鴨川シーワールド 世界最大級のセイウチの全身骨格標本を公開

2022年1月までの日曜日に セイウチ特別レクチャー&3種類の全身骨格標本観察会を実施

現在公開中のメガマウスザメとシャチの全身骨格標本 / 公開準備中のセイウチの全身骨格標本現在公開中のメガマウスザメとシャチの全身骨格標本 / 公開準備中のセイウチの全身骨格標本

 株式会社グランビスタ ホテル&リゾート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:須田貞則)の基幹施設である鴨川シーワールド(千葉県鴨川市、館長:勝俣浩)では、2021年12月10日(金)より、ロッキーワールド地階特設会場にて、世界的にも貴重なセイウチの全身骨格標本(オス・成獣)の展示を開始します。

 当標本は、お客様がセイウチの生態や形態について、より深い知識を得るきっかけとなることを目的として作製しました。現在、セイウチの全身骨格標本は国内で数点が展示されており、いずれも幼獣やメス個体のものですが、今回展示を開始する標本は、国内はもちろん世界でも類を見ない大きさで、上あごから伸びるキバの長さは90㎝を超える大変立派なものです。また、当館で飼育していた個体であることから、幼獣から成獣までの飼育記録が残されており、舌骨や陰茎骨など、他の標本には存在しない骨格が全てそろっているため、学術的にも大変貴重な資料です。

 標本は、鰭脚類形態学の第一人者である、国立科学博物館地学研究部生命進化史研究グループ・グループ長の甲能直樹博士が監修し、(株)西尾製作所の最新技術により作製されました。甲能博士は、「国内外におけるセイウチの全身骨格標本は、アメリカのスミソニアン博物館所蔵(非展示)のものを除き、オス個体でも若い個体のものが多く、セイウチの特徴であるキバもフルサイズに達していないものがほとんどで、今回の標本はその大きさと完成度の高さから、世界に誇れるものである」と評しています。

 セイウチの全身骨格標本の展示公開に伴い、メガマウスザメとシャチの全身骨格標本を合わせた3種類(魚類・鯨類・鰭脚類)の標本がロッキーワールド地階の特設会場で一度に観察できることとなり、12月~1月にかけての日曜日(一部除外日あり)に、セイウチの飼育に関する特別レクチャーと3種類の全身骨格標本の観察会を行います。

 特別レクチャーと全身骨格標本観察会、およびセイウチの全身骨格標本展示の詳細に関しては下記の通りです。

【特別レクチャー「セイウチの飼育」および全身骨格標本観察会 詳細】
 セイウチの飼育に関する特別レクチャーをマリンシアターで行った後、今回公開するセイウチの全身骨格標本を含む3種標本各々について、実物を観察しながら、担当の係員が解説します。

開催日程:2021年12月12日(日)・19日(日)・26日(日)・2022年1月9日(日)各日1回
開始時間:13:00~ マリンシアター集合
開催場所:マリンシアターおよびロッキースタジアム地階特設会場
参加方法:参加無料 ※但し、別途入館料金が必要

【セイウチ全身骨格標本展示 詳細】
展示開始:2021年12月10日(金) ※以降通年の展示を予定
展示場所:ロッキーワールド地階 特設会場
展示個体:セイウチ「タック」
1983年12月にロシア(旧ソビエト連邦共和国)より搬入。当館で9頭の子どもの父親となる。2019年10月に死亡。飼育日数13,093日は国内最長の飼育記録である。体長3m、体重1,000㎏を超える堂々たる姿は、多くのお客様の注目を集めた。


■グランビスタ ホテル&リゾートについて
グランビスタ ホテル&リゾートは、北海道で初めての本格的洋式ホテルとして誕生した北の迎賓館・札幌グランドホテルを有し、全国各地にシティホテル、ビジネスホテル、温泉旅館、総合海洋レジャー施設、ゴルフ場、ハイウエイレストランなどの施設運営を通じ、ホテル運営受託事業を展開、地域とともに歩んでいます。

企業名:株式会社グランビスタ ホテル&リゾート
所在地:東京都千代田区内神田2-3-4 S-GATE大手町北5F
創立 :1958年8月27日
資本金:1億円
代表取締役社長:須田 貞則
TEL :03-5209-4121 (代表)
URL :http://www.granvista.co.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/granvista.co.jp

≪施設一覧≫ 札幌グランドホテル / 札幌パークホテル / 熊本ホテルキャッスル(提携施設) / ホテルインターゲート京都 四条新町 / ホテルインターゲート東京 京橋 / ホテルインターゲート広島 / ホテルインターゲート金沢 / ホテルインターゲート大阪 梅田(2021年4月開業) / 銀座グランドホテル / ホテル・ザ・ルーテル / 京町家 京都二条 さわら木の宿 / 京町家 京都ぎをん 八坂の宿 / 白良荘グランドホテル / ホテルゆもと登別 / 鴨川シーワールド / 鴨川シーワールドホテル / 神戸市立須磨海浜水族園(指定管理) / 苫小牧ゴルフリゾート72 / 佐野ハイウエイレストラン / 足柄ハイウエイレストラン / 大津ハイウエイレストラン

■鴨川シーワールド概要
名称 :鴨川シーワールド
所在地:〒296-0041千葉県鴨川市東町1464-18
TEL :04-7093-4803
開業 :1970年10月1日
休館日:不定休
入館料:大人 3,000円、小人(小学生・中学生) 1,800円
    幼児(4歳以上) 1,200円、60歳以上の方 2,400円
URL :http://www.kamogawa-seaworld.jp
Facebook:https://www.facebook.com/kamosea
Twitter:https://twitter.com/kamoseaOfficial

800種11,000点の海の動物を展示。海の王者シャチをはじめ、イルカ、アシカ、ベルーガ4つの動物パフォーマンスが人気!ご家族や友人、そして大切な人とともに、海の仲間たちとの楽しい癒しのひと時をお楽しみください。
※鴨川シーワールドは、グランビスタ ホテル&リゾートのグループ施設です。グランビスタ ホテル&リゾートは、北海道で初めての本格的洋式ホテルとして誕生した北の迎賓館・札幌グランドホテルを有し、全国各地にシティホテル、ビジネスホテル、温泉旅館、総合海洋レジャー施設、ゴルフ場、ハイウエイレストランなどの施設運営を通じ、ホテル運営受託事業を展開、地域とともに歩んでいます。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. グランビスタ ホテル&リゾート >
  3. 鴨川シーワールド 世界最大級のセイウチの全身骨格標本を公開