そのプロジェクトの未来、Jootoが道筋を示します。

- タスク・プロジェクト管理ツール「Jooto」のApril Dream -

※本プレスリリースは4月1日実施のエイプリルドリームプロジェクトにて発信されています。通常のプレスリリースとは異なり、企業・団体がいつか叶えたい「夢」の内容の発信です。

株式会社PR TIMES(所在地:東京都港区、代表取締役:山口拓己、東証一部:3922、以下 当社)が運営するタスク・プロジェクト管理ツール「Jooto」は、「April Dream 4月1日は、夢の日。」に参加しています。このプレスリリースは、私たちのApril Dreamです。

当社が運営するタスク・プロジェクト管理ツールJootoは、日々の業務を整理することを可能にし、チームの成功を支えてきました。これからのJootoは、業務を整理することによる効率化に留まらず、プロジェクトにおける過去・現在・未来のタスクを見える化し、全てのチームが安心して一歩目を踏み出し、挑戦できる環境を創ります。
 
  • タスク・プロジェクト管理ツール「Jooto」が目指す世界
ほんの数年前から見ても、現在の私たちの生活は大きく変わっています。特にこの一年は、不透明な行く末に不安を感じる方も多くいることと思います。
不透明な未来に向かって、踏み出す一歩は誰にとっても不安で躊躇されるものです。

PR TIMESは、「行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ」をミッションに、その一歩を踏み出す行動者を支え続けたいと考えています。

Jootoは、これまでタスク・プロジェクト管理ツールとして、「タスクを見える化」し、多くの個人やチームの業務効率化をお手伝いしてきました。

私たちの考える「タスクの見える化」は、個人の効率化のためのみを目的にしたものではありません。
一人で処理できる業務は、内容や範囲のキャパシティに限界があり、チーム内において、より適切な情報処理を基に意思決定を行うことが求められます。そのために、全員が同じ情報を共有するだけではなく、誰が何を知っているかが共有されている状態が重視されてきています。

Jootoは、チーム内で誰が何をこれまでやってきたか(過去)、何に関わっているか(現在)、を共有することができます。それにより、誰が今何をするべきかを正しく判断することができ、プロジェクトを成功に導くことができます。

そして、これからのJootoはすでにはじまったプロジェクトの成功のみならず、これから始まろうとするプロジェクトの、まさに一歩目を踏み出す行動者にも寄り添っていきたいと考えています。
 
  • 「それ、Jootoが知っているよ」
Jootoでは、新しい挑戦に向かう方が、何から始めたらいいか分からないという悩みをなくし、「それ、Jootoが知っているよ」という状態を作ります。

自分自身や、チームを変化させていく中で、これまでに経験がない仕事や分野に対しては、誰もが初学者です。

それぞれの行動の記録を残しながら、一歩ずつ踏み出し、上手くいったことも、失敗したこともチームで共有し、意見を出しながら前へ進んでいくしかありません。 

その一連の活動が、次のチームへの行動や活動の指針となります。

Jootoで、情報の流れを見える化し、仕事の段取りを全部見えるようにしませんか。 

誰かにとっての新しい取り組みは、先人にとってはすでに通った道であることも多く、正解の道が見つけられていることもあります。Jootoは、その正解への指針となる情報を取り組みを開始する時点で提供することで、行動者・チームを前に進めます。

何かをはじめるとき、あらかじめタスクが見える状態になっていれば、漠然とした不安は軽減され、チャレンジができる環境の土台が整います。

Jootoは、過去・現在・未来のタスクの見える化を通じて、全てのチームが挑戦できる環境を創ります。

 

「April Dream」は、4月1日に単に笑えるネタではなく実際に企業が叶えたい夢を発信する、PR TIMESによるプロジェクトです。

 

  • タスク・プロジェクト管理ツール「Jooto」について

Jootoは、2014年にスタートした、クラウド型のタスク・プロジェクト管理ツールです。『誰でも、簡単に、直感的に使えるツール』として、シンプルでユーザーフレンドリーなインターフェースを特長とし、チームにおける業務・案件・プロジェクト管理や情報共有をスムーズにします。
26万人を超えるユーザーの皆様に様々なシーンで活用いただいており、4名様以内の少人数チームであれば、無料で全機能をご利用いただけます。
メンバーのやるべきことや進捗が明確になれば安心感が生まれ、チームの一体感が醸成してパフォーマンス向上にも繋がる。Jootoは、あらゆるユーザーのプロジェクトが成功し、その成功体験を経てすべての人の生活がより充実したものとなる世の中の実現を目指します。
(運営:PR TIMES)

【株式会社PR TIMES会社概要】

ミッション: 行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ
会社名  : 株式会社PR TIMES  (東証一部 証券コード:3922)
所在地  : 東京都港区南青山2-27-25ヒューリック南青山ビル3F
設立   : 2005年12月
代表取締役: 山口 拓己
事業内容 :- プレスリリース配信サービス「PR TIMES」(https://prtimes.jp/)の運営
- ストーリー配信サービス「PR TIMES STORY」(https://prtimes.jp/story/)の運営
- 広報・PRの効果測定サービス「Webクリッピング」(https://webclipping.jp/)の運営
- クライアントとメディアのパートナーとして広報・PR支援の実施
- 動画PRサービス「PR TIMES TV」「PR TIMES LIVE」(https://prtimes.jp/tv)の運営
- クラウド情報整理ツール「Tayori」(https://tayori.com/)の運営
- タスク・プロジェクト管理ツール「Jooto」(https://www.jooto.com/)の運営
- スタートアップメディア「BRIDGE」(https://thebridge.jp/)の運営、等
URL    : https://prtimes.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社PR TIMES >
  3. そのプロジェクトの未来、Jootoが道筋を示します。