「オニオン」は「アニャン」と発音!カタカナを読んでネイティヴのような英語に!

日本一の英語講師 関正生先生監修『カタカナ英語キャラクター図鑑』発売

 株式会社宝島社(代表取締役社長:蓮見清一 本社:東京都千代田区)は、2020年9月9日(水)に『オニオンはアニャンと発音!カタカナ英語キャラクター図鑑』を発売します。

『オニオンはアニャンと発音!カタカナ英語キャラクター図鑑』(宝島社)『オニオンはアニャンと発音!カタカナ英語キャラクター図鑑』(宝島社)

 これまでカタカナ英語は通じないとされてきましたが、本書ではネイティヴのような通じる発音をカタカナで掲載。さらにその発音をキャラクター化することで、発音時の注意点をビジュアルで連想させながら、ネイティヴのような発音を習得できる英単語図鑑にしました。 例えば、「たまねぎ」の英訳を聞かれると多くの人が「オニオン」と答えますが、実際の発音に近いのは「アニャン」です。そこで「ニャン」から「ねこ」を関連付け、たまねぎをねこに見立てたキャラクターを掲載 しています。また、バーコードから特設サイトに飛んで、アメリカ人によるネイティヴ発音を聴いたり、ダウンロードしたりすることも可能です。


 監修は、毎年130万人以上に授業を行う日本一生徒数の多い英語講師で、「スタディサプリ」のテレビCMでもおなじみの関正生先生です。関先生は、これまで授業を行ってきたなかで、やみくもに英単語を覚え、数を競うような風潮に息切れをしている中高生をたくさん見てきたといいます。本書を通じて、ユニークなキャラクターとともにネイティヴの発音に触れることで、まずは言語の楽しさを知り、お子さんが自ら英語を学ぶきっかけにしてほしいと伝えています。

 ネイティヴに近い発音のカタカナ表記は大人にも新鮮で、親子で楽しく読んでいただける一冊です。


▼本書のポイント


・ネイティヴに近い発音がカタカナで練習できる

・キャラクターで覚えられて思い出しやすい

・音声データで学習をフォロー
・20以上のジャンルの単語を掲載(野菜、果物、数、鳥、虫、花、色、食べ物、月、乗り物、曜日、天気、物、仕事、 場所、国、体、動作、状態など)

▼監修:関正生(せき・まさお)
1975年、東京都生まれ。慶應義塾大学文学部(英米文学専攻)卒業。
TOEIC®L&Rテスト990点満点取得(2016年からの新形式テストでも満点取得)。
リクルート運営のオンライン予備校『スタディサプリ』(PC・スマホで受講可能)で、全国の小中高生・大学受験生を対象に「毎年130万人以上」に授業をする。また、大学生・社会人を対象にTOEIC®テスト対策の講義(300本以上)を行っている。日本一生徒数の多い英語講師。スタディサプリのテレビCMでもおなじみ。著書は『カラー改訂版 世界一わかりやすい英文法の授業』(KADOKAWA)、『サバイバル英会話』(NHK出版新書)、『東大英語の核心』(研究社)など、累計200万部突破(韓国・台湾で翻訳された本も10冊以上)。英語雑誌『CNN ENGLISH EXPRESS』(朝日出版社)で巻頭インタビューをはじめ、現在はコラムを連載中。NHKラジオ講座のテキスト『基礎英語3』(NHK出版)でもコラムを連載中。小学生から社会人まで全世代に、かつ受験英語から資格試験、ビジネス英語、日常会話までを指導する、英語講師として稀有な存在。

▼野菜、動物など250の英単語を掲載!
 


▼動画でも楽しめます!
​本書に登場する30のキャラクターをイラストとネイティヴの発音で紹介!
 


 

 

 

『オニオンはアニャンと発音!カタカナ英語キャラクター図鑑』(宝島社)『オニオンはアニャンと発音!カタカナ英語キャラクター図鑑』(宝島社)




『オニオンはアニャンと発音!カタカナ英語キャラクター図鑑』


 監修:関正生
 イラスト:いうみつる
 2020年9月9日発売
 定価:本体1300円+税
 https://tkj.jp/book/?cd=TD008787&path=&s1=

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 宝島社 >
  3. 「オニオン」は「アニャン」と発音!カタカナを読んでネイティヴのような英語に!