多言語対応推進フォーラムの開催について

~withコロナ時代の多言語対応~

「2020年オリンピック・パラリンピック大会に向けた多言語対応協議会」は、多言語対応推進フォーラムを下記のとおり開催しますので、お知らせいたします。
 今年度は、一年延期となった東京2020大会を見据え、withコロナ時代に必要な多言語対応の先進的な取組を紹介いたします。
 なお、フォーラムは新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、オンライン開催とします。
1 開催日時
令和2年12月23日(水曜日) 午後1時から午後4時まで

2 開催方法
オンライン開催(Zoom / YouTube)
〇Zoom視聴はお申し込みが必要です。お申し込みいただくと、質問等を投稿できます。YouTube視聴はお申し込み不要です。

 お申し込みは、以下の公式サイトから↓
[多言語対応推進フォーラム公式サイト]https://www.tagengo-2020.metro.tokyo.lg.jp/

〇後日、オンデマンド配信も予定しております。順次、公式サイト及び多言語対応協議会ポータルサイトに掲載いたしますので、こちらもあわせてご視聴ください。
[多言語対応協議会ポータルサイト]https://www.2020games.metro.tokyo.lg.jp/multilingual/


3 対象者
多言語対応に興味をお持ちの方(どなたでもご視聴いただけます。)

4 内容(予定)
(1)主催者挨拶(事前収録)
 小池 百合子 東京都知事 
 橋本 聖子  東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当大臣

(2)講演・各種セミナー
◆基調講演(ライブ配信 60分)
「(講演内容調整中)」 (バイリンガル落語家)ダイアン 吉日 氏


◆各種セミナー(ライブ配信 各20分)
【観光】(株)やまとごころ 代表取締役 村山 慶輔 氏
【医療】ランゲージワン(株)カブレホス・セサル 氏
【小売】(一社)ジャパンショッピングツーリズム協会 事務局長 新津 研一 氏
【情報発信】(株)ぐるなび LIVE JAPAN 企画部 事業推進セクション長 寺岡 真吾 氏
【やさしい日本語】やさしい日本語×多言語音声翻訳プロモーター   萩元 直樹 氏

(3)リアルタイム翻訳技術の紹介
フォーラムでは、企業からご協力をいただき、登壇者の発言をリアルタイムで日本語から英語に翻訳し、配信画面に英語字幕を表示します。
(今回は、技術紹介のため翻訳の結果は正確ではない場合がありますので、予めご承知おきください。)
  【協力企業】 富士通株式会社、大日本印刷株式会社、ヤマハ株式会社、株式会社BRICK's

(4)多言語関連技術紹介について
今年度は、オンライン開催のため、例年実施していた「ICT最新技術展示」の開催はいたしません。
技術展示に代え、多言語対応協議会ポータルサイトの多言語関連技術紹介ページに翻訳アプリ、ポータブル翻訳機等を紹介いたしますので、是非ご覧ください。
(参考)多言語関連技術紹介ページ
https://www.2020games.metro.tokyo.lg.jp/multilingual/references/technology.html


【2020年オリンピック・パラリンピック大会に向けた多言語対応協議会】
東京2020大会の開催に向け、都市力の向上のために欠くことのできない表示・標識等の多言語対応の強化・推進のため、国の関係行政機関、関係地方公共団体、関係機関、民間団体及び企業等が相互に連携・協働して取り組むことを目的として設置した協議会
(参考)多言語対応協議会ポータルサイト
https://www.2020games.metro.tokyo.lg.jp/multilingual/

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東京都 >
  3. 多言語対応推進フォーラムの開催について