『SCHOOL OF LOCK!』の卒業LIVEプロジェクトMY GENERATION 2017supported by J:COM

BLUE ENCOUNTによる卒業LIVE 開催地決定!LIVEの模様や舞台裏を、J:COMのコミュニティチャンネルで放送!

TOKYO FMをはじめとするJFN38局ネットで放送中の10代向け人気番組『SCHOOL OF LOCK!』(月-金22:00~放送)と株式会社ジュピターテレコム(J:COM、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:牧俊夫)の卒業LIVEプロジェクト「MY GENERATION 2017 supported by J:COM」の開催地が、全国から寄せられた多数の応募の中から、熊本県に決定しました。SCHOOL OF LOCK!が熊本県内の高校を訪れ、卒業LIVEを開催します。
卒業LIVEをお届けするのは、毎週水曜日にレギュラーコーナー『ブルエンLOCKS!』の講師をつとめている「BLUE ENCOUNT」。この模様は、SCHOOL OF LOCK!番組内にてオンエアいたします。
さらに、このLIVEに加えて舞台裏まで迫る特別番組を、J:COMのコミュニティチャンネル「J:COMチャンネル」「J:COMテレビ」で放送します。どうぞお楽しみに。
◆BLUE ENCOUNTが熊本県内の高校でサプライズLIVE!!開催校は…当日までのお楽しみ!!


“さよなら”も“ありがとう”も全部、その体に刻み込め。歌おう。叫ぼう。過ごした日々を、強く抱きしめよう。何

年経っても色褪せない強烈な瞬間を、“僕らの世代”に残そう。そんな思いが込められた『SCHOOL OF LOCK!』の卒業LIVEプロジェクト「MY GENERATION 2017 supported by J:COM」の開催地が、熊本に決定しました。SCHOOL OF LOCK!が熊本県内の高校でBLUE ENCOUNTによる卒業LIVEをお届けします。どの高校を訪れるかは当日までのお楽しみ…!

◆LIVEの模様や舞台裏を特別番組としてJ:COMで放送!!

 


J:COMでは、BLUE ENCOUNTによる”サプライズ卒業LIVE”の模様をコミュニティチャンネルで放送します。卒業LIVEはもちろんの事、LIVEにかける番組スタッフやBLUE ENCOUNTメンバーの情熱、応募した生徒の願いや受け入れた先生達の想いに迫ります。BLUE E

 

NCOUNTと卒業を迎える高校生達が交わる音楽イベントを是非ご覧ください!
 



◆「SCHOOL OF LOCK!」と熊本県のつながり


『SCHOOL OF LOCK!』が初めて熊本県を訪れたのは、2015年11月2日。10周年を記念して、全国のリスナーに会いにいくスペシャル企画「全国家庭訪問」を実施し、番組パーソナリティのとーやま校長とあしざわ教頭が、北は秋田から、南は熊本まで、全国10か所を訪問しました。当日は、開局30周年を迎えたエフエム熊本のスタジオから生放送し、九州・沖縄のリスナー限定で電話を繋ぐなど大いに盛り上がりました。


2回目に訪れたのは、2016年6月29日。2016年4月14日に、熊本地震が発生。その直後の放送となった『SCHOOL OF LOCK!』では、内容を変更し、地震の概要や被害状況を伝えるとともに、番組WEBサイト内の掲示板に寄せられた熊本のリスナーからの書き込み紹介し、リスナーと直接電話をつないで彼らの話を聞きました。番組では、その後も、熊本・大分のリスナーとのコミュニケーションを取り続け、定期的に、被災して避難所にいるリスナーと電話をつないで、10代の目でとらえた避難生活の様子を語ってもらっていました。そして、エフエム熊本の制作スタッフから、“夜にはみんなで『SCHOOL OF LOCK!』を聴いている”という若者が大変多い“という報告を受けたことから、6月29日、熊本県を訪問することを決め、とーやま校長とあしざわ教頭が避難所を訪れて、被災したリスナーとふれあい、さらに22時からエフエム熊本のスタジオから全国に向けて『SCHOOL OF LOCK!』を生放送しました。




【番組概要(ラジオ)】

番組「SCHOOL OF LOCK!」


“全国の蒼き若者たちの未来の鍵(LOCK)を握るもうひとつの学校!”をコンセプトに、パーソナリティのとーやま校長・あしざわ教頭ほか、人気アーティストやタレントをレギュラー講師陣に迎え、TOKYO FM をはじめとするJFN38局ネットで放送中のラジオ番組です。
放送日時: 毎週月曜日~木曜日22:00~23:55 / 毎週金曜日 22:00~22:55
放送局 : TOKYO FMをはじめとするJFN38局ネット
番組HP: http://www.tfm.co.jp/lock/


【番組概要(テレビ)】

番組「SCHOOL OF LOCK! 卒業LIVEプロジェクト ~MY GENERATION in 熊本~」


「J:COMテレビ」
放送日時:2017年3月25日(土)19:30~20:00 
    (再放送)3月28日(火)21:30~22:00
放送チャンネル: 札幌・仙台・関東エリア   10ch
関西・福岡・北九州エリア  12ch
下関エリア         111ch
熊本エリア         11ch

