★ほっこり、かわいいイラストと装丁が毎年大人気★毎日の月の様子を感じながら、日々を過ごすのが愉しくなる『月のこよみ2021』

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2020年10月7日(水)に、『月のこよみ2021』を発売いたします。

 かつて太陽時計の役割はたしていた一方で、こよみの役割を担っていました。


 毎日変化する月の形、朔 (新月)→上弦→望 (満月)→下弦→朔といった「朔望月(満ち欠け)」のサイクルを1ヵ月と数えていた旧暦では、月の変化は日々の生活に直接結びついていました。

 『月のこよみ2021』では、満ち欠けの様子が一目でわかる2021年の「月の満ち欠けカレンダー」をはじめ、旧暦、二十四節気、毎日の月の出没時刻、毎月の星空、古来日本での月の呼び名など役に立つ情報を掲載しています。また、毎月それぞれ、その月に見ておきたい美しい月が見られる「おすすめお月見日和」の項目では、美しい月が見て楽しめる日時と、その様子を紹介します。

 2021年の「おすすめお月見日和」として2夜、紹介しましょう。

 まず1夜目は5月26日。この日はスーパームーン皆既月食が起こり、そのスーパームーンの大きな月が夜空で赤く染まり、絶景を目にすることができます。
 2夜目は11月8日です。昼間に月が金星を隠す「金星食」が起こった後の夕方西の空、三日月にぴたりと寄り添うように煌煌と輝く金星があり、見てもきれい、写真に撮っても映える光景が現れます。

 天体望遠鏡や双眼鏡などの特別な道具がなくても、誰もが眺めて愉しめる身近な星である月は、その存在を感じ、毎日ぼんやりと月を眺めるだけでも心が落ち着き、ゆとりのある時間を過せるようになります。
 
 1年365日、毎日姿を変えていく月を実際に眺めて、愉しんでみるのはいかがでしょうか。

 2021年の月の満ち欠けカレンダーや、月の見える時間や方角、おすすめお月見日和など、月を愉しむための情報が満載。1年365日、毎日姿を変えていく月を、実際に眺めて愉しむためのガイドブック『月のこよみ2021』

 


★2021年、1年間の月の満ち欠けカレンダー

★月面図(月の地名がわかります)

【目次】
●「月のこよみ2021」の使いかた
●2021年のこよみ
2021年の月のニュース/2021年の二十四節気と七十二候/2021年1月のこよみ/2021年2月のこよみ/2021年3月のこよみ/2021年4月のこよみ/2021年5月のこよみ/2021年6月のこよみ/2021年7月のこよみ/2021年8月のこよみ/2021年9月のこよみ/2021年10月のこよみ/2021年11月のこよみ/2021年12月のこよみ
●月とこよみ
月とこよみ/細い月、まるい月、赤い月/月の和名/満月の十五夜/月をみつける/月の満ち欠け/月齢の数えかた
●2021年~2024年の月の満ち欠け

表紙裏 :2021年の月齢カレンダー/2021年の朔望月
裏表紙裏:月面図/月のデータ

監修者プロフィール】
相馬 充(ソウマ ミツル)
東京大学東京天文台助手・国立天文台助手・主任研究員を経て,現在,国立天文台助教。専門分野は位置天文学・歴史天文学。雑誌『月刊天文ガイド」や『天文年鑑』で天文現象や天文学についての解説記事を長年にわたり執筆。

【書籍概要】
書 名:月のこよみ 2021
監 修:相馬 充 
判 型:B6判、104ページ
定 価:本体1,000円+税
配本日:2020年10月7日(水)
ISBN:978-4-416-62041-0

【書籍のご購入はこちら】
誠文堂新光社 書籍紹介ページ:https://www.seibundo-shinkosha.net/book/astronomy/50015/

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ:http://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック:https://www.facebook.com/seibundoshinkosha/
ツイッター:https://twitter.com/seibundo_hanbai
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社誠文堂新光社 >
  3. ★ほっこり、かわいいイラストと装丁が毎年大人気★毎日の月の様子を感じながら、日々を過ごすのが愉しくなる『月のこよみ2021』