世界のネットワークスライシング市場分析ーコンポーネント別(ソリューションおよびサービス)、エンドユーザー別(通信事業者および企業)、業種別、地域別ー予測2020〜2027年

Kenneth Researchは調査レポート「世界のネットワークスライシング市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2021年05月 05日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10346928

 

 

 

グローバルネットワークスライシング市場は2019年に172.56百万米ドルと評価され、予測年の間にCAGR 23.7%で成長すると予想されます。

ネットワークスライシングは、幅広いセクターにわたる通信サービスプロバイダーに新しいビジネスチャンスをもたらします。より高速なデータ速度とより低い期待値を提供するセルラーネットワーク技術により、ネットワーク市場の成長が人気を集めています。セルラーネットワークテクノロジーによって提供されるデータ量の増加は、主にビデオに対する消費者の需要に牽引されており、ビジネスをクラウドサービスにシフトしています。これにより、高いセキュリティと柔軟性を備えたサービスをより迅速に提供できるなど、通信サービスプロバイダーに新たな収益機会が生まれます。SDN(ソフトウェア定義ネットワーク)およびNFV(ネットワーク機能仮想化)ソリューションの採用の拡大、およびさまざまな業界でIoTデバイスの採用の急増は、市場成長の主要な推進要因です。

住宅用アプリケーションに急速に統合することにより、世界のネットワークスライシング市場は今後数年間で大幅bに成長すると予想されます。米国のIT業界は、世界中のテクノロジーセクターで約30%の最大のシェアを占めています。世界のネットワークスライシング市場の成長は、多くの業界でデジタルトランスフォーメーションを可能にする率の上昇によって大いな影響を受けると予測されます。2017年と比較して、2018年のICTおよびテレコムのテクノロジー支出は約5%の成長を記録しました。2019年に製造業は、デジタルトランスフォーメーション約3400億米ドルを投資したと推定されています。一方、ロボット、自律、貨物の運用は、同じ年に約1,280億米ドルを投資したと予測されています。それとは別に、投資の72%以上がハードウェアおよびサービスセグメントによって提供されると予測されています。AI、IOT、ロボティクスがビジネスモデルを変革する中、世界のネットワークスライシング市場は今後6〜7年で注目に値する成長を記録すると推定されています。

さらに、当地域分析によると、アジア太平洋、北アメリカ、ヨーロッパが世界最大の通信市場を保持しています。

成長に影響を与える主なマクロ経済指標:

                                               研究開発費(GDPの%)、2013-2016年

 

ソース:世界銀行

市場セグメンテーション洞察


世界のネットワークスライシング市場分析は、コンポーネント別(ソリューションおよびサービス)、エンドユーザー別(通信事業者および企業)、業種別(製造、ヘルスケア、自動車、メディア・エンターテインメント、輸送・ロジスティック、BFSI、政府、その他)、地域別などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

地域分析

世界のネットワークスライシング市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域によって分割されています。

ヨーロッパは市場を支配しており、より高速な接続と帯域幅の需要により、予測期間中も市場をリードし続けています。APACは、クラウドベースのソリューション、IOT、ビッグデータ分析、およびモビリティの受け入れが拡大しているため、最も急速に成長している市場です。

世界のネットワークスライシング市場分析は、地域に基づいてさらに区分されます。
  •  北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • 中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「世界のネットワークスライシング市場」というタイトルのレポートは、世界のネットワークスライシング市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

市場主要企業

さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の世界のネットワークスライシング市場分析への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。世界のネットワークスライシング市場における業界のリーダーはArgela Technologies、Cisco Systems Inc.、Hewlett Packard Enterprise、Huawei Technologies Co., Ltd.、Mavenir、Nokia、Samsung、Telefonaktiebolaget LM Ericsson、ZTEなどです。

このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

[調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/global-network-slicing-market-/10346928

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 世界のネットワークスライシング市場分析ーコンポーネント別(ソリューションおよびサービス)、エンドユーザー別(通信事業者および企業)、業種別、地域別ー予測2020〜2027年