医師おおたわ史絵が、母との関係をつづった壮絶なエッセイ『母を捨てるということ』刊行!本人からのコメントも

“毒親”、そして依存症に悩むすべての人へ…テレビでは明かされなかった衝撃の真実が続々

医師・コメンテーターとして活躍するおおたわ史絵さんの書き下ろしの最新刊『母を捨てるということ』を、9月7日に発売しました。
おおたわさんは、幼い頃から母の機嫌に振り回され、常に顔色をうかがいながら育ってきました。そんな母が薬物依存症の末に孤独死したことをテレビで公表し、大変な話題を呼びました。本書では、幼少期からの過酷な体験、親との別れ、そして母の呪縛からどうやって逃れたのかを克明につづります。

異常なほど娘に執着した母親。やがて彼女は薬物依存症に陥った。
「いっそ死んでくれ」と願う娘と「産むんじゃなかった」と悔やむ母。母に隠されたコンプレックス、そして依存症家族の未来とは。
医師として活躍する著者の知られざる告白。

【おおたわ史絵さんからのコメント】
誰にも言えなかった秘密の話を書いてしまいました。


【本書の内容】
●第一章

わたしが医者になった理由
顔色をうかがう子
タバコの火
代理ミュンヒハウゼン症候群
自傷行為と優しい手
悪夢の始まり
オピオイド
注射器の転がる食卓
誤解
発覚
壊れていく母
逃げ場所を求めて
美しい母と醜い娘
父からのSOS

●第二章
ダルク
六つの特徴
依存症外来
入院? わたしが?
ミーティングという治療
つらいのはわたしだけじゃない
イネイブラーはもうやめる
父娘の死刑宣告
命がけの大勝負
娘は悪魔
戦友・父の死
良い娘をもって幸せでした
喪主のいない告別式
狼少年と母
母を殺してしまおう
透明人間
カウントダウン
密やかな最期
消えたノイズ

●第三章
タブー解禁
言えなかった秘密
生きるためのドーピング
溺れる人と浮き輪の話
寂しいネズミ
PIUSテクニック
たった一度の涙
贖罪
終わりのない旅

【著者プロフィール】
おおたわ史絵(おおたわ・ふみえ)

総合内科専門医。法務省矯正局医師。東京女子医科大学卒業。大学病院、救命救急センター、地域開業医を経て現職。刑務所受刑者の診療に携わる、数少ない日本のプリズンドクターである。ラジオ、テレビ、雑誌など各メディアでも活躍中。

【書誌情報】
タイトル:母を捨てるということ

著者:おおたわ史絵
発売日:2020年9月7日(月曜日)
定価 :1400円+税
仕様:四六判・240ページ
発行:朝日新聞出版
https://www.amazon.co.jp/dp/4022517158
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社朝日新聞出版 >
  3. 医師おおたわ史絵が、母との関係をつづった壮絶なエッセイ『母を捨てるということ』刊行!本人からのコメントも