激増する「家族葬」。後悔しないために知っておきたいすべてをまとめたハンドブック発売

株式会社主婦の友社は、2019年12月13日に『令和版 家族葬ハンドブック』https://www.amazon.co.jp/dp/4074411350/ を発売しました。

 

『令和版 家族葬ハンドブック』 持ちやすいハンディサイズの四六判(128㎜×188㎜) 家族葬について知っておきたいことをわかりやすくコンパクトにまとめた160ページ『令和版 家族葬ハンドブック』 持ちやすいハンディサイズの四六判(128㎜×188㎜) 家族葬について知っておきたいことをわかりやすくコンパクトにまとめた160ページ

 

  • 従来は主流だった「大きな葬儀」に代わり、激増している「家族葬」

 健康への意識が高まり、医療技術も高度に進化をとげている昨今、日本ではどんどん長寿化が進んでいます。
 現役を退いて、久しく時間が経ってから亡くなることが多くなり、親戚づき合いもかつてほど濃厚ではなくなっているため、従来のような「大きな葬儀」が必要ないと考える人がふえている時代。代わって増加の一途をたどっているのが「家族葬」です。

 「家族葬」は、家族や近親者だけで催す「小さな葬儀」「簡素な葬儀」というイメージを持っている人が多いかもしれませんが、実は規模の大小や、価格帯、会葬者の顔ぶれなども含めて、明確な定義はありません。家族という単位にこだわってしまうと、本当にお別れを言いたかった人が除外されてしまう危険もあります。
 

  • 「家族葬とは何か」「後悔のない家族葬にするには何がポイントか」を紹介

 ささやかで、心が伝わる家族葬のために、後悔のない家族葬を執り行うために、メリットや注意点、予算や見積りなど、早目の準備をしたい人、急な手配が必要な人へ、ポイントと流れをわかりやすくコンパクトにまとめたのが『令和版 家族葬ハンドブック』。

葬儀に「呼ぶ範囲」について、あらかじめ家族で共通の認識をもっておくことが大切。香典や供花、供物などを受け取るのか辞退するのかなど、対応を統一しておかないと、周りを戸惑わせてしまうことに。葬儀に「呼ぶ範囲」について、あらかじめ家族で共通の認識をもっておくことが大切。香典や供花、供物などを受け取るのか辞退するのかなど、対応を統一しておかないと、周りを戸惑わせてしまうことに。

 

 
  • 「家族葬」の費用はいくらかかる? 葬儀社の下しらべをして見積りをとりたい。

  家族や近親者だけで執り行うといっても、実際は、一般の葬儀社や互助会、企業などの葬儀サービスに依頼して、ある程度の費用がかかるのが一般的。「こぢんまり行いたいから」「費用を抑えたい」といった理由だけで、パッケージプランを決めてしまったりすると、「こんな寂しい葬儀は、故人に失礼だ」などと非難する人が出てきたりする危険性もあります。
 いざというとき、あわてなくてもよいように、できたら事前に葬儀社の下調べをし、あげたい葬儀のイメージをかなえるための見積りをとってみるのもおすすめです。

家族も含め会葬者が30人の場合で算出した、A葬儀社の場合の見積り例。「基本セット」で43万2000円。もてなしの費用は会葬者の数で左右するため、たいていの場合、基本セットには含まれていない。※A葬儀社の場合、僧侶への謝礼は別途となっている。家族も含め会葬者が30人の場合で算出した、A葬儀社の場合の見積り例。「基本セット」で43万2000円。もてなしの費用は会葬者の数で左右するため、たいていの場合、基本セットには含まれていない。※A葬儀社の場合、僧侶への謝礼は別途となっている。

 

  • 基本の流れやふるまい方、スピーチ例などをわかりやすく解説。ポイントの拾い読みも可能

本書は、詳しい目次や索引で、知りたい情報がすぐに探せるように構成されているので、拾い読みも可能です。「家族葬」ではなく、従来通りの「大きな葬儀」を選ぶほうがよい場合なども含め、葬儀についての現実的な情報を集めました。

臨終後すぐから納棺、通夜や葬儀、火葬、初七日、精進落とし、納骨、葬儀後の法要のことまですべて網羅。臨終後すぐから納棺、通夜や葬儀、火葬、初七日、精進落とし、納骨、葬儀後の法要のことまですべて網羅。

 

  • 監修者/柴田典子氏

 

エンディングデザインコンサルタント。厚生労働省認定1級葬祭ディレクター。
株式会社オフィス・シバタ代表取締役。神奈川県の葬儀社を経て、電鉄グループの葬祭会館に入社、総支配人を務める。新規葬儀社の立ち上げにも携わり、「お客さま目線を読む」社員教育で顧客リピート率55.5%を獲得。2005年に独立し、株式会社オフィス・シバタを設立。全国の葬儀社にて教育コンサルティングを行う。葬儀のプロかつ主婦として培った介護・見送り経験に基づいた的確なアドバイスが支持され、葬儀業のみならず、高齢者支援事業を担うさまざまな分野にて「終活」などを指南し、雑誌などでも活躍中。
ホームページ http://officeshibata.jp/
 

 

  • 書誌情報

 

タイトル:令和版 家族葬ハンドブック
監修:柴田典子
価格:本体1000円+税
仕様:四六判 160ページ
発売日:2019/12/13
ISBN:978-4-07-441135-1
(紙版)https://www.amazon.co.jp/dp/4074411350/
(電子版)https://www.amazon.co.jp/dp/B082M6K29D/

 

  • 【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】

株式会社主婦の友社 広報・プロモーションユニット
TEL:03-5280-7577(直通)
FAX:03-5280-7578
pr★shufutomo.com (★は@に変換してお送りください)

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社主婦の友社 >
  3. 激増する「家族葬」。後悔しないために知っておきたいすべてをまとめたハンドブック発売