大和ハウス工業の全国の建築現場で働き方改革啓蒙ポスターの掲出を開始

⼤和ハウス⼯業株式会社(本社︓⼤阪市、社⻑︓ 芳井敬⼀)は、建築現場の働き方改革を啓蒙するポスターを作成し、2018年10⽉1⽇(月)から全国の建築現場で掲出を開始しました。

日本の建設業界は少子高齢化の進展により建設業労働者が減少しており、日本建設業連合会によると、2025年度の建設業労働者数が2014年度と比べ約128万人不足すると試算されるなど(※)、業界だけでなく日本の将来にとって大きな問題となっています。

このような中、大和ハウス工業では、2021年4月をめどに、工事現場での原則4週8休(週休二日制)を実現する『働き方改革』を推進し、技能者の処遇改善や、生産性向上による労働環境の改革に積極的に取り組んでいます。

今回、この取り組みの一環として、従業員・現場作業員に向けての『工事現場の働き方改革啓蒙』ポスターを作成し、当社の全国の建築現場、事業所、および協力会社の事務所への掲出を開始いたしました。

ポスター画像には、俳優の松坂桃李さんにご出演いただいています。

※再生と進化に向けて ー 建設業の長期ビジョン ー (2015年3月)
  1. プレスリリース >
  2. 大和ハウス工業株式会社 >
  3. 大和ハウス工業の全国の建築現場で働き方改革啓蒙ポスターの掲出を開始