ミラーレス一眼の「今」がすべてわかる! CAPA4月号は3月20日(月)発売!!

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:碇 秀行)は、カメラ専門誌「CAPA(キャパ)4月号」(特別定価:本体704円+税)を3月20日(月)に発売いたします。


カメラ・写真を愉しむための専門誌「CAPA」の4月号では、ついに一眼レフカメラに迫る高速AF&連写性能を身につけたミラーレス一眼カメラをイッキに集めて一斉テスト! 高速連写モデルの代表格・パナソニックGH5とオリンパスOM-D E-M1マークⅡのガチンコ対決や、フルサイズミラーレス・ソニーα7シリーズ、さらにはAPS-Cセンサー搭載の富士フイルムX-T2、ソニーα6500、キヤノンEOS M5を、使い勝手を含めたあらゆる角度から比較研究しています。ほかにも、各社から出揃った3600万画素オーバー高精細マシンの実力分析企画や、キヤノンEOS9000DやペンタックスKPといったニューモデルの実写レポートなど、CAPAお得意のハード記事が満載。さらに、風景写真家の深澤武さんが解説する「春の里山」の撮り方、CP+2017で見つけた最新アクセサリー情報などなど、春の撮影シーズンを楽しむならマストバイの1冊です!

■商品概要
書名:CAPA(キャパ)4月号
特別定価:本体704円+税
発売日:2017年3月20日
判型:AB判/178ページ
発行所:(株)学研プラス

【ネット書店でのご購入はコチラ】
・Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/B06XCG8255
・楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/rb/14752823/
・セブンネット http://7net.omni7.jp/detail/1204299785

パナソニックとオリンパスの両フラッグシップ機をガチンコで比較パナソニックとオリンパスの両フラッグシップ機をガチンコで比較

富士フイルムGFX50S登場でさらに賑やかになった高精細モデル群富士フイルムGFX50S登場でさらに賑やかになった高精細モデル群

春らしい里山の景色を切り取るヒントを豊富な作例とともに紹介春らしい里山の景色を切り取るヒントを豊富な作例とともに紹介

カメラバッグ、フラッシュ、プリンターほか、気になる用品をチェック!カメラバッグ、フラッシュ、プリンターほか、気になる用品をチェック!

年に一度のカメラの祭典を現地から詳細にレポートしています年に一度のカメラの祭典を現地から詳細にレポートしています

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 学研ホールディングス >
  3. ミラーレス一眼の「今」がすべてわかる! CAPA4月号は3月20日(月)発売!!