡充してまいります。

  • 築百年の京町家で麻細工師に学ぶ麻飾り制作体験
【期   間】
2021年4月15日(木)より

【内   容】
所要時間 1時間30分~2時間 (9:30A.M.~5:30P.M.)
1.ご案内、麻飾り説明 約15分
2.麻飾りの制作体験  約70分
3.お抹茶と町家案内  約15分
 

酒蔵をお茶室に造り替えています酒蔵をお茶室に造り替えています

【料   金】
1名さまご利用 ¥16,500 (消費税込み)
※体験は2名さまよりご利用いただけます。
※ご宿泊料金、宿泊税を別途頂戴いたします。 

お茶室より坪庭がご覧いただけますお茶室より坪庭がご覧いただけます

  • 元清水小学校からヘリテージホテルへ
1869年(明治2年)に下京第二十七番組小学校として創設されたことにはじまる清水小学校は、2010年度(平成22年度)をもって141年の歴史に幕を閉じました。その後、元清水小学校跡地活用計画において、歴史ある建物を保存・活用し、現在のホテルへとコンバージョンされ、「記憶を刻み、未来へつなぐ」をコンセプトにThe Hotel Seiryu Kyoto Kiyomizuとして生まれ変わりました。

 
  • わくわく館 築百年の京町家
■わくわく館京町家は京都市街地のほぼ中心である天守町にあり、1910年頃に建てられました。もともとは裏の通り(堺町通り)まで続いている酒屋のご隠居さんの住居として使用されていました。

現在は、茶道、華道、琴等、多数の文化体験がお楽しみいただけるうえ、酒蔵を造り替えたお茶室から坪庭がご覧いただけ、京都の風情ある雰囲気をお楽しみいただけます。

わくわく館わくわく館

  • 麻ブランド『野州麻』
本ワークショップである麻飾り制作体験にて使用する麻は神社の注連縄(しめなわ)や横綱の注連縄にも使用されている栃木県鹿沼市「野州麻」の上質な精麻となります。

さらに、ワークショップにて使用する麻は千葉県勝浦市の遠見岬(とみさき)神社にてご祈祷していただいております。遠見岬神社は天富命(あめのとみのみこと)をお祀りする神社で朝廷祭祀で祭具の製造や神殿の造営に携わった忌部氏(いんべし)に鏡や玉、そして麻を作らせた神様で、麻とは大変縁の深い神社です。

 

 
  • 有限会社ワックジャパン
 「わくわく館」を本拠地として京都に住む地元のエキスパートが京都ならではの文化体験を提供しています。
 
  • ホテルへのアクセス
[タクシー] 京都駅より、約10分
[市営バス] 京都駅より、約15分
「清水道」バス停下車 徒歩約5分、
[京阪電車] 「清水五条」駅下車 徒歩約20分
[お  車]  名神高速道路 京都南ICより約15分
       阪神高速道路 鴨川西ICより約15分
             ※ホテルに駐車場はございません。
  • お客さまからのお問合せ先
予約係 TEL:075-532-1111
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社プリンスホテル >
  3. 【ザ・ホテル青龍 京都清水】築百年の京町家で麻細工師に学ぶ麻飾り制作体験