PR TIMES、“顧客と株主がつながる”新たな利用体験に株主優待制度を活用。参加企業の応募受付を開始!

- 当社を媒介にステークホルダー同士がつながるプラットフォーム型の機会創出 –

■「PR TIMES」掲載情報で知った商品・サービスを、PR TIMES株主が実際に利用
■新たなつながりを参加企業へ提供する、新発想で株主優待制度を活用する取組み
■当社ミッション「行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ」をあらゆる場で目指して

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」等を運営する株式会社PR TIMES(所在地:東京都港区、代表取締役:山口拓己、東証一部:3922)は、当社株主が「PR TIMES」掲載情報を通じて知った「PR TIMES」ご利用企業の商品・サービスを利用する、“顧客と株主がつながる新たな利用体験を、株主優待制度を活用して開始いたしますこれに伴い、本企画に賛同しエントリーいただく企業の応募受付を本日2021212日(金)より開始いたします。(詳細後述)

参加企業の応募受付フォーム:https://tayori.com/f/newconnections-shareholderbenefits
受付期間:2021212日(金)~312日(金)

今回スタートする企画では、PR TIMES」ご利用企業から募った商品・サービスを、株主優待制度を活用してPR TIMES株主が直接利用する機会を創出します。対象となる株主は、2021年2月末日時点の株主名簿における保有株式数が1単元(100株)以上のPR TIMES株主です。PR TIMESから送られる案内に沿って、商品・サービスの新情報を伝える「PR TIMES」掲載プレスリリース、または開発秘話などを伝える「PR TIMES STORY」掲載ストーリーを見て、利用を希望する商品・サービスを、対象株主が2021年5月下旬~6月中旬に選択いただきます。2021年8月下旬に届く「PR TIMES」ご利用企業の商品・サービスを、対象株主はご利用いただくことができます。

当社は株主の皆様に、当社事業に関心をお持ちいただき、さらに事業を通じて知った企業の商品・サービスを実際に利用体験いただく機会を創出したいと考えています。株主でありサービス利用者であるといった「ステークホルダーとしてのANDが多い」方を増やすことで、関係性が長くなり、事業成長にも寄与いただくことで、共に持続的な成長に貢献するパートナーになれると考えています。
また、当社を媒介にステークホルダー同士が直接つながる機会をつくること、ご利用企業と株主の双方に新たな出会いや関係深化をもたらし、社会と共に発展を目指すパブリックリレーションズの思想に沿うものと考えています。
 
  • 成長ステージと利益の使途についての当社方針
当社では、成長期にあたる現在は、事業投資により持続的な成長と企業価値の向上に集中することで、株主価値を高めて株主の皆様へ平等に価値提供する方針です。もし成熟期となった時には、配当など還元策の実施を考えています。これまでは、保有株式数に比例しない株主優待は、不平等かつ利益還元にあたると認識し、現ステージの当社が取るべき施策でないと考えてきました。
しかし、この度、通常なら利益還元に包含される株主優待制度の枠組みを活用し、当社では事業投資寄りの施策と位置付ける、“顧客と株主がつながる”新たな利用体験を始めます。当施策は、当社が大切にするパブリックリレーションズの思想を起点としており、より長期的で双方向の関係構築を目指しています。


当社も初めての取組みであることに加え、独自の考えで既存制度を活用して新たな価値を生み出そうとするために、分かり辛い点や至らない点もあるものと思っています。この考えに共感して参加してくださるご利用企業様、株主様が増えるよう、できる限り透明性をもって説明を尽くしてまいります。
 
  • 当社の考えるパブリックリレーションズについて
PR(パブリックリレーションズ)とは、企業がプレスリリースやメディアを通じた情報発信により自らの行動・成果を広く知らせる活動に限りません。企業とそこに所属する個人にとって大切な存在との間でなされる、お互いに有意義な関係を築くためのコミュニケーションを起点としたあらゆるプロセスです。大切な存在とは、クライアントやユーザー、社員や経営者そして株主、サプライヤーやパートナー、金融機関、地域や国、メディアやオピニオンリーダーなど、ステークホルダーにとどまらず、想像すればするほど広がります。現時点で顕在化した対象だけでなく、潜在的に可能性がある存在も、さらには未来から望まれるという視点も加えられます。

広がる大切な存在との関係を良いものに、そして長く続くものにすることを考えると、PRは社会と共に持続的な発展を目指す考えだと言えます。また、自社を媒介に大切な存在同士もつながり、その関係性の線が多く結ばれれば結ばれるほど、コミュニティーとして共益性があり発展的な強固な状態になれると考えています。
この発想から、今回、当社ステークホルダー同士がつながる機会を創出するため、既存制度を活用して新たな価値を生み出すことといたしました。
 
