プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社扶桑社
会社概要

【追悼テリー・ファンクさん】兄ドリー・ファンク・ジュニアさん、天龍源一郎さんらがテリーさんについて語るインタビュー掲載! (インタビューは亡くなる前に収録)

プロレスが一番「妖しい魅力」に溢れていた1983年。激動の模様を、当事者が今、口を開く… 『俺のプロレス Vol.05 検証 激動の1983年』扶桑社より8.29発売!

株式会社扶桑社

── テリーさんは「さよならツアー」で全国を巡り、1983年8月31日、引退試合を行いました。ドリーさんも最後の1週間に帯同し、引退試合ではタッグを組んで戦いましたね。この試合の思い出は?

ドリー  テリーさんをタッグパートナーとして失ったことはとても残念だったね。でもこの時点で彼のコンディションは、確かにそれまでと同じように続けていけるような状況ではなかったんだ。それはずっと一緒にやってきていた私には、よく分かっていたことだった。だから引退は仕方ないことだと思っていたし、納得もしていた。そして、最後の引退試合はとても誇らしい試合だった。・・・
(詳しくは本書で! 特集「ドリー・ファンク・ジュニア 1983年を語る2」より抜粋)


さらに本書内では、天龍源一郎さんやスタン・ハンセンさんもテリー・ファンクさんの思い出を語っている!
(インタビューは亡くなる前の時点で収録しています。)


今からちょうど40年前、

新日マットでは、ホーガンのアックスボンバーに猪木が失神し、
長州の噛ませ犬発言から藤波との名勝負が繰り広げられ、
カブキの帰国でペイントレスラーブームが巻き起こった

全日マットでは、ザ・ファンクスが解散する一方、
馬場からエースの座を継いだ鶴田が天龍とタッグを組み、
最強外国人・ハンセン&ブロディと激闘を繰り広げた

女子プロ界では、クラッシュギャルズが結成され、翌年に極悪同盟が誕生
前田日明は、欧州凱旋まもなく新日を離脱しUWFへ
維新軍は、ジャパンプロレスを旗揚げし、全日マットへ
そして、あの『週刊プロレス』が創刊される…

プロレスが一番「妖しい魅力」に溢れていた1983年。
激動の模様を、当事者が今、口を開く





  • 外国人レスラー初のベビーフェイスとなったザ・ファンクス。1983年当時、外国人レスラーの間では何が起こっていたのか? なぜテリーは引退を表明したのか?



  • 欧州から凱旋、まもなくUWFへ…。1983年当時、新日では何が起こっていたのか? UWFとは何だったのか?


  • 馬場から鶴田へエース継承、鶴龍コンビ結成へ。1983年当時、全日では何が起こっていたのか? ジャンボ鶴田はなぜ最強と謳われるのか?


  • 1983年当時、全女では何が起こっていたのか? 伝説のグループ・ビューティペアなき後、女子プロ界をどう支えたのか?


  • 1983年当時、メディアでは何が起こっていたのか? プロレス雑誌がまさかの週刊化、宿命のライバル『ゴング』との闘争を『KAMINOGE』編集長が直撃!


《目次》
第1試合 1983年を語る1 スタン・ハンセン
第2試合 1983年を語る2 ドリー・ファンク・ジュニア
第3試合 1983年を語る3 初代タイガーマスク
第4試合 検証 初代タイガーマスクの1983年
第5試合 1983年を語る4 前田日明
第6試合 検証 1983年の前田日明の存在とは
第7試合 1983年を語る5 天龍源一郎
第8試合 1983年の来日外国人選手列伝《全日本プロレス編》
第9試合 1983年を語る6 新間寿 
第10試合 検証 「IWGP」とは何だったのか?
第11試合 検証 クーデター後、新日本はどうなったのか?
第12試合 1983年を語る7 谷津嘉章
第13試合 検証 長州力1983年の革命
第14試合 1983年の来日外国人選手列伝《新日本プロレス編》
第15試合 1983年を語る8 ザ・グレート・カブキ
第16試合 検証 ザ・グレート・カブキは何を変えたのか?
第17試合 1983年を語る9 川田利明
第18試合 検証 ジャンボ鶴田の戦い
第19試合 1983年を語る10 ターザン山本×小佐野景浩
第20試合 検証 週刊化時代到来!週プロ創刊の衝撃
第21試合 1983年を語る11 ダンプ松本
第22試合 検証 ビューティーとクラッシュの狭間で
第23試合 検証 両者リングアウト!不透明決着は“必要悪”だったのか?
第24試合 1983年を語る12 徳光康之(『最狂 超プロレスファン烈伝』作家)


  • 本書情報

タイトル:俺のプロレス Vol.05 検証 激動の1983年
定価:1540円(本体1400円+税)
発売日:2023/08/29
ISBN:978-4-594-62012-7
発売:扶桑社
購入サイト:
Amazon 
https://www.amazon.co.jp/dp/4594620124/
楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/17610078/




本書に関するお問い合わせ
株式会社扶桑社 宣伝PR宛
senden@fusosha.co.jp

すべての画像


種類
商品サービス
ビジネスカテゴリ
雑誌・本・出版物
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社扶桑社

56フォロワー

RSS
URL
http://www.fusosha.co.jp/profile/
業種
商業(卸売業、小売業)
本社所在地
東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング19F
電話番号
-
代表者名
小池英彦
上場
未上場
資本金
1億円
設立
1984年05月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード