投稿事業「Reライフ文学賞」が発表、特別選考委員に内館牧子さん

第二の人生に巻き起こる「家族」の物語をテーマに作品を募集

株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)が運営する「朝日新聞Reライフプロジェクト」は、株式会社文芸社(代表取締役社長:瓜谷綱延)と、「家族」をテーマにした小説・ノンフィクションの投稿コンテスト「Reライフ文学賞」を開催し、6月6日(日)より作品募集を開始します。

 

「Reライフ文学賞」では、「家族のかたち ~第二の人生の物語~」をテーマに、人生後半に巻き起こる「家族」の物語を募集します。多様化が進む現代、家族のかたちもまた変化しています。本賞ではそんな家族とともに、人生後半戦を懸命に生きる人たちの奮闘記を通じて、生きる喜びを自らの筆で描き、発信していける場を提供したいと考えています。

特別選考委員には、作家の内館牧子さん(写真)をお迎えします。長編部門の大賞受賞者には賞金50万円と、作品の書籍化と発売の権利が贈られます。応募は6月6日から朝日新聞社「Reライフ.net」特設ページ(https://www.asahi.com/relife/award)または文芸社特設サイト(https://www.bungeisha.co.jp/relife/)から受け付けます。 募集受付期間は2021年6月6日(日)~11月15日(月)を予定しています。

内館牧子さん内館牧子さん


Reライフ文学賞 概要
主催 文芸社
共催 朝日新聞Reライフプロジェクト                              
応募テーマ 家族のかたち~第二の人生の物語~

部門詳細
【長編部門】400字詰め原稿用紙50枚以上
 大賞(1作品)賞金50万円・書籍化
 Reライフ読者賞(1作品)賞金 10万円
【短編部門】400字詰め原稿用紙換算 2〜8枚
 入選(30作品)書籍化※30作品を合同発表

特別選考委員 内館牧子(作家)
選考委員 Reライフ文学賞事務局(文芸社・朝日新聞社・Reライフ読者会議)
応募期間 2021年6月6日(日)~11月15日(月)
募集方法 下記サイト(文芸社特設サイト・朝日新聞Reライフ文学賞)から概要確認の上、WEB上または郵送にて応募
・文芸社特設サイト https://www.bungeisha.co.jp/relife/
・朝日新聞Reライフ文学賞  https://www.asahi.com/relife/award

発表 2022年2月 朝日新聞Reライフフェスティバル2022内にて発表予定


・「朝日新聞Reライフプロジェクト」について
ライフステージが変わり、自分らしい人生を充実させたい大人へ向けて、情報発信やコミュニティを提供している読者参加型プロジェクト (https://www.asahi.com/relife/

・株式会社文芸社 会社概要
自費出版書籍を中心とした各種出版物を制作発行。またそれに伴う各種イベントの企画、コンテスト事業などを展開する。
・本社所在地 〒160-0022 東京都新宿区新宿 1-10-1
・代表 代表取締役 瓜谷綱延
・コーポレートサイト(https://www.bungeisha.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社朝日新聞社 >
  3. 投稿事業「Reライフ文学賞」が発表、特別選考委員に内館牧子さん