クオリカ、製造業・建設業向けに『ウェアラブルデバイスを活用した現場DX導入キャンペーン』を開始

安全・安心な現場づくりのための「遠隔臨場」の実現を支援

TISインテックグループのクオリカ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:辻本 誠、以下クオリカ)は、製造業・建設業の安全・安心な現場づくりを支援する「遠隔臨場」の実現に向けて、「ウェアラブルデバイスを活用した現場DX導入キャンペーン」を開始いたします。
本キャンペーンでは、クオリカが2018年から製造業・建設業向けに製造・販売しているヘルメットマウント型ウェアラブルデバイス「iBowQube(アイボウキューブ)」と、2021年8月から提供開始したLTE搭載スマートグラス「InfoLinker3」(ウエストユニティス株式会社製)を、それぞれキャンペーン価格で提供します。

現在、製造業・建設業では、働き方改革や新型コロナウィルス感染拡大防止をきっかけとして、安全・安心な現場作りの実現のため、現場作業員の状況を遠隔からリアルタイムに把握したい、現場の確認作業・立ち合い作業を遠隔で実施したい、といった「遠隔臨場」のニーズが高まりを見せています。そのため、遠隔からの作業サポートを可能とするウェアラブルデバイスの試行が各社で進んでいます。

 クオリカは、製造・建設現場のDX導入で多数の実績がある当社DXコンサルタントがお客様のニーズや現状を把握し、効果的なウェアラブルデバイスの活用を提案し、お客様の現場DXを実現します。

【キャンペーン概要】
・キャンペーン期間:本日~2021年12月28日(火)までのお申込み
・キャンペーンコース:
①  iBowQube構成の評価パッケージコース
映像を見ながら音声中心で現場の作業をサポートしたい、ウェラブルデバイス活用のノウハウを得たい方向けに、「iBowQube」本体価格を割引価格にて提供 ※60台限り
キャンペーン価格:初期費用:98,000円~(通常価格:150,000円)
(最小構成:コミュニケーションモデル(カメラ、クリップ、ケーブル))
月額費用:13,000円~/月(通常価格:23,000円/月)
(利用内容:スマートフォン(20GB)+クラウド利用料)
②  InfoLinker3構成のDX導入パッケージコース
映像だけでなく手順書や指示書も見せながら現場の作業をサポートしたい、手書きのチェックシートを廃止し100%デジタル化したい方向けに、スマートグラス「InfoLinker3」とアプリ、およびその初期導入にかかる作業費用の一部を無償で提供

・キャンペーンの詳細は、以下までお問い合わせください。
クオリカ株式会社 ビジネスイノベーション事業部 ビジネスインキュベーション部
qlc_wearable_support@qualica.co.jp

・申し込み方法:以下のお問合せフォームにご記入のうえお申込みください
【評価パッケージコース及びDX導入パッケージコース】
https://qualica-ss.com/sales_campaign

【提供製品】
◆「iBowQube」ヘルメットマウント型ウェアラブルデバイス
お持ちのヘルメットに簡単にカメラやセンサーを装着できるウェアラブルデバイス
・センサーでヘルメット装着者の周辺の環境情報やバイタル情報などを収集
・作業現場と遠隔地の監督者や複数の拠点間をインターネット経由でつなげ、ビデオ通話による双方向でリアルな
    コミュニケーションが可能

「iBowQube」の詳細は、以下URLをご参照ください。
https://qualica-ss.com/productservice/ibowqube

◆「InfoLinker3」LTE搭載スマートグラス
<スマートグラス> 高性能と軽量を両立したLTE 搭載スマートグラス

・LTE搭載なので屋外でそのまま使用可能
・屋外の作業でも視認性が良く綺麗に見える
・頭部装着は150gと軽量で長時間装着しても疲れない
・稼働したままバッテリー交換が可能
・帽子でもヘルメット(固定)でも装着可能







◆専用アプリケーション「LinkerWorks」(最新のChrome、MS Edgeのブラウザに対応)

【作業サポート機能】
・ブラウザアプリだけで遠隔作業支援が可能
・多拠点間(最大9現場)との同時通話が可能
※InfoLinker3だけでなくパソコンからも参加可能
・遠隔のPCからInfoLinker3本体を操作可能
(写真・動画・ズーム・ライト・ミュート)
・現場で撮影した写真・動画はパソコンで閲覧・保存が可能
【作業ナビ機能】
・パソコンからいつでも・どこでも記録の閲覧が可能
・音声シナリオに沿って作業記録(実績時間や発話した文字や数字)を写真・動画と一緒に保存可能
※手書きのシートをデジタル化できる

【対象となるお客様】
お客様の以下のようなお困りごとを解決します。
・製造業のお客様
遠方の工場で機械が故障した時、本社から出張(長期化)する社員の人件費などの軽減や、現地保全員のスキルアップを図りたい。
・土木/建設業のお客様
普段は作業現場と離れたところ(詰所)で管理作業を行っているが、現場からの相談に対して現地に移動し判断や指示を行う事が多いため時間が掛かる。
・電気設備工事業のお客様
事故防止のため安全衛生を徹底したいが、電話では細かな指示が伝わったか心配。また、電話での確認では現場の作業遅れの原因がわからない(振り返れない)。
・特殊車輛メーカーのお客様
納品先の機械が故障した時、ベテランと若手の2人で作業を行っているが、ベテラン社員の作業軽減や、若手のスキルアップを図りたい。

クオリカの概要(https://www.qualica.co.jp
所在地:東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー23F
事業概要:1982年 建設機械メーカーのコマツから情報システム会社として独立、創業。以来、国内外の製造業、流通サービス業(飲食業・小売業)の企業様を中心に各種ITサービスを提供し、長年培った技術力と業務知識でお客様の働く「現場」をサポートしてきました。近年はとくに私たちの特色を生かし、IoTの分野に注力しています。

TISインテックグループについて
TISインテックグループは グループ社員約 2 万人が一体となって、 それぞれの強みを活かし、国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客様のビジネスを支える IT サービスを提供しています。 デジタル技術を駆使したムーバーとして、未来の景色に鮮やかな彩りをつけていきます。


【サービス・ソリューションに関するお問い合わせ】
クオリカ株式会社 ビジネスイノベーション事業部 ビジネスインキュベーション部
TEL:03-5937-0700(代表) E-mail: qlc_wearable_support@qualica.co.jp
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. TISインテックグループ >
  3. クオリカ、製造業・建設業向けに『ウェアラブルデバイスを活用した現場DX導入キャンペーン』を開始