7月27日発売のAERAは「コロナ禍の大学入試」をどこよりも早く予測!人気上昇学部、志望者減少学部はどこだ

第2特集では新型コロナウイルスの「空気感染」の実態をレポート/AI将棋ソフト開発者が藤井聡太棋聖の強さを読み解く記事も掲載

7月27日発売のAERA 8月3日号は、巻頭で「コロナ禍の大学入試」を特集。初の共通テストとコロナ禍という2つの変化に見舞われた2021年度入試について、駿台教育研究所、河合塾などに所属する5人のエキスパートに予測を依頼。人気が上昇する学部や志望者が減少する学部、注目の大学をピックアップしました。第2特集「感染拡大の行方」では、日本を含む世界の専門家239人が注意喚起を促した、新型コロナウイルスの「空気感染」の実態をレポート。これを踏まえて、改めて感染防止対策を提案しています。藤井聡太棋聖、サザンオールスターズ無観客配信ライブについての記事も掲載。表紙には俳優の黒島結菜さんが登場しています。

21年度の大学入試を控える受験生は、昨年から今年にかけて、大学入学共通テストの「英語民間試験」「国語と数学の記述式」の導入か見直しかを巡る議論に翻弄されてきました。そこに、新型コロナウイルスの感染拡大が加わって、授業の遅れ、模試のオンライン化など、想定外の事態に見舞われています。これら二つの「想定外」の影響で、21年度入試に変化はあるのでしょうか。AERAは今回、学部系統別の過去5年間の志願者数の推移を踏まえたうえで、駿河台教育研究所、河合塾、旺文社「蛍雪時代」、大学通信に所属する4人に教育ジャーナリストを加えた5人の専門家に、人気が上昇する学部、下降する学部の予測と注目の大学のピックアップを依頼。それぞれのコメントを一覧できるチャートで掲載しています。

第2特集では、感染者数の増加が止まらない新型コロナウイルスについて、その感染の仕方について改めて取材。広い意味での「空気感染」とされる「近距離エアロゾル感染」の実態をレポートし、それを踏まえて有効とされる予防策を提示しています。また、日本でも徐々に増えている子どもへの感染についても、成人の感染率とほぼ同じだとするスペインの研究や、米フロリダ州で検査を受けた子どもの陽性率が全年代の陽性率より高かったことを示し、「子どもは感染しにくい」という認識に警鐘を鳴らしています。

AIを活用しているという藤井聡太新棋聖の強さを、世界コンピュータ将棋オンライン大会で優勝したAI将棋ソフトの開発者が読み解く記事も掲載。記事中で開発者の杉村達也さんは、棋聖戦第2局で藤井棋聖が繰り出した「3一銀」について、「AIが28手先までの6億パターンを読んで初めて見つかるような手」と評価しています。

6月25日デビュー42周年記念日に配信された、サザンオールスターズの無観客ライブは、医療従事者をはじめとするエッセンシャルワーカーやファンへの感謝を伝えることはもちろん、ライブやイベントが軒並み中止になるなど厳しい状況に追い込まれているスタッフたちに仕事の場を提供したい、という思いもあって企画されたことは、すでに報道されています。AERAは後日、スタッフの中心人物である舞台監督と撮影監督に取材。記事では、ライブ全編をレポートしつつ、スタッフの思いや、無観客だったからこそできた演出などについて、伝えています。

この号の表紙は、俳優の黒島結菜さん。表紙では凜とした強さを見せる黒島さんが、カラーグラビアでは柔らかで慈愛に満ちた表情を見せています。撮影はもちろん、蜷川実花。雰囲気の異なる二人の黒島さんを、インタビューとともにお楽しみください。

ほかにも、
  • GoToキャンペーンの「迷走」「見切り発車」には何かある
  • 子どもたちの夏休み「感染予防」と「楽しい」を両立させる5カ条
  • テレワークで生産性「落ちた5割」「上がった1割」を検証
  • 生田絵梨花×妃海 風 「近づけない」を逆手にとった新作ミュージカル
  • 全共闘を生きた女性たちの50年「闘わない私は私じゃない」
  • イージス・アショア配備断念で急浮上した「敵基地攻撃能力保有」は暴論
  • 池田大作研究 世界宗教への道を追う 連載第30回 「判明した検察の謀略」
などの記事を掲載しています。

AERA(アエラ)2020年8月3日号
定価:364円+税
発売日:2020年7月27日(月曜日)
https://www.amazon.co.jp/dp/B089TRZNCG
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社朝日新聞出版 >
  3. 7月27日発売のAERAは「コロナ禍の大学入試」をどこよりも早く予測!人気上昇学部、志望者減少学部はどこだ