「Technics」×BBCラジオDJニック・ラスコムのコラボ映像、80年代の日本のUrban Popsを特集した「TOKYO DREAMING Radio」本日公開

1970年代から、また現在でも国内外で愛されているターンテーブル「SL-1200MK」を生み出した〈テクニクス〉と 日本の音楽をこよなく愛する、英国BBSラジオのDJニック・ラスコム氏がタッグ。ニック氏が80年代のミュージックカルチャーを語る“Nick Luscombe Presents TOKYO DREAMING Radio”を本日公開。


本映像は、ニック氏がキュレーションしたアルバム“TOKYO DREAMING”が、日本コロムビアから本日(29日)リリースされるのを記念し、クラブやライブハウスと協力しつつヴァイナル(アナログレコード)オンリーのDJセットを配信する「ヴァイナル プレイグラウンド(VINYL PLAYGROUND)」の始動などでも話題となったテクニクスサウンドトレーラー内のDJブースで撮影された。

坂本龍一“千のナイフ”をはじめ、オリジナルレコードのジャケットを手に、アルバム収録曲をラジオ番組形式で紹介する映像は、リアルタイムで80sを知る音楽ファンにも、そうでない世代にも楽しめる内容になっている。


ニック氏が語る日本の80年代のミュージックカルチャーと、それをかたちづくるのに重要な役割を担った“メイド・イン・ジャパン”のオーディオ・テクノロジーに対する考察などは 近年の海外における日本音楽ブームを考えるうえでも興味深く、テクニクス「SL-1200MK」ターンテーブルで回る80年代の音楽は2020年の今聞いても新鮮な輝きがある。

<ニック・ラスコム プロフィール>
イギリスのラジオDJ。世界中のあらゆる地域から良い音楽を発掘し、ラジオやDJを通して世界に発信しているミュージック・インフルエンサー。1999年から様々なラジオ番組の選曲を担当し、2010年よりBBCラジオの人気音楽番組『Late Junction』のDJを担当。その他、iTunesの音楽編集者とロンドン現代美術研究所の音楽ディレクターを兼任。音楽、建築、記憶、体験を融合した国際的なサウンドプロジェクトであるMusicityの創設者でもある。2019年10月より翌年3月までTOKYO FM『DEMYSTIFY』のパーソナリティを担当していた。
<公開映像リンク>

https://www.youtube.com/watch?v=iqFKpmcu6iY

 



<リリース情報>
2020/07/29発売
Nick Luscombe presents TOKYO DREAMING
COCP-41172 ¥2,300+税


収録曲
1.THE END OF ASIA / 坂本龍一
2.心臓の扉 / マライア
3.SELF CONTROL / 朝本千可
4.TREASURE HUNTER / 深町純
5.わたしのバス / 村田有美
6.RAINY DRIVER / 当山ひとみ
7.いってモナムール / 清野由美
8.東京 / 古家杏子
9.チャイナタウン・ローズ / 伊藤かずえ
10.TOKYO JOE / 渡辺香津美
11.ジェニーはご機嫌ななめ / ジューシィ・フルーツ
12.SOUL LIFE / 近田春夫&ビブラトーンズ
13.HEARTBEAT / カラード・ミュージック
14.ROOM / 坂田明
15.セミ取りの日 / 清水靖晃
16.THE WORD II / セキトオ・シゲオ
<配信情報>
https://VA.lnk.to/EAADlq

<Official site>  
TOKYO DREAMING:https://columbia.jp/prod-info/COCP-41172/
Trailer:https://www.youtube.com/watch?v=DMGoKwEuHpo
Technics HP:https://jp.technics.com/     
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本コロムビア株式会社 >
  3. 「Technics」×BBCラジオDJニック・ラスコムのコラボ映像、80年代の日本のUrban Popsを特集した「TOKYO DREAMING Radio」本日公開