当代随一の数寄者・潮田洋一郎氏による、名品道具の数々を用いた 珠玉の茶事9席を収録『数寄の真髄』2月20日(土)刊行

株式会社世界文化社は、究極の名品道具で問う自由自在な茶事、珠玉の茶事9席を収録した書籍『数寄の真髄』を2月20日(土)に刊行します。

究極の名品道具で問う、自由自在な茶事の記録
当代随一の数寄者・潮田洋一郎氏が一茶庵・佃一輝宗匠と作り上げる、約束事にとらわれない茶事の数々。重要文化財3点、重要美術品4点を含む垂涎の名品道具を自在に使いこなす、至福の時間が一冊になりました。
 
  • 珠玉の茶事9席を収録
 独創的なテーマのもと、濃茶、薄茶、煎茶の垣根を越え、自在に組み合わせた9席の茶事を収録。床の書画や花入をはじめとした道具はいずれ劣らぬ名品ぞろいで、読者を一期一会のドラマへと誘います。

第一章 茶の湯の開放 葉山にて より「洞庭湖」第一章 茶の湯の開放 葉山にて より「洞庭湖」

左から)佃一輝宗匠、、潮田洋一郎氏左から)佃一輝宗匠、、潮田洋一郎氏

一客一亭の数寄談義
空間と道具がととのえられ、そこに亭主と客の交わりがあって、茶という場は成立します。道具を介して交わされる主客の会話を座談形式でまとめました。思わぬ方向に展開する二人の対話も、茶事の魅力といえましょう。
 

利休 共筒 天正二年春利休 共筒 天正二年春

迫力の写真と臨場感
すべての写真は、進行する茶事の現場で新規に撮り下ろしました。床にかかる書画や花、濃茶が練られる茶碗、道具を賞玩する主客、そしてさまざまな角度から細部に迫った道具など、茶席の臨場感が追体験できます。
 
  • 本書に掲載された主な名品道具

 

左より)大名物 山名肩衝、遠州尺八竹花入 銘 深山木、顔輝筆 二仙図左より)大名物 山名肩衝、遠州尺八竹花入 銘 深山木、顔輝筆 二仙図

左より)利休 共筒 天正二年春、重要文化財 光悦作赤楽茶碗 銘 乙御前、御所丸茶碗 銘 古田高麗左より)利休 共筒 天正二年春、重要文化財 光悦作赤楽茶碗 銘 乙御前、御所丸茶碗 銘 古田高麗

●重要文化財

・熊野懐紙 源通親 「山河水鳥 旅宿埋火」
・光悦作赤楽茶碗 銘 乙御前
・「大手鑑」
●重要美術品
・伝 弘法大師筆 南院切 新撰類林抄断簡
・顔輝筆 二仙図
・渡辺華山筆 佐藤一斎像「第十一 迫真」
・山名肩衝
●大名物
・山名肩衝
(重要美術品と重複)
●名物
・遠州尺八竹花入 銘 深山木
・唐物 浅野文琳茶入
・唐物 道蓮文琳茶入
・御所丸茶碗 銘 古田高麗
・与次郎作 小阿弥陀堂釜


潮田洋一郎(うしおだ よういちろう)
1953年東京に生まれる。東京大学、シカゴ大学卒業。東京大学ヒューマニティーズセンターLIXIL潮田東アジア人文研究拠点名誉フェロー。LIXILグループ元CEO、元取締役会議長。80年代後半に裏千家の伊住政和氏との出会いで茶の湯を知り、90年代には一茶庵で煎茶にも親しむ。大師会、光悦会評議員。著書に 『数寄語り』 (2016年)

佃一輝(つくだ いっき)
1952年大阪に生まれる。江戸後期以来、文人趣味の煎茶を伝える一茶庵宗家の当代。煎茶道とは異なる「文人茶」の伝承と再生をはかり、「文会」としての茶事を提唱。著書に『煎茶の旅〜文人の足跡を訪ねて』(1985年)、『おいしいお茶9つの秘伝・煎茶を愉しむ』( 2000年) など。茶の湯文化学会理事。
 


<刊行概要>
『数寄の真髄 』
■著者:潮田洋一郎
■発売日:2021年2月20日(土)
■定価:6,600円(税込)
■発行:株式会社世界文化社
https://www.amazon.co.jp/dp/4418219005/sekaibunkacom-22
※一部書店により発売日が異なります。

<目次>
第一章 茶の湯の開放 葉山にて
    ・洞庭湖
    ・文を継ぐ者
第二章 山中の居所 箱根にて
    ・師弟
    ・山居
第三章 市中の隠 永田町にて
    ・白梅
    ・茶の仙郷
第四章 薄茶の粋
    ・楊貴妃 
    ・呉春の情
    ・天の川
    ・文会















 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社世界文化ホールディングス >
  3. 当代随一の数寄者・潮田洋一郎氏による、名品道具の数々を用いた 珠玉の茶事9席を収録『数寄の真髄』2月20日(土)刊行