動作時の変数をモニタ / 視覚化するマルチOS対応ツールSTM32CubeMonitorを発表

STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、新しいソフトウェア・ツールのSTM32CubeMonitorを発表しました。同ツールは、STM32マイクロコントローラ(マイコン)を使用したアプリケーションの動作中の変数をリアルタイムに表示し、任意のOS環境(Windows®、Linux、MacOS®)でグラフィック表示をカスタマイズできます。

STM32CubeMonitorは、簡単に活用できるさまざまな機能を備えています。グラフィック・フロー・エディタでは、アイテムや機能をドラッグ・アンド・ドロップで簡単に使用することができるため、プログラミングをせずにカスタム・ダッシュボードの作成や、ゲージ、棒グラフ、およびプロットといったウィジェットの追加が可能です。また、Node-REDのオープン・コミュニティを活用して、さまざまなアプリケーションに対応した拡張機能を利用できます。

STM32CubeMonitorは、マルチフォーマットのディスプレイに対応しており、PCやタブレット、モバイル機器など、さまざまなホスト機器でアプリケーションの動作を視覚化することができます。また、遠隔でのデータ取得にも対応しているため、ネットワークを介してアプリケーションをモニタし、複数の機器を同時にテストすることができます。さらに、非侵入型のリアルタイム書込み機能を備えたリアルタイムの変数モニタにより、モータ制御のような停止させることができないアプリケーションの微調整も可能です。

STM32CubeMonitorには、2種類の機能モードがあり、用途に応じて使用することができます。Designモードでは、アプリケーションに応じた新しいモニタ用ユーザ・インタフェースの作成・編集が可能です。Operatorモードでは、作成されたユーザ・インタフェースを簡単に展開し、実際に画像を表示したり、フィールド・テストを行うことができます。さらに、STM32CubeMonitorのユーザは、作成した独自のフローをST Communityで共有することができます。

STM-STUDIO-STM32の後継となるSTM32CubeMonitorは、ウェブサイトから無償でダウンロードでき、STM32マイコン・ベースのシステム開発に活用できます。
https://www.st.com/ja/development-tools/stm32cubemonitor.html )

技術資料はすべて、新しいSTM32 MCU wikiから入手可能です。
( https://wiki.st.com/stm32mcu/wiki/STM32CubeMonitor_tool_suite_overview

STM32は、STMicroelectronics International NVもしくはEUおよび / またはその他の地域における関連会社の登録商標および / または未登録商標です。STM32は米国特許商標庁に登録されています。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、私たちの暮らしに欠かすことのできないエレクトロニクス機器に、優れた性能と高い電力効率を特徴とした半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。あらゆるシーンで活躍するSTの製品は、お客様が開発する次世代モバイルやIoT機器の他、よりスマートな自動車、工場、都市および住宅を可能にします。STは、生活をより豊かにする技術革新を通じ、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。STは、10万社を超えるお客様に半導体を提供しており、2019年の売上は95.6億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( http://www.st.com )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
マイクロコントローラ & デジタル製品グループ
TEL : 03-5783-8240  FAX : 03-5783-8216
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. STマイクロエレクトロニクス >
  3. 動作時の変数をモニタ / 視覚化するマルチOS対応ツールSTM32CubeMonitorを発表