  • “顧客と株主がつながる”新プログラム概要
対象企業                 次の条件をすべて満たす企業
・「PR TIMES」定額プランご利用中、または直近12ヵ月間で3回以上ご利用(2021年2月12日時点)
・3000円以内の商品・サービスを個人向けに提供可能(合計3000円以内の組合せも可)
・当該商品・サービスに関して「PR TIMES」または「PR TIMES STORY」または「PR TIMES TV」利用(予定を含む)
・本企画に賛同しエントリーいただく※上限100社。応募多数の場合は「Tayori」「Jooto」有料契約企業を優先
企業応募受付 https://tayori.com/f/newconnections-shareholderbenefits
受付期間 2021年2月12日(金)~3月12日(金)
FAQ https://tayori.com/q/newconnections-shareholderbenefits
商品提供方法 当社が対象企業から購入し、株主へ株主優待制度を活用して送付
対象株主 2021年2月末日時点の株主名簿における保有株式数が1単元(100株)以上の株主
※加えて3年以上株式保有している株主は追加でもう1つ提供
※保有年数は、同一の株主番号が株主名簿に継続して記載されている年数を指します。株主名簿は毎年2月末日及び8月31日を基準日として作成しています(臨時で株主名簿を作成することもあります)。
※対象となる方へ2021年5月に当社よりご連絡
商品選択 株主は、2021年5月発表予定の商品・サービスの一覧から、「PR TIMES」掲載コンテンツを見て希望商品を選択
※申込みフォームに第5希望まで、またはおまかせを記入して申請
※希望が集中した場合は抽選、さらに次の希望順位の抽選に回る場合あり
スケジュール 2月12日 企画発表、企業の応募受付開始
2月24日 株主の権利付き最終日
3月12日 企業の応募締め切り
5月中旬   対象商品・サービス確定発表
5月下旬   申込書発送
6月中旬   申込締め切り8月下旬   商品・サービス発送開始
(すべて2021年)

 

 
  • 株式会社PR TIMESについて

PR TIMES(ピーアールタイムズ)は、「行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ」をミッションに掲げ、企業とメディア、そして生活者をニュースでつなぐインターネットサービス「PR TIMESを2007年4月より運営しています。報道機関向けの発表資料(プレスリリース)をメディア記者向けに配信するとともに、「PR TIMES」およびパートナーメディアに掲載し、生活者にも閲覧・シェアされています。利用企業数は2020年11月に47000社を突破、国内上場企業43超に利用いただいています。情報収集のため会員登録いただくメディア記者2万人超、サイトアクセス数は月間5000PVを突破、配信プレスリリース件数は月間2万件を超えています。全国紙WEBサイト等含むパートナーメディア200媒体にコンテンツを掲載しています。
クライアントとメディアのパートナーとして広報PR支援を行うPRパートナー事業や、ストーリー配信サービス「PR TIMES STORYの運営、動画PRサービス「PR TIMES TV」「PR TIMES LIVEの提供、タスク・プロジェクト管理ツール「Jootoカスタマーサポートツール「Tayoriの運営、スタートアップメディア「BRIDGE等のメディア運営も行っています。

【株式会社PR TIMES会社概要】

ミッション: 行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ
会社名  : 株式会社PR TIMES  (東証一部 証券コード:3922)
所在地  : 東京都港区南青山2-27-25ヒューリック南青山ビル3F
設立   : 2005年12月
代表取締役: 山口 拓己
事業内容 :- プレスリリース配信サービス「PR TIMES」(https://prtimes.jp/)の運営
- ストーリー配信サービス「PR TIMES STORY」(https://prtimes.jp/story/)の運営
- 広報・PRの効果測定サービス「Webクリッピング」(https://webclipping.jp/)の運営
- クライアントとメディアのパートナーとして広報・PR支援の実施
- 動画PRサービス「PR TIMES TV」「PR TIMES LIVE」(https://prtimes.jp/tv)の運営
- カスタマーサポートツール「Tayori」(https://tayori.com/)の運営
- タスク・プロジェクト管理ツール「Jooto」(https://www.jooto.com/)の運営
- スタートアップメディア「BRIDGE」(https://thebridge.jp/)の運営、等
URL    : https://prtimes.co.jp/
 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社PR TIMES >
  3. PR TIMES、“顧客と株主がつながる”新たな利用体験に株主優待制度を活用。参加企業の応募受付を開始!