「B. LEAGUE ALL-STAR GAME 2020 IN HOKKAIDO」1月18日(土)、「J:テレ」で生中継

J:COMの特設サイトで出場選手のインタビュー映像を公開

株式会社ジュピターテレコム(J:COM、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井村 公彦)は、2020年
1月18日(土)に開催される「B. LEAGUE ALL-STAR GAME 2020 IN HOKKAIDO」を、自社のコミュニティチャンネル「J:テレ(J:COMテレビ)」で生中継いたします。

★「B. LEAGUE ALL-STAR GAME 2020 IN HOKKAIDO」特設サイト★
放送情報、出場選手、選手インタビュー、プレゼントキャンペーン等の詳細については、こちらをご覧ください。 https:// www2.myjcom.jp/special/jtele/b_league/


J:COMは、「B.LEAGUE」が掲げる“地域に根差したスポーツクラブを目指す”という使命に共感し、リーグ発足当初から試合や応援番組の放送を続けてきました。また、チームと共同で地域のお子さま向けのバスケットボール教室や番組の公開収録を行うなど、放送のみならず、地域密着で事業展開する J:COM ならではの取り組みを進めております。

2020年のオールスターゲームは、札幌での開催が決定し、ファン投票で出場が決定したスター選手が一堂に集い、B.BLACK/B.WHITEの2チームに分かれて対戦します。

J:COM が運営するポータルサイト「MY J:COM」では、Bリーグオールスターゲームの情報をまとめた特設サイトを開設し、J:COMのサービスエリアをホームとするチームから出場する5選手へインタビューを行った映像を公開します。レバンガ北海道の折茂選手、千葉ジェッツの富樫選手、川崎ブレイブサンダースの篠山選手、ニック・ファジーカス選手、熊谷選手の5名へ、オールスターゲームの意気込みや、J:COM視聴者へのメッセージを語っていただいきました。

北の大地で繰り広げられる熱い闘いを、ぜひJ:COMのコミュニティチャンネルでお楽しみください。


放送概要】
◆番組タイトル
【生中継】「B. LEAGUE ALL-STAR GAME 2020 IN HOKKAIDO」

◆放送日時
【生中継】 2020年1月18日(土)18:50~21:30

◆放送チャンネル
「J:テレ(J:COMテレビ)」
《放送エリア》 全国のJ:COMサービスエリア
《チャンネル番号》 札幌・仙台・関東エリア:10ch
関西・福岡エリア:12ch
下関エリア:111ch熊本エリア:11ch
※大分ケーブルテレコムのエリアでは、ご視聴いただけません
《視聴可能世帯数》 約1,387万世帯(2019年10月末時点)
「J:COM」の有料サービスの加入・未加入を問わず、「J:COM」のネットワークが接続されている建物にお住まいであれば、無料でご視聴いただけます。
<視聴可能エリアを確認するには>
https://www.jcom.co.jp/area_search/
※サービスエリア内でも一部ご視聴いただけない地域がございます。

※放送スケジュールおよび内容は予告なく変更となる場合があります。

 

【参考情報】
<B.LEAGUE 2019-20シーズン 「J:COMチャンネル」(地域編成)で放送中>
J:COMのサービスエリア内をホームとするB1リーグ6クラブのアウェー戦を中心に、シーズン中110試合を生中継しています。(レバンガ北海道、千葉ジェッツ、アルバルク東京、川崎ブレイブサンダース、横浜ビー・コルセアーズ、京都ハンナリーズ) https://c.myjcom.jp/jch/p/b-league/

<J:COMの「B.LEAGUE」クラブ応援番組>
◆放送チャンネル:「J:COMチャンネル」(地域編成)
※各クラブのホームタウンを管轄するJ:COMチャンネルで放送

※放送スケジュールおよび内容は予告なく変更となる場合があります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. J:COM >
  3. 「B. LEAGUE ALL-STAR GAME 2020 IN HOKKAIDO」1月18日(土)、「J:テレ」で生中継