ギャランティーク和恵、ミッツ・マングローブ書下ろしの新曲をリリース

ギャランティーク和恵のNEW SINGLEが本日より配信スタートした


オリジナルの新曲『涙、雨、アデュー』は、アダルト歌謡路線で、雨の都会で出会った見知らぬ二人が禁断の恋に耽っては別れを惜しむ、激しい熱情を歌った作品。和恵が参加するユニット「星屑スキャット」のメンバーでもあるミッツ・マングローブの作家としてのペンネーム「都々美洲平」名義で書き下ろした。

そして雨の季節にピッタリな歌謡曲の隠れ名曲『兆しのシーズン』は、中島みゆきのシングル『ジェラシージェラシー』のB面曲のカバーで、雨の夜に別れの気配を感じながらも思いを馳せる、静かな熱情を歌った作品。

どちらも湿度の高い恋心を歌った楽曲で、アダルト歌謡でありながら古さを感じさせないエッジの効いた現代的なアレンジへと昇華させた、気鋭のトラックメイカーでギタリストのKASHIFによるサウンドも聴き所となっている。

 
<リリース情報>
2020年7月29日 配信限定リリース涙、雨、アデュー
COKM-42920 


収録曲
1. 涙、雨、アデュー 作詞・作曲:都々美洲平
2. 兆しのシーズン 作詞:中島みゆき/作曲:筒美京平
All Tracks Arranged & mixed by KASHIF


<配信情報>
https://VA.lnk.to/iIY4T6  


※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本コロムビア株式会社 >
  3. ギャランティーク和恵、ミッツ・マングローブ書下ろしの新曲をリリース