「防災×RPG」という、異色の組み合わせ家族で楽しめる防災本『防災クエスト』発売


2021年3月に東日本大震災発生から10年を迎えるにあたり、株式会社小学館クリエイティブは2月24日(水)に書籍『防災クエスト』(著者:辻直美)を発売します。本書は防災とRPG(ロール・プレイング・ゲーム)を組み合わせた、これまでにないコンセプトの防災本です。
 

『防災クエスト』
著者:辻直美 絵:エイイチ
発売日:2021年2月24日
ISBN:978-4-7780-3562-4
定価:本体1,200円+税
発売:小学館
発行:小学館クリエイティブ
http://www.shogakukan-cr.co.jp/book/b555544.html


 

●災害は怖いけど、防災はおもしろい
  著者は国際災害レスキューナースの辻直美さん。東日本大震災や西日本豪雨(平成30年7月豪雨)などで救助を行い、2019年発行の著書『レスキューナースが教えるプチプラ防災』(扶桑社刊)はベストセラーになりました。
  辻さんが提唱する防災のテーマは「災害は怖いけど、防災はおもしろい」。多くの人は防災を難しく考えすぎ、自分でハードルを上げている側面があると感じている辻さんは、防災を真面目に捉えすぎず、遊びだと思って取り組むことが大切だと指摘します。
  そこで本書は、防災へのハードルを下げ、家族全員がゲーム感覚で取り組めるよう、RPGの要素を取り入れました。著者が課す防災ミッションを攻略してレベルを上げ、家族を守る“防災勇者”を目ざす、というストーリー仕立ての漫画で、防災を楽しく、気軽に学ぶことができます。

●家族みんなで防災ミッションを攻略しよう
・著者が考案した13の防災ミッションを漫画で紹介します。家族で協力してミッションを攻略し、防災勇者になろうという、RPGを模したストーリー。


・ミッション「防災ウォークをしよう」では、冒険に出る感覚で防災に取り組めるほか、「やってみたことが大事」と、読者のハードルを下げてくれます。


・「リュックに給水する方法」「災害用トイレのつくり方」など、経験豊富な著者ならではの防災テクニックを紹介する図解ページもあります。


●著者のコメント
「私の考える防災は、日常の延長にあるものです。だから、だれにでもできる。子どもにも高齢者にも、普段はなかなか家事に協力しないパパにだってできる(笑)。家の中にあるものでできて、しかも簡単。やろうと思えばすぐ始められる。この気軽さがポイントです。だから私の考える防災は、ハマるとめっちゃおもろいんです」(本文より抜粋)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社小学館 >
  3. 「防災×RPG」という、異色の組み合わせ家族で楽しめる防災本『防災クエスト』発売