SOLAKZADE TRUNK SHOW開催。ビンテージアイウエア1000本が集う。

ビンテージアイウエア専門店〈SOLAKZADE(ソラックザーデ)〉のトランクショーを伊勢丹新宿店にて開催いたします。

ソラックザーデの1万本を超える膨大なビンテージアイウエアコレクションの中から、 今回のトランクショーに合わせてレディースに特化した全1000本を販売いたします。 全て1点物の貴重なアイウェアとなり、デッドストックながら未使用品であり、遠近両用を含む度付きレンズにも対応いたします。

展開アイテムは、 1950年代フランス製のマリリンモンローを彷彿させるキャットアイ眼鏡、 1960年代アメリカ製のビンテージレイバン、 1970年代初頭のアヴァンギャルドなビッグシェイプサングラスから、 1980年代バブル期の贅沢な作りのジャパンビンテージ、1990年代ランウェイを飾ったブランドたちのサングラスまで。 1900年代の各時代を縦横無尽にタイムトラベルさせてくれる珠玉のコレクションを取り揃えています。

店頭ではアイテムの背景にある時代や国、シェイプやディティール、素材の特徴を伝えることに加えて、 豊富な商品知識と確かなセンスを持ち合わせたソラックザーデのスタッフが 直接一人ひとりのファッション、ライフスタイル、着用シーンに合うベストな1本をご提案いたします。 購入後のサポートも、できる限り長くお使いできるよう半年~1年ごとのフレームメンテナンス、レストアを無料対応と充実しております。

期間中に100,000円以上ご購入いただいた先着30名の方にソラックザーデ特製サングラスケース(3本用)をプレゼントいたします。 ※数に限りがございますので、なくなり次第終了とさせていただきます。

<SOLAKZADE/ソラックザーデ>
ヴィンテージアイウェアの専門店である「Solakzade Optician(オプティシャン)」と、 ヴィンテージジュエリーの専門店である「Solakzade Jeweler(ジュエラー)」、 そして製法を歴史的に研究して唯一無二のオリジナルプロダクツを生み出している「Solakzade Original(オリジナル)」を 展開する、東京原宿の秘密基地。 2005年に大阪で、岡本龍允と岡本竜の兄弟が、日本初のヴィンテージアイウェアの 予約制ショールームとしてオプティシャン部門をスタート。 2011年からはオリジナル部門を始動。 2012年7月から拠点を東京に移し、原宿表参道沿いゴローズビルの地下に旗艦店をオープン。 2015年1月にはジュエラー部門をスタートさせている。

「SOLAKZADE TRUNK SHOW –ビンテージアイウエア1000本‐ 」
会期:5月15日(水)~5月28日(火)
場所:伊勢丹新宿店本館3階=センターパーク/プロモーション
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 三越伊勢丹ホールディングス >
  3. SOLAKZADE TRUNK SHOW開催。ビンテージアイウエア1000本が集う。