歌手の西川貴教さんが「第10回 MF文庫J ライトノベル新人賞」を応援! 11月18日(火)ニコニコ生放送決定! 11月25日(火)には受賞作が発売!

KADOKAWA メディアファクトリー

アニメミライ広報大使の歌手・西川貴教さんがライトノベル「MF文庫J」の新人賞を応援! 11月18日(火)ニコニコ生放送の特別番組に西川さんも出演し、各受賞作品についてアツく語る。さらに11月25日(火)には「第10回 MF文庫J ライトノベル新人賞」受賞作が発売! 第10回を記念し、受賞作品をプッシュする10大企画も始動する。

アニメミライ広報大使の西川貴教さんがMF文庫Jの新人賞を応援! さらに10大企画も始動!

2004年よりスタートした「MF文庫Jライトノベル新人賞」は『僕は友達が少ない』の平坂読先生(第0回優秀賞)、『まよチキ!』(第5回最優秀賞)のあさのハジメ先生、『変態王子と笑わない猫。』(第6回最優秀賞)のさがら総先生など、毎年多くの才能を世に送り出してきた。

今回は第10回という記念すべき節目を迎え、アニメミライ広報大使の西川貴教さんがMF文庫Jライトノベル新人賞を応援することが決定。また、それに合わせて今回の新人賞受賞作品をプッシュする10大企画も始動します。

第10回MF文庫Jライトノベル新人賞特設サイト
http://bc.mediafactory.jp/bunkoj/rookie10th-project/




























第10回MF文庫Jライトノベル新人賞 10大企画始動!

アニメミライ広報大使、西川貴教さんによる二コ生配信が決定!
11月18日(火)に放送されるニコニコ生放送の特別番組に西川さんも出演し、各受賞作品についてアツく語る。
※放送時間などの詳細は後日「新人賞」特設サイト等に掲載される。

アニメミライとは・・・
2010年度から始まった文化庁若手アニメーター育成プロジェクト。国内のアニメ制作プロダクションからオリジナルアニメーションの企画を公募し、選考の結果選ばれた4社が、未来を担うアニメーターを育てながら、約25分の短編アニメを制作する。
公式サイト:http://animemirai.jp/
公式Twitter:@AM_Pub

10回目の新人賞を記念して特設サイトがオープン!
http://bc.mediafactory.jp/bunkoj/rookie10th-project/

・・・などなど、大型企画が進行中! 特設サイトにて随時公開します。

そして、11月25日(火)には「第10回 MF文庫J ライトノベル新人賞」受賞作が発売!


最優秀賞
『Y<ヨグ>の紋章師』

著:越智文比古
イラスト:カグユヅ
発行:KADOKAWA
レーベル:MF文庫J
定価(本体580円+税)
発売:11月25日


<あらすじ>
レオン・カーターは、神秘の力を持つ紋章を宿した少年少女が通うここローウェン紋章学園で俺が受け持つ生徒(アホ)だ。一向に開花しない力を<飾りの紋章(デコレーション)>とバカにされても、仲間と気楽な生活を送るこのスケベは、女風呂覗きの罰として、聖堂の掃除を命じられる。そこで不思議な声を聞いたレオンは、聖堂の地下で眠る<Y(ヨグ)の娘>チェルシーと出会う。その矢先、彼女を狙う敵に遭遇し追い詰められ、土壇場で目覚めたのが、無能と蔑まれた右腕の<Yの紋章>――多くの人間を愚弄して嘲笑する忌まわしきクソったれの証。それが全てのはじまりだった。これは、狂気と混沌に立ち向かう“或る運命(さだめ)”の物語。俺たちはたどり着いてみせる、<Y>のその先の未来まで……!

優秀賞
『逃奏劇<エグゾダス>リアクターズ 阿頼耶識冥清の非日常』

著:塀流通留
イラスト:をん
発行:KADOKAWA
レーベル:MF文庫J
定価(本体580円+税)
発売:11月25日



<あらすじ>
「さよなら日常! そしてこんにちは非日常!」次代の最強異能者――阿頼耶識冥清。彼はラブとコメが溢れる非日常を求め、殺伐異能バトル三昧の日常から逃亡した――。クラスの友人とのバカ騒ぎで女子に避けられたり友人主催の合コンで撃沈したり不思議大好き美少女のせいで異能でバトったりもしたけれど、逃亡先での日々は概ね平凡。幸福な非日常を満喫していた。――――だが、過去は決して彼を見逃してはくれない。陰陽八家序列第一位、阿頼耶識家が嫡男。《真言》ではない《新言》という新法則を生み出す程の天才である冥清の非日常は、幼なじみ兼式神の少女の来訪を機に日常へと塗り替えられる――! 異能バトル×ラブコメのハイブリッド現代ファンタジー!

審査員特別賞
『イケニエハッピートリガー』

著:未味なり太
イラスト:らいか
発行:KADOKAWA
レーベル:MF文庫J
定価(本体580円+税)
発売:11月25日



<あらすじ>
――ある日「カミサマ」が全人類の夢の中に現れてこう言いました。人類様を救済いたします! そのために一人の「イケニエ少女」を殺してください。ただし、彼女を「不死」にしました! 彼女を殺す方法はただひとつ――「幸せ」にする事です。それではみなさん、精一杯彼女の事を「幸せにして(ぶっ殺して)」ください! そしてそれから数年後、「カミサマ」によって超能力を得た人類が住む街に、フツウノ異世界から男子高校生・高松裕はやって来た。そこで出逢った少女、「エル」が「イケニエ少女」だとも知らずに彼女のことを「幸せにする」と約束するのだが……。第10回新人賞<審査員特別賞>受賞! 審査会で物議を醸した問題作がここに登場。

佳作
『ひとりで生きるもん! ~粋がるぼっちと高嶺の花~』

著:暁雪
イラスト:へるるん
発行:KADOKAWA
レーベル:MF文庫J
定価(本体580円+税)
発売:11月25日



<あらすじ>
「性格のいい美少女なんてものは、地球上のどこにも存在しない」
そんな信念を持った結果、クラスヒエラルキーの底辺にいるお笑い好きの少年・織田慶人。彼の心のよりどころは校内で唯一交流を持つ文通相手・手紙の君だ。ある日慶人はその手紙の君と会う約束を交わし――強く後悔することになる。そこに現れたのはなんと学校一の美少女・湊千紗だった。たとえぼっちになろうとも、美少女とは決して関わらない。そう誓っていた慶人に、千紗はとんでもないお願いを口にする――「わたしの相方になってください!」第10回新人賞《佳作》受賞、ぼっち×高嶺の花で贈る、「ひとりでだって生きられるけど、やっぱそれって難しいよね」系ラブコメ!

お客様からのお問い合わせ先:
メディアファクトリー カスタマーサポートセンター
TEL 0570-002-001 (月~金 10:00~18:00 祝日を除く)
URL
【www.kadokawa.co.jp】
【mediafactory.jp】


















※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KADOKAWA >
  3. 歌手の西川貴教さんが「第10回 MF文庫J ライトノベル新人賞」を応援! 11月18日(火)ニコニコ生放送決定! 11月25日(火)には受賞作が発売!