「J:COMチャンネル」


放送日時:2017年3月30日(木)21:30~22:00 
     (再放送)3月31日(金)21:00~21:30
放送チャンネル: 福岡・北九州エリア         11ch
下関エリア         12ch
熊本エリア         10ch

※J:COM対応済の建物にお住まいの方は、どなたでも無料で視聴可能

 

【BLUE ENCOUNT プロフィール】
Ba. 辻村勇太    Dr. 高村佳秀   Vo. Gt. 田邊駿一    Gt. 江口雄也
熊本発、都内在住4人組エモーショナルギターロックバンド。
熱く激しくオーディエンスと一体になり、MCでは時に自らが涙してしまうほどの感情をぶつける熱血なパフォーマンスが話題のエモーショナルロックバンド。<ブルエン>の愛称で呼ばれることも多い。インディーズでリリースしたアルバム『BAND OF DESTINATION』がオリコンデイリー総合チャートで初登場9位、ウィークリーではインディーズチャート2位を獲得、代表曲「HALO」はYouTubeでの再生回数が250万回突破、2014年9月10日にメジャーデビュー。2015年1月にリリースしたファーストシングル「もっと光を」は、新人ながら全国35局でのパワープレイを獲得。5月には人気のテレビ東京系アニメ『銀魂 ゚』のオープニングテーマとなるシングル「DAY×DAY」をリリース。2016年1月「はじまり」が第94回全国高校サッカー選手権大会応援歌に。3月にリリースしたMBS/TBS系列アニメ『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』オープニングテーマ「Survivor」はオリコンウィークリーチャート10位、iTunesの総合チャートでは1位を記録。2016年10月9日に日本武道館にて初のワンマンライブを開催。チケットは即日完売し、11,000人を動員。11月23日に発売したシングル「LAST HERO」には日本テレビ系ドラマ「THE LAST COP/ラストコップ」の主題歌/表題曲を収録。初回限定盤には「SCHOOL OF LOCK!」によるプロジェクト「インハイエール!」の“エールソング”として書き下ろした楽曲「WINNER」も収録。そして2017年1月11日には待望のセカンド・アルバム『THE END』をリリース。3月12日からは高松を皮切りに幕張メッセを含む9都市10公演で行われるバンド史上最大規模となる全国ツアー<TOUR2017 break”THE END”>をスタートさせるなど、まだまだ快進撃が止まらないベストルーキー!!

【「MY GENERATION」とは】
『SCHOOL OF LOCK!』が、卒業シーズンに「自分たちの年代に、何年たっても色褪せない強烈な“瞬間”を残そう」という主旨のもと、2006年から行っている卒業LIVE。卒業するリスナーを招待してライブを行ったリ、リスナー応募の中から選ばれた一校へ、アーティストと番組スタッフが出かけていき、学校の先生の協力を得て生徒に内緒で、3年生の卒業を祝うサプライズ・ライブを行ったりしている。2017年は3月に熊本県で「BLUE ENCOUNT」による『MY GENERATION 2017 supported by J:COM』の開催が決定!
★第1回(2006年): ASIAN KUNG-FU GENERATION、加藤ミリヤ
★第2回(2007年): YUI、ゆず
★第3回(2008年): くるり (高校・吹奏楽部の生徒と共演ライブ)
★第4回(2009年): チャットモンチー、RIP SLYME
★第5回(2010年): 加藤ミリヤ、flumpool   ※2011年は開催中止
★第6回(2012年): 阿部真央、高橋優
★第7回(2013年): flumpool山村隆太・阪井一生、WEAVER杉本雄治
★第8回(2014年): クリープハイプ
※2015年2016年の開催はなし


【株式会社ジュピターテレコム(J:COM)について】 http://www.jcom.co.jp/
株式会社ジュピターテレコム(本社:東京都千代田区)は、1995年に設立された国内最大手のケーブルテレビ事業・番組供給事業統括運営会社です。ケーブルテレビ事業は、札幌、仙台、関東、関西、九州・山口エリアの28社75局を通じて約528万世帯のお客さまにケーブルテレビ、高速インターネット接続、電話、モバイル、電力等のサービスを提供しています。ホームパス世帯(敷設工事が済み、いつでも加入いただける世帯)は約2,113万世帯です。番組供給事業においては、17の専門チャンネルに出資及び運営を行い、ケーブルテレビ、衛星放送、IP マルチキャスト放送等への番組供給を中心としたコンテンツ事業を統括しています。
※上記世帯数は2016年12月末現在の数字です。
「J:COMチャンネル」および「J:COMテレビ」は、J:COMが提供する2つのオリジナルチャンネルです。J:COMの有料サービスへの加入・未加入を問わず、無料で視聴できます。視聴可能世帯数は、約1,353万世帯(2016年12月末現在)です。それぞれのチャンネルを通じて、地域の魅力とJ:COMサービスの楽しさを発信しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. TOKYO FM
  3. 『SCHOOL OF LOCK!』の卒業LIVEプロジェクトMY GENERATION 2017supported by J:COM