フリマアプリ「ラクマ」、「バーコード出品」機能を提供開始

- バーコードを読み取ることで商品情報を自動で入力 -

 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、運営するフリマアプリ「ラクマ」において、本、漫画、雑誌、CD、DVD/ブルーレイ、ゲームソフト/ゲーム機本体を対象に、出品手続きの際に商品のバーコードを読み取ることで商品情報が自動で入力される「バーコード出品」機能の提供を本日より開始します。本機能は、楽天で取り扱う数百万点の商品データと連携することにより、一部の雑誌や洋書、輸入盤のCD・DVDにも対応しています。
 


  「ラクマ」では、本のカテゴリにおいて2017年から2018年の取引件数が4.25倍に増えています。その一方で、ラクマユーザーを対象に実施した書籍に関するアンケート調査(※)では「不要になった本が自宅で眠っている」と答えたラクマユーザーが81.7%に達していることが分かりました。また、アンケートのフリー回答では「出品したいが忙しくて時間がない」、「出品したい本が多すぎて作業が追いつかない」など、出品時の手間についての悩みも多数見られました。そこで、出品時の手間を軽減し、取引をより活性化するために、本機能を実装しています。

 「ラクマ」は今後も、ユーザーファーストの考えに基づき、お客様が安心安全にお取引いただける環境整備に取り組んでまいります。

※2019年7月調べ、対象: ラクマユーザー 2,675名

■「バーコード出品」機能について
開始日: 2019年8月19日(月)
対応OS: iOS 11.0、Android 5.0以上
機能:
出品画面で「バーコードを読み取る」を選択し、出品したい商品のバーコードをスキャンします。スキャン完了後、商品のカテゴリや商品名などの説明入力時に参考となる情報が自動で入力されます。
 

                                          「バーコード出品」機能 使用イメージ

対象カテゴリ: 本、漫画、雑誌、CD、DVD/ブルーレイ、ゲームソフト/ゲーム機本体
※一部の雑誌や洋書、輸入盤CD・DVDにも対応しています。



ラクマ公式ガイド:https://faq.fril.jp/guide/first/sell/barcode/

【フリマアプリ「ラクマ」について】
 「ラクマ」は、日本初のフリマアプリ「フリル」と、楽天のフリマアプリ「(旧)ラクマ」が2018年2月に統合して生まれたサービスです。不要になったものを、次に必要とする人へつなぐプラットフォームとして、新しい消費の価値を生み出すことを目指しています。2018年6月には、新潟県新潟市に初の地方拠点を開設し、カスタマーサポートのさらなる強化に尽力しています。販売手数料の安さなどを強みに、2019年7月時点で2,000万ダウンロードを突破しました。
https://fril.jp

以 上
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 楽天株式会社 >
  3. フリマアプリ「ラクマ」、「バーコード出品」機能を提供開始