小田急とJR東日本 横浜支社の合同企画!鉄道開業150年を記念したコラボツアー 11月5・6日、ロマンスカー・VSEとJR相模線の乗り継ぎツアーを実施します

~特別行路の走行や写真撮影、両社の社員が相互に車内を盛り上げます~

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)と東日本旅客鉄道株式会社 横浜支社(神奈川県横浜市西区 執行役員横浜支社長:宮田 久嗣)は、鉄道開業150年を盛り上げる記念企画として、2022年11月5日(土)・6日(日)に湘南地区で活躍したロマンスカー・VSE(50000形)と、今年205系からE131系に置き換わった相模線を乗り継ぎ、思い出に残していただける「小田急ロマンスカー・VSEとJR相模線E131系で行く!トライアングルツアー」を実施します。

小田急ロマンスカー・VSE(50000形)小田急ロマンスカー・VSE(50000形)

本ツアーは、小田急線 海老名駅から小田急線 小田原駅まではVSEに、JR小田原駅から貨物線を経由してJR茅ケ崎駅、その後JR海老名駅までをJR相模線E131系にご乗車いただく合同企画です。

海老名電車基地(小田急電鉄管轄:神奈川県海老名市)でVSEの撮影をいただくところから本ツアーはスタート。その後、車両整備機能の中枢を担う大野総合車両所(小田急電鉄管轄:神奈川県相模原市)に入線し、整備のために留置する車両や屋根上を確認するための点検台を車内から見学いただくなど、通常では見ることのできない景色や雰囲気をお楽しみいただけます。

その後、小田急線 小田原駅に向かい、小田原駅からはJR相模線E131系へ乗り継ぎ、貨物線経由で茅ケ崎駅へと旅を進めてまいります。茅ケ崎駅では、隣接する車両基地(JR東日本管轄:神奈川県 茅ヶ崎市)で引退した相模線205系500番台とE131系の新旧相模線車両の撮影をいただき、再び JR相模線E131系に乗車してJR海老名駅へと向かうツアーです。

道中は鉄道開業150年を記念し、これまでにない連携企画としてVSE車内ではJR社員による 観光案内を、E131系車内では小田急の係員が乗務員室で信号称呼をはじめとした運転業務の違いについて実況中継により移動時間を盛り上げるほか、両社社員が車内を巡回して皆さまの疑問にお答えするなどさまざまなイベントを実施します。また、ご参加の方には小田急の係員がデザインしたツアーオリジナル記念品もご用意しています。

E131系(500番台)E131系(500番台)

205系(500番台)205系(500番台)


「小田急ロマンスカー・VSEとJR相模線E131系で行く!トライアングルツアー」の概要は下記のとおりです



1 実施日

2022年11月5日(土)、6日(日)

2 集合・解散
・集合 
小田急線 海老名駅 西口改札前 7時30分
・解散 
JR海老名駅 15時20分頃

3 募集人数  
各日100名(最少催行人数80名)

4 旅行代金  
中学生以上 30,000円 (お一人さま・税込み)
※2名さま以上で一般席(VSE)ご利用の場合の金額です(他の料金プランもございます)
※未成年の方は同意書が必要となります(安全の確保のため、小学生以下の方はご参加できません)

5 申込方法
10月3日(月)12時30分から下記のサイトにて承ります
(1)11月5日(土)分
株式会社JR東日本びゅうツーリズム&セールス「日本の旅、鉄道の旅」予約サイト
URL:https://vtsotq.page.link/KVSo
(2)11月6日(日)分
小田急旅の予約サイト
URL:https://www.odakyu-travel.co.jp/special/oer/vse_jr_collabo.html?release

6 その他  
・ツアーの詳細および条件等は、JR東日本びゅうツーリズム&セールス予約サイト、小田急旅の予約サイトにてご確認ください
・集合前と解散後の交通費は各自負担です
・お弁当の昼食付です
・画像等はすべてイメージです
・ツアー内容は天候や運行異常等により、一部内容を変更・中止させていただく場合があります

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 小田急電鉄株式会社 >
  3. 小田急とJR東日本 横浜支社の合同企画!鉄道開業150年を記念したコラボツアー 11月5・6日、ロマンスカー・VSEとJR相模線の乗り継ぎツアーを実施します