葛飾北斎の名作『冨嶽三十六景』をイメージした色鉛筆「江戸をぬりつぶせ!HOKUSAI色えんぴつ」発売開始

フェリシモ「500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS」から和樂web編集部が選んだスペシャルエディション20色

 Webメディア『和樂web』(https://intojapanwaraku.com/ )は、株式会社フェリシモ(以下、フェリシモ)の「フェリシモミュージアム部™」の「500色の色えんぴつ」とコラボレーションしたスペシャルエディション商品「江戸をぬりつぶせ!HOKUSAI色えんぴつ【20/500 COLORED PENCILS】」を、2021年3月16日(火)よりフェリシモのカタログ・Webサイトにて発売開始しました。
 「20/500 COLORED PENCILS」とは、500色の中から、テーマをもって選んだ20色のセット。今回は、浮世絵師・葛飾北斎の名作『冨嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい)』の3大傑作をイメージした20色を、和樂web編集部がセレクトしました。

今回の取り組みの背景

 2020年5月、和樂webのTwitter公式アカウント(https://twitter.com/warakuweb )で「北斎が使っている色で、何かおもしろい企画はできないか?」とつぶやいたところ、フェリシモミュージアム部公式アカウントから「500色の色えんぴつで、北斎の色を一緒に探しませんか?」とメッセージをいただきました。
 このやりとりをきっかけに、フェリシモミュージアム部のみなさんと、和樂web編集部でアイデアを交換しながら、葛飾北斎の名作をイメージした色鉛筆の制作をスタート。葛飾北斎による富士山をモチーフにした連作『冨嶽三十六景』のうち、3大傑作をピックアップし、象徴的な色を選びました。

制作ストーリーはこちら
http://intojapanwaraku.com/culture/148693/ 

イメージは葛飾北斎の3つの作品
 日本を代表する浮世絵師であり、世界で最も有名な日本人、葛飾北斎。19歳で画業を志し、90歳で亡くなるまで、生涯をとおして3万点以上もの作品を残したといわれています。
 そんな北斎の3大傑作『神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)』『凱風快晴(がいふうかいせい)』『山下白雨(さんかはくう)』から生まれた商品が「HOKUSAI色えんぴつ」です。それぞれの作品から象徴的な色を抽出し、和樂web編集部が20色を厳選。北斎のダイナミックな構図を味わいながら、塗り絵を楽しめるセットをつくりました。

藍を愛するGreat Wave『神奈川沖浪裏』

 色選びのモチーフとなった作品、1つ目は『神奈川沖浪裏』。北斎の作品の中でも、最も影響力が大きいといわれる作品です。あのレオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」と並んで「世界で最も有名な絵」とも呼ばれています。この作品からは、印象的な藍色を抽出。塗り絵では、波のうねりを感じながら、藍色の世界を堪能できるはずです! 

葛飾北斎『冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏』(1830-32年)メトロポリタン美術館葛飾北斎『冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏』(1830-32年)メトロポリタン美術館


白い雨をどう描くっていうのだ!?『山下白雨』

 2つ目の作品は、『山下白雨』。別名「黒富士」と呼ばれるこの作品は、上部は青く晴れ渡り、下部は黒色の積乱雲から雷が落ちる様子が描かれています。全く対照的な天候をひとつの画面に描いた、コントラストの際立つ作品です。この作品からは、黒色や赤色を抽出。黒色の奥に潜む深い赤色の重なりを、色えんぴつで表現してみませんか。

葛飾北斎『冨嶽三十六景 山下白雨』(1831年)メトロポリタン美術館葛飾北斎『冨嶽三十六景 山下白雨』(1831年)メトロポリタン美術館


夜明けに、富士は赤く染まる『凱風快晴』

 そして3つ目の作品は『凱風快晴』。別名「赤富士」とも呼ばれる作品です。赤富士とは、夏から秋の早朝に、朝日を浴びた富士山が赤く染まる現象のこと。また「凱風」とは、南から吹く夏のそよ風のことを指します。
 この作品からは、赤色や緑色を抽出。朝焼けに染まった真っ赤な山肌に青々と草木がしげる下界。夜が明けていく一瞬の美が凝縮された美しい色の対比を、自由な発想でアレンジしてみてください。

葛飾北斎『冨嶽三十六景 凱風快晴』(1830-32年)メトロポリタン美術館葛飾北斎『冨嶽三十六景 凱風快晴』(1830-32年)メトロポリタン美術館

 「HOKUSAI色えんぴつ」は、3つの作品のはがきサイズの塗り絵と情報カード付き。「その視点はまるで鳥の眼」や「江戸のダンス・ダンス・ダンス」「絵を描くこと以外は考えない、考えたくない」など、色鉛筆1本1本に付けられた、北斎にちなんだユニークなネーミングにも注目です。


「江戸をぬりつぶせ!HOKUSAI色えんぴつ 【20/500 COLORED PENCILS】」商品情報

 版を摺り重ねた多色摺の浮世絵のように色を重ねて塗ってみたり、北斎のように想像力を働かせてあえて大胆な色を使ったり。色鉛筆を使って、北斎の浮世絵の魅力を実感できるセットです。

価格:4,400円(税込)
限定数:500 
製造:日本 
セット内容 :色えんぴつ20色、ペンケース、塗り絵、情報カード、スリーブ

商品詳細・購入
http://intojapanwaraku.com/shop/148697/ 

フェリシモミュージアム部™とは
 アートが大好き、ミュージアムが大好き、そしてミュージアムグッズも大好き! そんなメンバーが集まって、多種多様なアートやミュージアムの楽しみ方を、商品企画やSNSを通じて発信する公式部活動。

公式サイト
https://www.felissimo.co.jp/museumbu/ 

500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS とは 
 シリーズ累計12万セットが世界55ヵ国で愛されている「500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS」。滑らかで柔らかな描き心地に、繊細で美しい発色。世界中のしあわせな情景からインスピレーションを受けた500色です。限定生産の日本製。 

公式サイト
https://www.felissimo.co.jp/500/ 

和樂webとは
 コンセプトは「日本文化の入り口マガジン」。日本文化の多様な楽しみかたを発信する小学館のWebメディア。

公式サイト
https://intojapanwaraku.com/ 
 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社小学館 >
  3. 葛飾北斎の名作『冨嶽三十六景』をイメージした色鉛筆「江戸をぬりつぶせ!HOKUSAI色えんぴつ」発売開始