スライディングアームII装備を装備したエイブル 300 HCの軽量版4段三脚「スリック エイブル 240 HC」

9月24日発売

株式会社ケンコー・トキナー(本社:東京都中野区 代表取締役社長:山中 徹)は、スリック株式会社(本社:埼玉県日高市 代表取締役社長:山中 徹)製造のスライディングアームIIを装備した軽量4段三脚「スリック エイブル 240 HC」の販売を、2021年9月24日を開始いたします。希望小売価格は、¥37,000(税別)。
スリック エイブル 240 HC

https://www.kenko-tokina.co.jp/slik/pro-series/able/able240hc.html
 

全高

ローポジション

縮長

4段レバー式の軽量三脚。脚パイプにAMT合金パイプを採用し、軽量化を実現しました。スライディングアームIIと自由雲台SBH-150 DQN装備により、俯瞰撮影にも対応できます。開脚角度は3段階に変更可能。エレベーターパイプはショートタイプを装備することで、エレベーターを分割操作することなく、そのままローポジションにセットできます。 エレベーター下部にはU1/4ネジ付き。ケースが付属します。

特長
4段レバー式、脚パイプはAMT合金パイプの採用により、軽量化を実現。
スライディングアームIIと自由雲台SBH-150 DQN装備により、俯瞰撮影も対応できます。
開脚角度は3段階に変更可能、エレベーターパイプはショートタイプを装備することで、エレベーターを分割操作することなく、そのままローポジションにセットできます。
エレベーター下部にはU1/4ネジ付き。ケースが付属します。
 


ローポジションは三段階開脚
開脚ストッパーを引き出して、通常・ミドル・ローの三段階にセットできます。
 


脚の伸縮はレバーロック式
ワンタッチのレバーロック式で、簡単・確実に脚を伸縮できます。
 


俯瞰撮影に
三脚を伸ばした状態でスライディングアームIIの先にカメラを取り付けると、広い範囲を撮影できます。(必要に応じて、カメラの反対側にオモシを付けてください。)
 


せり出し撮影に
スライディングアームIIにより、三脚の中心部よりも被写体に近づけてカメラをセットできます。(必要に応じて、カメラの反対側にオモシを付けてください。)
 


エレベーター下部に雲台取付ネジ装備
エレベーターの下部にU1/4ネジを装備して言うます。雲台をエレベーター下に取り付けることで、より低い位置からの撮影に対応します。
 


アングルアダプター
スライディングアームIIの先端にアングルアダプターを装備しています。アングルアダプターを使う事で雲台が正立し、せり出し撮影に対応。アダプターを外せば俯瞰撮影に使えます。
 


クイックシュー付き自由雲台「SBH-150 DQN」を装備
カメラの取り付けはワンタッチのクイックシュー式。(SH-726E用を使用)
自由雲台装備により、構図を1レバーで自在に決められます。

仕様表
全高 1,815mm
エレベーター下げ全高 1,350mm
地上最低高 360mm
エレベータースライド幅 90mm(スライディングアームを含むと465mm)
縮長 575mm
パイプ形状・径/段数 23.4mm / 4段
重量 1.83kg
三脚の装備機能 クイックシュー
エレベーターの種類 センターポール式
最大搭載質量 2kg
脚ロック方式 レバー式脚ロック
エレベーター下部ネジ EV下部ネジ
水準器の種類 2軸水準器
カメラ台のサイズ 48×48mm
材質 A.M.T

https://www.kenko-tokina.co.jp/newproducts/able240hc_news202109.html
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ケンコー・トキナー >
  3. スライディングアームII装備を装備したエイブル 300 HCの軽量版4段三脚「スリック エイブル 240 HC」