プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社リクルート
会社概要

「じゃらん人気温泉地ランキング2021」居住地別の訪問温泉エリア変化ランキング(「全国温泉地1年間の訪問経験ランキング」より)を発表

2020年4月以降は居住地を中心とした近場の温泉エリアへの訪問率がアップ

株式会社リクルート


株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区 、代表取締役社長:淺野 健)の観光に関する調査・研究、地域振興機関「じゃらんリサーチセンター」(センター長:沢登 次彦)は、旅行サイト『じゃらんnet』会員を対象に、温泉地利用に関するアンケートを実施し「じゃらん人気温泉地ランキング2021」を2020年12月10日(木)に発表しました。今回は調査の中より、「全国温泉地1年間の訪問経験ランキング」の居住地別の訪問経験エリアの伸び率ランキング(エリア別、都道府県別)を発表いたします。「じゃらん人気温泉地ランキング2021」は本年度で15回目の実施となります。

居住地別の訪問温泉エリア変化ランキング(「全国温泉地1年間の訪問経験ランキング」より)」
すべての居住地において、居住している近隣エリアの温泉地への訪問率が上昇


◆北海道居住者…………北海道エリアの温泉地への訪問率が10.70ポイントアップ(※北海道)
◆東北居住者……………東北エリアが13.33ポイント(※山形県)
◆関東・甲信越居住者…関東・甲信越エリアが12.47ポイント(※新潟県)
◆東海居住者……………東海エリアが15.56ポイント(※静岡県)
◆北陸・関西居住者……北陸・関西エリアが7.53ポイント(※兵庫県)
◆中国・四国居住者……中国・四国エリアが20.89ポイント(※山口県)
◆九州・沖縄居住者……九州エリアが11.42ポイント(※長崎県)

2020年4月の緊急事態宣言の発令により、外出自粛や県をまたぐ不要不急の移動自粛などがあった。その影響を把握するために、「2019年8月頃~2020年3月末」と「2020年4月~8月頃」の期間に分けた訪問率(構成比)を比較して変化を集計。(※=各エリア1位の都道府県)

調査概要
「じゃらん人気温泉地ランキング2021」

https://www.recruit-lifestyle.co.jp/uploads/pdf/RecruitLifestyle_jalan_20201210.pdf

◆調査時期:2020年8月30日(日)~ 2020年9月7日(月)
◆調査対象:『じゃらんnet』会員
◆調査方法:インターネット上でのアンケートを実施
◆対象温泉:全国の327温泉地(除く東京都・沖縄県)として設定
◆回収数:1万3,342人 ◎有効回答数:1万3,342人



居住地別の訪問温泉地エリアの変化ランキングベスト3(エリア別)

●すべての居住者エリアで、居住している自エリアの温泉地への訪問率が上昇
中国・四国居住者は、中国・四国エリアの温泉地への訪問率が20.89ポイントと最もアップ

北海道居住者は北海道エリアの温泉地への訪問率が10.70ポイントアップ、東北居住者は東北エリアが13.33ポイントアップ、関東・甲信越居住者は関東・甲信越エリアが12.47ポイントアップ、東海居住者は東海エリアが15.56ポイントアップ、北陸・関西居住者は北陸・関西エリアが7.53ポイントアップ、中国・四国居住者は中国・四国エリアが20.89ポイントアップ、九州・沖縄居住者は九州エリアが11.42ポイントアップと、すべての居住エリアで自エリア内の温泉地への訪問が上昇している。
 

 

 

居住地別に、最近1年間(*)に「行ったことがある」温泉地を訪問エリア単位で集計

*最近1年間=2019年8月頃から2020年8月頃までを指し、
「2019年8月頃~2020年3月末」と「2020年4月~8月頃」のエリア別訪問率(構成比)を比較


居住地別の訪問温泉地エリアの変化ランキングベスト3(都道府県別)

●居住地エリア別に最も変化の大きかった都道府県はそれぞれ、北海道、山形県、新潟県、静岡県、兵庫県、山口県、長崎県となる

北海道居住者は北海道の温泉地への訪問率が10.70ポイントアップ、東北居住者は山形県の温泉地への訪問率が5.06ポイントアップ、関東・甲信越居住者は新潟県の温泉地への訪問率が2.95ポイントアップ、東海居住者は静岡県の温泉地への訪問率が7.15ポイントアップ、北陸・関西居住者は兵庫県の温泉地への訪問率が4.01ポイントアップ、中国・四国居住者は山口県の温泉地への訪問率が4.66ポイントアップ、九州・沖縄居住者は長崎県の温泉地への訪問率が5.34ポイントアップしている。
 

居住地別に、最近1年間(*)に「行ったことがある」温泉地を訪問都道府県単位にして集計
*最近1年間=2019年8月頃から2020年8月頃までを指し、
「2019年8月頃~2020年3月末」と「2020年4月~8月頃」の都道府県別訪問率(構成比)を比較


詳細は下記リンクよりPDFをご覧ください
https://www.recruit-lifestyle.co.jp/uploads/pdf/RecruitLifestyle_jalan_20201216.pdf

▼リクルートライフスタイルについて
https://www.recruit-lifestyle.co.jp

【本件に関するお問い合わせ先】
https://www.recruit-lifestyle.co.jp/support/press

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
ビジネスカテゴリ
ホテル・旅館旅行・観光
ダウンロード
プレスリリース.pdf
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社リクルート

315フォロワー

RSS
URL
https://www.recruit.co.jp/
業種
サービス業
本社所在地
東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
電話番号
-
代表者名
北村吉弘
上場
未上場
資本金
-
設立
-
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード