異分野の知恵を集結!千葉県内企業・地域団体・マスコミが一致団結して海洋ごみ削減モデル事業をつくる「アイディアソン」始動

2022年9月15日(木)15時00分 <場所:千葉テレビ放送Aスタジオ>

CHANGE FOR THE BLUE 千葉県実行委員会は、2022年9月15日(木)15時に千葉県千葉市の千葉テレビ放送Aスタジオで海洋ごみ削減モデル事業をつくる「アイディアソン」第一回を開催します。アイディアソンとは、アイディアとマラソンをかけ合わせた造語で、新たなアイディアの創出を目的としたイベントです。本イベントで話し合われるテーマは「海洋ごみ削減の仕組み作り」。2022年9月15日を皮切りに、2022年11月までの間に全5回にわたってアイディアソンを開催します。県内企業、地域団体、マスコミが一致団結し、海洋ごみ削減につながる仕組みを生み出すべく本イベントが始動します。このイベントは、日本財団が推進する海洋ごみ対策プロジェクト「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」の一環で開催するものです。


<CHANGE FOR THE BLUE アイディアソン>参加団体・企業について
本イベントには下記、企業団体が参加予定です。
アパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉、住友生命保険相互、幕張実業、FMF胎児クリニック東京ベイ幕張、イオンモール幕張新都心、千葉ステーションビル、ワンアップ・アド・システム、石井食品、三洋商事、銚子電鉄、Aqua Dream Project、一宮サーフィン業組合、浦安三番瀬を大切にする会、千葉日報社、bay-fm、千葉テレビ放送
また、ワークショップの進行を支えるメンターとして、下記3名が参加予定です。
谷本有香 氏(Forbes JAPAN 執行役員 Web編集長)、麻生恵 氏(千葉経済大学講師 元千葉県商工労働部長)、武村武 氏(日本大学生産工学部環境安全工学科 教授 )
上記16の参加企業団体を3チームに分け、アイディアソンを全5回実施しアイディアを生み出します。3チームの中で採用する企画を事務局と参加者投票で決定の上、採用企画を3チーム全体でブラッシュアップし最終企画を決定します。その後はトライアル実装を行った上で、最終的にはメディア向け発表会を予定しています。

<イベント概要>
日時 2022年9月15日(木)15時00分
会場 千葉テレビ放送Aスタジオ
千葉県千葉市中央区都町1-1-25
アクセス バスをご利用の場合
「県職員能力開発センター入口」下車 徒歩 約3分

タクシーをご利用の場合
JR千葉駅より約10分
スケジュール
(予定)
2022年9月~11月 アイディアソン#1~#5
2022年12月 アイディアのトライアル実装
2023年1月 メディア向け発表会


<団体概要>
団体名称:CHANGE FOR THE BLUE 千葉県実行委員会
URL:https://chiba.uminohi.jp/
活動内容:海洋プラスチックごみ問題の啓発活動、清掃活動の実施、海洋プラスチックごみ問題を解決するビジネスの創出など

CHANGE FOR THE BLUE
国民一人ひとりが海洋ごみの問題を自分ごと化し、”これ以上、海にごみを出さない”という社会全体の意識を向上させていくことを目標に、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として2018年11月から推進しているプロジェクトです。
産官学民からなるステークホルダーと連携して海洋ごみの削減モデルを作り、国内外に発信していきます。
https://uminohi.jp/umigomi/

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/
 


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 海と日本プロジェクト広報事務局 >
  3. 異分野の知恵を集結!千葉県内企業・地域団体・マスコミが一致団結して海洋ごみ削減モデル事業をつくる「アイディアソン」始動