安全で高効率なLED街灯の普及を加速させる150Wの評価ボードを発表

STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、LEDを使用した街灯および中・高電力の照明機器の開発を加速させる、LEDドライバ評価ボード「EVL150W-HVSL」を発表しました。同ボードには、高性能化と部材コストの削減に貢献するさまざまな機能が搭載されています。

EVL150W-HVSLは、AC電源入力ドライバ(最大出力150W、1A)として全負荷範囲で91%を上回る効率を得ることができるため、街灯の電気料金を最小限に抑えることができます。電磁干渉(EMI)はEN55022規格の範囲内に抑えられており、230VのAC入力で30%~100%負荷範囲における入力電流の全高調波歪(THD)は10%未満のため、照明機器に関する規格であるヨーロッパのEN61000-3-2 Class-C規格および日本のJEITA-MITI Class-C規格に準拠しています。

また、全世界のAC入力範囲(90V~264V)に対応し、安全規格であるIEC 60950-1および62368-1に準拠しています。調光モードには、アナログ調光、抵抗による調光、およびPWM(パルス幅変調)調光の3種類があり、PWM調光ではあらゆる周波数において、ちらつきなしで1%まで調光することができます。

EVL150W-HVSL には、高集積力率補正回路(PFC)コントローラおよびLCCトポロジで動作する高電圧共振ハーフブリッジ・コントローラを集積したSTCMB1が搭載されています。これにより、出力電圧を問わず定電流を供給できるため、LED駆動に最適です。また、STCMB1のコンスタント・オンタイム制御機能、共振ハーフブリッジ・コントローラのタイムシフト制御機能、およびハード・スイッチング保護機能といった独自の機能により、外付け部品の削減や優れた動的特性およびリップル除去の実現に貢献します。バースト・モードではPFCコントローラと共振ハーフブリッジ・コントローラが同期されるため、軽負荷時の入力電力消費を0.5W未満まで低減します。STCMB1は小型の20 ピン・パッケージに封止され、800Vの起動回路、Xコンデンサ放電回路、およびパワー・シーケンス制御回路を搭載しています。また、補助電源は不要です。

EVL150W-HVSLでは、自動再復帰機能付きの包括的な保護機能(出力の過負荷 / 短絡保護、オープン・ループ保護など)を活用することができるため、街路照明に求められる要件を満たすことができます。

EVL150W-HVSLは現在量産中で、STおよび販売代理店から入手可能です。単価は、約150.00ドルです。

詳細については、ウェブサイトをご覧ください。
https://www.st.com/ja/evaluation-tools/evl150w-hvsl.html

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、私たちの暮らしに欠かすことのできないエレクトロニクス機器に、優れた性能と高い電力効率を特徴とした半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。あらゆるシーンで活躍するSTの製品は、お客様が開発する次世代モバイルやIoT機器の他、よりスマートな自動車、工場、都市および住宅を可能にします。STは、生活をより豊かにする技術革新を通じ、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。STは、10万社を超えるお客様に半導体を提供しており、2019年の売上は95.6億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( http://www.st.com )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
アナログ・MEMS・センサ製品グループ
TEL : 03-5783-8250  FAX : 03-5783-8216
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. STマイクロエレクトロニクス >
  3. 安全で高効率なLED街灯の普及を加速させる150Wの評価ボードを発表